おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

《京都紅葉2016!》一番きれいな永観堂を見たことがありますか?

 「秋はもみじの永観堂」と申しますが、一番いい時期にご覧になったことはございますか?

 2016年秋、ヤギ撮影隊が永観堂の一番きれいな様子の撮影に成功しました。ツアーや修学旅行の日程の都合で間に合わなかった、紅葉の時期が日程とずれたなど、諸般の事情で見逃された方はここでご覧ください。みどころ押さえてます。

 

スポンサーリンク

永観堂(禅林寺)の紅葉の特徴

 永観堂は別名「もみじの永観堂」と呼ばれ、紅葉がとてもきれいなことで有名です。残念だった去年も奮闘していました。今年も他の場所よりも早く、かつ綺麗に紅葉が始まりました。永観堂の境内には約3000本のもみじが植えられています。その上、市内中心部から比べてると、若干寒いので、発色が勝っています。赤一色ではなく、黄、緑、オレンジなど、さまざまな色が楽しめます。

 一般的な観点からは、永観堂が今年、京都市内で一番綺麗に紅葉していたかと思います。(私的な一位は興臨院です。)興臨院の紅葉はどこまでも繊細のものであるのに対し、永観堂の紅葉は繊細なものもありますが、圧倒的に迫ってきます。撮影しながら、長谷川等伯が千人束になっても勝てないだろうと思ったのを覚えています。

 今年は夜間拝観を合わせて、全部で3回撮影に赴いていますので、時系列でご紹介します。

永観堂の紅葉 2016年11月6日

永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016

 この時点ではまだ紅葉は始まったばかりでしたが、すでに赤くなったものもありました。

永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016

 この淡い感じが永観堂の紅葉のみどころの一つです。これが2週間後にピークを迎えます。詳細は後ほど。

永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016

 この時点でも十分綺麗ですが、ピーク時はもっと鮮明な色になります。

永観堂の紅葉 2016年11月17日

 永観堂は紅葉自体もきれいなのですが、ライティングが上手です。池は常に水が流れ込んでいて、水面が落ち着くことは少ないのですが、それでも池面に映り込んだ景色は格別です。

永観堂のライトアップ2016永観堂のライトアップ2016

永観堂のライトアップ2016永観堂のライトアップ2016永観堂の紅葉2016 ライトアップ永観堂の紅葉2016 ライトアップ永観堂の紅葉2016 ライトアップ永観堂の紅葉2016 ライトアップ永観堂の紅葉2016 ライトアップ永観堂の紅葉2016 ライトアップ

 前回の撮影から約10日後ですが、ほぼ完全に紅葉した状態です。ライトアップの場合、完全に紅葉しきる前の、緑色が少し残っている状態がベストだと思います。この時点で、日中の撮影はこれから数日が勝負やな、と思いました。

永観堂の紅葉2016 ライトアップ永観堂の紅葉2016 ライトアップ

 このお地蔵さんの前のもみじは、黄色から赤になる途中の状態でもので、毎年、心を奪われます。

永観堂の紅葉2016 ライトアップ

 イチョウが散り始めています。イチョウが散り始めてしばらくすると、紅葉のピークがやってきます。紅葉パトロールでも、市内のイチョウはメルクマール(判断に基準の事)の一つです。

永観堂の紅葉 2016年11月21日

 連日の紅葉パトロールの結果、当日がベストと判断したヤギ撮影隊はついに永観堂を訪れました。

永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉 2016年11月17日永観堂の紅葉 2016年11月17日永観堂の紅葉 2016年11月17日永観堂の紅葉 2016年11月17日永観堂の紅葉 2016年11月17日永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016

 まさに予想どおりの展開です。赤、黄、緑、オレンジのすべてがそろい、かつ、すでに散り始めています。ご覧いただければおわかりかと思いますが、永観堂は苔もきれいなんですね。

永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016

 放生池からそれぞれ、弁天様、多宝塔を望みます。繊細でありながら畳み掛けてくるような感じがなんとなくお分かりいただけますでしょうか。

永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016 永観堂の紅葉2016

永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016

 

 踵を返すと、若干赤が多くなります。

ここからが最大のみどころだよ!!

永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016

永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016

 ちょうどこの日にイチョウが完全に散ったようです。その上に散ったもみじが重なります。いずれも、散って間もないので、まだ水分を含んでいて、発色がはっきりしています。

永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016

 赤を強調するとこんな感じになります。

 「繊細でありながら畳み掛けてくる」と申しあげました意味をご理解いただけましたでしょうか。東福寺ですら、ここまでの景色はみられませんでした。正に完璧なタイミングでの撮影です。タイミングを逸した方はぜひここでご堪能下さい。

スポンサーリンク

永観堂の基本情報

永観堂とは? 

永観堂は正式には禅林寺といいます。阿弥陀堂には横を向いた阿弥陀如来像が安置されています。永観律師という僧侶(このお坊さんの名前にちなんで永観堂と呼ばれています)が念仏行をしていたところ、阿弥陀様が現れ、振り向きざまに、「永観、遅し」と言われた時の様子をそのまま仏像にとどめたものです。阿弥陀如来像の撮影はできません。

永観堂の水琴窟永観堂の臥龍廊

 永観堂は山の斜面にお寺が建ててあるので、臥龍廊という廊下で建物がつながっていたりして、アップダウンが激しいところです。また水琴窟という、水滴が琴の音のような音を立てる巨大なつくばいのようなものがあります。

永観堂の拝観時間(通常拝観)

 午前9時~午後5時 (受付は午後4時まで)

永観堂の拝観料(通常拝観)

 大人・・・600円 

 小・中・高生・・・400円

永観堂へのアクセス

市バス5系統 南禅寺・永観堂道バス停より徒歩5分。

市バス5、32、93、100、102、203、204系統 東天王町バス停より徒歩10分。

スポンサーリンク

次回の予告

 次回は一乗寺の有名なお寺をご紹介します。お楽しみに。

トップへ戻る