おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

祇園祭2017!前祭宵山のみどころ、歩行者天国などの攻略法だよ、メェ~!

Contents

 本投稿は2017年の祇園祭の前祭の宵山のみどころにつき記載しています。屏風まつりの由来、会所飾りの様子、御朱印と粽などの授与品の一覧、交通規制・屋台の有無などにつきご紹介いたします。尚、本投稿は今後、加筆・修正される可能性がありますのでご留意ください。

スポンサーリンク

祇園祭2017 宵山対策

 宵山には前祭の宵山と、後祭の宵山があります。両者は名前こそ同じですが、全く趣を異にします。故にお好みによってどちらに行くかを決められたらよいかと思います。今回は以下に大まかな特徴をあげた後、前祭についてご紹介します。尚、本ページの情報は昨年の情報に基づいています。今年は変更があるかもしれませんので十分にご留意ください。

 祇園祭の全日程については、こちらの総論をご覧ください。

前祭 宵山 14〜16日

 人出が多く、賑やかです。屋台がたくさんでます。当日は歩行者に対して交通規制がしかれます。14、15、16日と進むにつれて混雑が増します。祇園祭の中でも山鉾巡行と並んで人気の行事です。京都周辺の人にとっては東京でいうクリスマスのような盛り上がりです。

後祭 宵山 21〜23日

 前祭とは異なり、人出はそれほど多くはありません。ただし、日本三大祭の一つの祇園祭の宵山ですので、それなりに人はいますが、静かに刻々と進んでいきます。歩行者の交通規制は、昨年はありませんでした。

スポンサーリンク

祇園祭2017 鉾・山建て

月鉾の鉾建て

 宵山といえば、駒形提灯がついた鉾や山が思い浮かぶかと思います。この鉾や山の組み立て(山鉾建て)が宵山に先立って行われます。(写真は最初のものが鶏鉾、次が月鉾)この山鉾建ては山や鉾が組み立てられる様子が間近でみられます。山鉾は釘などは一切使わず、「縄絡み」という技法で荒縄だけで組んでいきます。また、山鉾の部品や縣装品の一部もみることができます。いわば宵山の前提のようなものなので、ここでご紹介します。

鶏鉾の部品鶏鉾の部品

 写真は鶏鉾の部品ですが、各部品には方角が記載されていて、部品そのものが設計図になっています。

鶏鉾の倉庫

 各部品はこのように倉庫(鶏鉾の会所の近く)保管されています。

鶏鉾の鉾建て鶏鉾の鉾建て

 実際の組立の様子です。

長刀鉾の荒縄

 これは長刀鉾の荒縄です。後ろのバスの車輪と比較すれば太さがお分かりいただけるかと思います。

 また、鉾・山建てが始まると、授与品の授与が行われたり、御朱印がもらえたりします。特に、人気の山鉾の授与品は早めに入手しないとなくなってしまうので、この時期に入手しておいた方がよいかと思います。ただし、授与品の授与は各山鉾により、区々で、宵山までは授与されないところもあります。また昨年はいくつかの山鉾で授与がされていましたが、今年はどうなるか、保証の限りではありません。これらの点にじゅうぶんにご留意ください。

各鉾建ての日程

 開始時刻は各鉾により区々です。おおむね8時~くらいからとお考え下さい。

10日

 長刀鉾、函谷鉾、月鉾、鶏鉾、菊水鉾

11日

 放下鉾、船鉾

13日

 綾傘鉾

14日

 四条傘鉾

山鉾建て 7月11日

 11日からは曳山、舁山の組立も始まります。以下は各山の組立開始日です。こちらも開始時刻は各鉾により区々です。おおむね8時~くらいからとお考え下さい。

11日

 岩戸山

12日

 保昌山、山伏山

13日

 油天神山、芦刈山、霰天神山、郭巨山、蟷螂山、占出山、木賊山、伯牙山、白楽天山

14日

 

スポンサーリンク

祇園祭2017 前祭宵山 みどころ

 それでは早速、具体的に本題にはいります。

歩行者天国と各種交通規制

 上記の地図をご覧ください(各種規制情報は昨年のものです)。赤い吹き出しが山鉾、青い線が歩行者天国、赤い線が歩行者に対する一方通行の規制です。拡大していただければお分かりになるかとおもいますが、矢印になっています。昨年は15・16日にこれらの規制が課せられました。今年もおそらく同様かと思われます。例年、特に四条通以北の室町・新町通が大混雑します。白楽天山からスタートして室町通を上がって、蛸薬師までいったら、新町通を下がってくるのが良いと思います。

宵山の開始時刻

日没時間

 宵山の開始時刻ですが、厳密に決まっているわけではなく、「夕刻」から始まります。夕方くらいから始まるという意味です。宵山の時期の日没時間は19時10分くらいです。この記事を書いている6月10日とほぼ同じくらいです。写真は6月9日の夕方に平安神宮の前で撮影してきたものです。おすすめは18時半くらいでしょうか。少しずつ空の色が変わっていく様子を楽しんでいただけたらと思います。

四条通りの夕暮れ宵宮祭/Yaaska shrine at dusk

 ちなみに、前祭と後祭の日没時間はほぼおなじですが、空の色は異なります。後祭の時の方が赤みがかっていて、空気にも夏の終わりが感じられます。上の写真は最初のものが7月の3日、後のものが23日に撮影したものです。違いがお分かりかと思います。

前祭 宵山のみどころ1 屏風祭

屏風祭屏風祭

 宵山は別名屏風祭とも呼ばれます。山鉾町内の旧家や商家が所有する屏風や書画を家の中に飾り、お祭りにきた人に見せたことにちなみます。年によって違う家で開催されます。今年の情報が入り次第本ページでお伝えします。

以下が2017年の情報です。

紫織庵 紫の宇宙人マーク 14、16日 10:00~21:00

藤井絞株式会社 茶色の宇宙人マーク 14~17日 

杉本家住宅(有料)オレンジの宇宙人マーク 14日  16:00~21:00

15、16日 10:00~21:00

横山商店 緑の宇宙人マーク 14~16日 10:00~22:00

フージャースホールディングス長江家住宅 青い宇宙人マーク 14~16日 10:00~22:00

前祭 宵山のみどころ2 会所飾り 

木賊山の会所飾岩戸山の会所飾

 会所(山鉾の前にある建物だと思ってください。)では縣装品が飾り付けられます。鯉山は後祭の山ですが、例年前祭の期間も会所が開いています。

祇園祭2016 後祭

 今年も鯉山は前祭期間でも会所が見学できるはずなので、ご紹介しておきます。

前祭 宵山のみどころ3 祇園囃子

前祭 宵山のみどころ4 鉾にのせてもらう

船鉾に乗るところ

 宵山期間中は鉾に乗せてもらえます。拝観券と購入すると、粽やその他の授与品をいただける鉾もあります。近年は女性が登れる鉾も増えてきました。

前祭 宵山のみどころ5 授与品

船鉾

 宵山(前述のように一部の山鉾では鉾建ての日から)では、各山鉾では粽、手ぬぐいなどの授与品を入手することができます。おおよそ1000円〜です。特に人気なのが、長刀鉾(一番有名なため)、月鉾、蟷螂山(ここはTシャツが人気です)、保昌山の縁結のお守りなどです。例年、早くなくなってしまいます。狙っているかたは早めに行かれた方が良いでしょう。

前祭 宵山のみどころ6 御朱印

山伏山の御朱印四条傘鉾の御朱印函谷鉾の御朱印

 宵山では期間限定の御朱印が授与されます。原則的にスタンプですが、山伏山の御朱印(最初のもの)は手書きしたもらえます。(毎年かどうかはわかりません)。四条傘鉾のもの(二枚目)はいろいと張り付けてもらえます。函谷鉾のもの(三枚目)がスタンダードなスタンプのみのものです。

祇園祭の御朱印帖祇園祭の御朱印帖

 専用の御朱印帖もあります。各山鉾や市内の書店で購入できます。宵山が始まる夕刻からは混雑しますので、なるべく昼間の内に集めておくことが肝要かと思います。ちなみに、私は宵山が前後に分かれる前に一日ですべての御朱印を集めました。現在は二回に分かれていますので、余裕をもって集められると思います。

長刀鉾の御朱印

 社員をご覧いただければお分かりかと思いますが、各ページの右上に山鉾の名前が記載されています。このように各山鉾のページが決まっているので、もらい逃すことはありません。

前祭 宵山のみどころ7 人がいなくなった後の山鉾

祇園祭2016

 これは一番のおすすめです。14と15日の9時半~10時過ぎくらいになると人が一気に減ります。(おそらく電車の都合)この時間帯、駒形提灯が消灯されるまで(おおよそ10時くらい)のわずかな間、駒形提灯をみるのがおすすめです。先ほど申し上げましたように、前祭は後祭に比べて賑やかですが、この時間帯だけは別で、とても静かです。喧騒の中から、いきなり静寂の中に放りこまれたような不思議な感覚を覚えます。ヤギ撮影隊もこの時だけは職務を忘れます。苛烈な日々の中の束の間の休息と行った塩梅です。普段から喧しい日々をお過ごしの方には特におすすめです。下記のビデオは油天神山の様子です。四条通より下が特に静かです。もちろん四条通、上もおすすめですよ。また、完全に消灯した後もおすすめです。

前祭宵山 各山鉾の授与品と御朱印

 以下に、前祭の各山鉾の授与品と御朱印の一覧を記載します。授与品は2016年のもので、資料があるものだけ記載しています。今年のものは資料が入手出来次第、本ページに追記します。御朱印は今年も同じものと思われます。授与品は2017年のものです。

長刀鉾のみどころと解説 授与品と御朱印

 鉾先に長刀を付けているのでこう呼ばれます。古来より、「くじとらず」として、巡行の先陣を切ります。生稚児が乗るのは長刀鉾だけです。

「長刀鉾」の名前の由来

三条宗近像

 「長刀鉾」名前は鉾頭という真木(しんぎ。屋根の上の木のこと)の上の部分についている大長刀に由来しています。この長刀は元来、三条宗近が娘の病気平癒のために鍛えた奉納したものがつけられていました。三条宗近は平安時代の刀工(上の写真です。この像は長刀鉾の後ろ側の軒下にあります。)で、三日月という刀は「天下五剣(簡単にもうしますと、日本の名刀五振)」の一つに数えられていいます。 

 この長刀、影だけで注連縄を切った、影を踏んだ人が怪我をしたなどの逸話を持つ名刀です。これを鎌倉幕府の和泉小次郎という御家人がもつに至ります。和泉小次郎とは、源頼家の遺児、千代丸を擁して北条時義時を倒し源氏の再興をはかろうとした人物です。この和泉小次郎が宗近作の長刀を持って以来、不思議なことが起るので、長刀を八坂神社に返納しました。この長刀には邪気を祓い疫病を退散させる力があると信じられていました。(後述しますが、これが祇園祭の趣旨です。)

 長刀鉾の長刀の下にはこの和泉小次郎の像があります。この像は天王像とよばれます。遠すぎて、私のレンズでは撮影できませんが、船を自在に操る人だったので、左肩に船を担ぎ、右手で長刀を持っています。

 さて、この宗近作の長刀ですが、大永2年(1522年)に三条長吉(さんじょうながよし)作のものと取り替え,さらに延宝3年(1675年)には和泉守来金道(いずみらいきんみち)作のものに替えられ、さらに天保8年(1837年)には重くて危ないので、錫箔を張った竹製のものに交換されました。

 この長刀ですが、御所と八坂神社に刃を向けないように、南側を向いています。

長刀鉾は「くじとらず」

 山鉾巡行の順番は一部の例外を除き、くじできめられます。長刀鉾はこの例外(長刀鉾を含め全部で9基)の一つで、「くじとらず」と呼ばれ、毎年山鉾巡行の先陣を切ります。

斎竹斎竹

 山鉾巡行時には、四条通を挟んで麩屋町通に斎竹が立てられます。この斎竹に注連縄が張られ、結界が作られます。

 長刀鉾の生稚児がこの注連縄を落とし、神域に進んでいきます。これは山鉾の巡行路を祓清めるために行われます。現在生稚児が乗っているのは長刀鉾だけです。両脇にいる顔を白く塗った子供さんは「禿(かむろ)」と呼ばれます。

振鉾

 これは正面の軒下にある舞人の人形です。『振鉾』という舞楽の演目の一つで、舞楽の上演に先立ち、舞台を清めるために舞われます。このように、長刀鉾には邪気を払う、清める、といった役割があります。

胴懸(タペストリー)

長刀鉾の胴懸長刀鉾の胴懸

 樹のような絵(1枚目の写真)と幾何学模様とトラ(2枚目の写真)をご覧ください。これがメトロポリタン美術館の専門家が「幻のタペストリー」と指摘したものです。絵の周囲にある模様のようなものがアラビア文字の「クーフィー体」と呼ばれる字体で、中心の絵は中国のもののようです。ヨーロッパではタペストリーは日用品なので、古くなってら捨てていたそうで、現存するものはすくないそうです。

星辰28宿

長刀鉾の星辰28宿

 星辰28宿とは昔の中国の天文学、占星術で用いられる概念です。これはご覧のように天井にあります。

金字極彩色図

長刀鉾の金字極彩色図長刀鉾の金字極彩色図

長刀鉾の金字極彩色図

 前方に丹頂鶴、後方にクジャク、両脇に群鳥図を配します。ともに江戸時代の日本画家、松村景文の作です。

長刀鉾の辻回し

 各山鉾の辻回し(交差路で山鉾の向きをかえること)は山鉾巡行のみどころの一つです。長刀鉾はあまり安定していないので、何回かに分けて少しずつ方向を変えていきます。

 車輪の下に竹を敷いて、その上を車輪を滑らせて方向転換します。この日は雨ですが、晴れていれば、竹の上に水を掛けます。

長刀鉾の位置

長刀鉾の授与品と御朱印

長刀鉾の授与品2017長刀鉾の御朱印

 ご利益は厄除け・疫病除けです。写真は2016年のものです。一番の人気は粽です。恐らく、市内の軒先で一番多く目にする粽です。他の授与品も含め、早々と売り切れていまいますので、入用の方はお早めに。

函谷鉾の解説 授与品と御朱印

函谷鉾

函谷鉾の授与品2017函谷鉾の御朱印

 

 中国の孟嘗君が鶏の声を聞いて、函谷関を脱出した故事に基づきます。真木には孟嘗君と鶏がつけられています。

菊水鉾の解説 授与品と御朱印

菊水鉾

菊水鉾の授与品2017菊水鉾の御朱印

 町内にある井戸の名前からこう呼ばれます。鉾頭にはすかし彫の菊がついています。

月鉾のみどころと解説 授与品と御朱印

月鉾の名前の由来

 真木に祀られる、月読尊(つくよみのみこと、つきよみのみこと)に由来します。月読尊とは、イザナキノミコトは黄泉の国から戻って来た時、禊をした際に右目から生まれた神様で、夜を統べる神様です。姉が天照大神、弟が八坂神社御祭神の素戔嗚尊です。

 山鉾は「動く美術館」と言われますが懸装品が一番豪華なのは恐らく月鉾です。江戸時代には鉾上で茶会が開かれたそうです。

円山応挙 「金地著彩草花図」

円山応挙 「金地著彩草花図」円山応挙 「金地著彩草花図」

 円山応挙とは江戸時代の画家です。応挙は「写生」を重視した画家として知られています。写生の対になる概念は「臨画」とよばれます。臨画とは先人の書いた絵を写しとる方法です。これに対し、写生とは事物を客観的にとらえる方法です。応挙の作品はこの写生を重視し、旧来の画法を打ち破った画家として当時の京都では有名でした。月鉾の天井には、この応挙が描いた作品が飾られています。興味を持たれた方は相国寺の承天閣美術館に行かれると良いでしょう。

左甚五郎 破風蟇股

左甚五郎 破風蟇股

 この兎さんと波は左甚五郎作と伝えられます。左甚五郎は江戸時代に活躍したとされる彫刻職人ですが、実在したかどうかは定かではありません。腕のいい彫刻職人の総称のようなものだったとも考えられています。

祇園祭2016 後祭

 鯉山の鯉も左甚五郎作と伝えられますが、波の意匠などはにていますね。

左甚五郎 破風蟇股

 兎さんを拡大してみましょう。波の下の部分には貝の彫金が沢山あります。これは松下景文という、江戸時代の画家の下絵に基づき作成されたものです。

源氏物語 五十四帖

源氏物語 五十四帖

 これは源氏物語に取材した、扇面散図です。

前懸 

月鉾 前懸

 前掛(正面の扇を持っている人の背後にある絨毯のようなもの)は、タイトルはわかりませんが、17世紀のムガール帝国制と伝えられます。

見送

月鉾 見送

 見送(後面の掛軸のようなもの)は皆川月華(昭和の友禅の染色家)作の「黎明図」です。

祇園囃子

 ビデオでご覧ください。

 

月鉾の位置

月鉾の授与品と御朱印

月鉾の授与品2017月鉾の御朱印

 写真は昨年のものです。本年のものが確認でき次第、差し替えます。月鉾の授与品も人気で、品薄になりがちなので、お早めに。

鶏鉾の解説 授与品と御朱印

鶏鉾

鶏鉾の授与品2017鶏鉾の御朱印

 天下が治まり、訴訟用の太鼓に苔が生して、鶏が宿ったという故事に基づきます。

放下鉾の解説 授与品と御朱印

放下鉾

放下鉾の授与品2017放下鉾のご朱印

 真木に祀られる放下僧という、市中で芸をしながら仏法を解く僧に基づきこう呼ばれます。

岩戸山の解説 授与品と御朱印

岩戸山

岩戸山の御朱印

 天照大神が再び現れた時に開かれた、天岩戸が題材になっています。

船鉾の解説 授与品と御朱印

船鉾

船鉾のご朱印

 神功皇后の説話に基づきます。鉾の上には磯良・住吉・鹿島の三神像が安置されています。

山伏山の解説 授与品と御朱印

山伏山

山伏山の授与品2017山伏山の御朱印

 八坂の塔が傾いた際に法力により直した、浄蔵貴所(じょうぞうぎしょ)という山伏が御神体のためこの名で呼ばれます。

孟宗山の解説 授与品と御朱印

孟宗山

孟宗山の授与品2017孟宗山の御朱印

 御神体の孟宗が母を養う孟宗がタケノコを掘り当てたすがたを現わしてることからこの名で呼ばれます。

太子山の解説 授与品と御朱印

太子山

太子山の授与品2017太子山の御朱印

 聖徳太子が四天王寺を建立するに際し、山中に入り、良材をもとめた逸話に基づきこの名で呼ばれます。

郭巨山の解説 授与品と御朱印

郭巨山

郭巨山の授与品2017郭巨山の御朱印

 童子を養えなくなった郭巨が地中から黄金を掘り当てた故事に基づきます。

保昌山の解説 授与品と御朱印

保昌山

保昌山の授与品2017保昌山の御朱印

 丹後守平井保昌が和泉式部のために紫宸殿の紅梅を持ってくる姿を現わします。縁結びのお守りが授与されますが、早めに行かないとなくなります。

油天神山の解説 授与品と御朱印

油天神山

油天神山の授与品2017油天神山の御朱印

 油小路にあった天神を勧進したことからこの名で呼ばれます。

四条傘鉾の解説 授与品と御朱印

四条傘鉾

四条傘鉾の授与品2017四条傘鉾

 応仁の乱以前に起源を持つ、鉾の古い形態を持ちます。

蟷螂山(とうろうやま)の解説 授与品と御朱印

蟷螂山

蟷螂山の授与品2017蟷螂山の御朱印

 南北朝時代に、足利軍に挑み戦士した四条隆資(しじょうたかすけ)の戦いぶりが中国の故事「蟷螂の斧」を彷彿させたことにちなみます。御所車の上のカマキリは模型ではなく、実際に動きます。

伯牙山(はくがやま)の解説 授与品と御朱印

伯牙山

伯牙山の授与品2017伯牙山の御朱印

 中国の琴の名人、伯牙が友人の死の知らせを聞いて琴の弦を絶ったという故事に基づきこの名で呼ばれます。

木賊山(とくさやま)の解説 授与品と御朱印

木賊山

木賊山の御朱印

 謡曲「木賊」に基づきます。我が子をさらわれた、呆然と木賊を刈る翁が御神体になっています。

霰天神山の解説 授与品と御朱印

霰天神山

霰天神山の授与品2017霰天神山の御朱印

 永正年間に京都が大火に見舞われた時に、霰と一緒に降ってきた天神像が祀られています。

白楽天山の解説 授与品と御朱印

白楽天山

白楽天山の授与品2017白楽天山の御朱印

 唐の詩人白楽天が道林禅師に仏法の大意を問う様子を表わしています。

芦刈山の解説 授与品と御朱印

芦刈山

芦刈山の授与品2017芦刈山の御朱印

 謡曲「芦刈」に基づきます。訳あって離れて暮らす老翁が妻と再会を果たす、夫婦和合の姿が現されています。

占出山の解説 授与品と御朱印

占出山

占出山の授与品2017占出山の御朱印

 神功皇后が鮎を釣って戦勝の兆にしたという説話に基づきます。

綾傘鉾の解説 授与品と御朱印

綾傘鉾

綾傘鉾の御朱印

 四条傘鉾と同じく、山鉾の古い形態を表わします。

鯉山の解説 授与品と御朱印

鯉山祇園祭2016 後祭祇園祭2016 後祭

祇園祭2016 後祭

鯉山の授与品2017鯉山の御朱印

 登竜門を登る鯉の様子をあらわしています。木彫りの鯉は左甚五郎作と伝えられます。胴懸けのタペストリーはトロイヤ戦争を題材にした『イーリアス』の場面です。あまりの厚さに、ノミで裁断したそうです。

 

スポンサーリンク

2017祇園祭 前祭宵山 アクセス

 宵山当日などは混雑しますので、鉄道の利用を推奨します。市バスはルート変更などがおこなわれますので、宵山当日の利用は推奨しません。上の地図のあずき色の枠が前祭の山鉾町、紫色で塗りつぶしてある部分が後祭の山鉾町です。

 利用できる鉄道は、阪急烏丸駅京都市営地下鉄四条駅京阪四条河原町駅です。

 尚、当日は交通規制が敷かれること、駐車場の数が少ないことから自動車の利用は推奨しません。日中に駐車しても、夜帰ろうとしても上記の理由により、駐車場から出られないなどのトラブルも想定されますので、十分にご留意ください。

スポンサーリンク

予告編

 次回は後祭の宵山をご紹介します。祇園祭の全日程をご覧になりたい方はこちらの総論からどうさぞ。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね。
Follow me, BAAH!
Don't miss the latest article from Kyoto.
スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク
フォローしてね/ Follow me, BAAH!
ヤギの京都観光案内/KYOTO GOAT BLOG
トップへ戻る