おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

【2016】京都の紅葉を楽しむための傾向と対策!

 さて、今年も紅葉の時期が近づいて参りました。今回は2016京都の紅葉の見頃やおすすめの名所やコース、穴場やライトアップの有無、を概観し、紅葉の時期について概観します。

 次回以降はおすすめコースや名所について具体的に解説していきます。

スポンサーリンク

京都市内各所 紅葉の見頃の時期

上の地図をご覧ください。京都の地形は大雑把に申しますと、薄い黄色で囲んだ部分が標高が高く、紅葉の始まりが若干早めです。

あずき色の部分・・・・・ここは標高が高く、10月下旬~11月中旬くらいが見頃です。

その他の部分(平野部)・・・・11月中旬~12月上旬くらい。

となります。

 例年ですと、11月23日~11月末頃が一番の見頃ですが、近年はずれこむ傾向があります。 去年は平野部で12月の第一週頃が一番きれいでした。きれいと言っても、きれいに色づかず、12月まで待っていたらそのままずるずると終わってしまったような感覚でした。

スポンサーリンク

もみじとカエデの違い

「カエデ」のなかで紅葉する(色が変化する)ものが「もみじ」です。植物学上は同じカエデ科カエデ属の植物です。盆栽や園芸では区別されます。

スポンサーリンク

紅葉のしくみ

智積院の紅葉

まずは紅葉の仕組みを簡単に見てみましょう。

イチョウなどの黄色い葉(黄葉)

 太陽の光の減少、気温の降下に伴い、葉の中の緑色の葉緑素が破壊され、隠れていたカロチノイドという色素が現れるため、黄色に見えます。

 

カエデなどの赤い葉(紅葉)

 気温の降下に伴い、葉と枝の間に水や養分などを葉に行かないようにします。日光が当たり、糖分が上がると、葉の中にある葉緑素が分解され糖分と一緒になって化学反応が起こりアントシアニンという色素に変化するため、赤くなります。

スポンサーリンク

きれいな紅葉の条件

夏場

気温が高い

 今年は昨年に比べると高めでした。昨年は立秋以降急に寒くなりましたが、今年は少しずつ気温が下がっていきました。

雨量が多い

 今年は昨年に比べると少な目でした。集中豪雨が多かったように感じます。

最低気温が5度以下  

 去年は11月末から最低気温が5度以下になりました。これが遅かった要因のひとつだと思われます。

昼間の十分な日照   

 去年は11月が少な目でした。

適度な間隔の雨量   

 去年は晴れと降雨が適度に繰り返していました。

昼夜の寒暖差     

 10月10日頃から朝晩の冷え込みが厳しくなりました。半面、日中は暖           かい日が続いています。

 

以上を鑑みれば、今年は期待できそうな気がします。

綺麗な年の写真

きれいに紅葉する年ですと大体こんな感じになります。

二条の紅葉智積院の紅葉

龍安寺の紅葉龍安寺の紅葉

嵐山の紅葉下鴨神社の紅葉

仁和寺の紅葉天龍寺の紅葉

龍安寺の紅葉龍安寺の紅葉

清水寺の紅葉 ライトアップ智積院の紅葉 ライトアップ

昨年の写真

伏見稲荷の紅葉京都御所の紅葉

金戒光明寺の紅葉京都御所の紅葉

金戒光明寺の紅葉南禅寺の紅葉

伏見稲荷の紅葉東寺の紅葉

きれいな年と比較すると、発色がよくありませんでした。赤くならずにオレンジ色のまま散ってしまった場所が多かったように感じます。昨年は「残念だった」と声をよく耳にしました。

スポンサーリンク

今年の様子(10月15日現在)

銀閣寺の紅葉2016銀閣寺の紅葉2016

先週の銀閣寺の様子です。

永観堂の紅葉2016天授庵の紅葉2016

右は本日の永観堂、左は南禅寺塔頭の天授庵の様子です。

法然院

これは先週の法然院の様子です。

 10月15日現在の東山では、まだ始まったばかりといった感じです。ただ、昨年の同じ時期に比べると、発色がきれいなこと、また、先述の紅葉の条件をかなり満たしていることに鑑みれば、今年はすくなくとも去年よりはきれいになるのではないかと考えています。

スポンサーリンク

気候

 先述のように、紅葉の見ごろは主に11月中旬から12月上旬となります。この時期の京都市の平均気温は約15℃、朝夕と日中の寒暖の差が大きくなります。また、雨や曇りの日が多く乾燥しています。(詳細は旅のしおりをご覧ください。)同様に持ち物リストもご覧下さい。以下にこの時期特に忘れたら困るものを挙げておきますのでご活用ください。

持ち物チェックリスト

用意するものチェック欄
体温調節が出来る服装
ストールやマフラー
折り畳み傘
リップクリーム
ハンドクリーム
その他必要と思われるもの
スポンサーリンク

混雑状況

交通機関

 紅葉の時期は最も観光客数が多い時期です。市内の主要な移動手段である市バスは大混雑します。上の地図をご覧ください。右側の青で囲った部分にアノテーションが集中しているかと思います。京都は地図上の右半分に寺社仏閣が集中しています。このため、右半分を結ぶルートは常に混んでいます。その上、この時期には観光客が集中するため、普段以上に混雑します。

 また、路線バスの他に、全国から訪れる観光バス、自家用車の数も飛躍的に増えます。

 以上のような条件が重なるため、市内の交通は渋滞気味で、時間の予測がつきません。

 そこで、なるべくバスを使わない、若しくは混まない路線を利用しての移動が利便に適います。この点に関しましては、次回以降、具体的なコース踏まえながら各所を解説していきます。

混雑する場所

 毎年、「そうだ 京都、行こう」キャンペーンの対象地は例外なく普段の年より混雑します。今年は天龍寺が選ばれましたので、天龍寺とその周辺が大混雑すると予想されます。

 天龍寺は嵐山にありますが、嵐山というところは、嵐電嵐山駅の付近に名所が集中していますので、殊更に混雑が予想されます。

 また、高台寺や、東福寺、嵐山、青蓮院など有名で、かつ交通の便がよいところも混雑します。

混雑する時期

 11月半ばから12月第一週あたりまでは、週末はすべての場所が込むと考えておけば良いと思います。

トイレの確保

 人が多いと当然、トイレも込みます。トイレの場所は限られていますので、駅や訪れた寺社仏閣で済ませておくのが得策です。公衆トイレも場所によってはありますが、限られています。

スポンサーリンク

リンク集

洛北

場所夜間特別拝観
瑠璃光院
貴船神社あり
三千院

嵐山

場所夜間特別拝観
天龍寺
宝厳院あり
大河内山荘
大覚寺あり
常寂光寺

洛東

場所夜間特別拝観
銀閣寺
法然院
安楽寺
哲学の道
永観堂あり
南禅寺
天授庵あり
真如堂
金戒光明寺あり
平安神宮
高台寺あり
清水寺あり
東福寺
醍醐寺あり
青蓮院あり
詩仙堂

洛中

場所夜間特別拝観
下鴨神社
北野天満宮毎月25日
京都御所
二条城
渉成園
東寺あり

洛西

場所夜間特別拝観
金閣寺
龍安寺
仁和寺
妙心寺

哲学の道、大河内山荘、天授庵には公式ホームページがありません。

スポンサーリンク

次回以降の予告

 次回以降、紅葉以外の記事も挟みつつ、おすすめコースや各名所について解説していく予定です。

スポンサーリンク

おすすめモデルコース

おすすめモデルコース1 天龍寺→宝厳院→東福寺→永観堂

 これは離れた有名な場所を一日で回るコースです。

おすすめモデルコース 南禅寺→天授庵→永観堂→哲学の道→銀閣寺→法然院→安楽寺

 こちらは紅葉の名所が点在する、哲学の道周辺のコースです。

 上記の二つは殊更に時間の管理が重要と思われるので、作ってみました。そのまま利用して頂いても構いませんし、アレンジして頂いても結構です。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。
Follow me, BAAH!
Don't miss the latest article from Kyoto.
スポンサーリンク
その他
スポンサーリンク
フォローしてね/ Follow me, BAAH!
ヤギの京都観光案内/KYOTO GOAT BLOG
トップへ戻る