おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

《京都紅葉2016!》まだ間に合う!ほんまもんの穴場、光明院をヤギがご案内するよ。

 さて、前回申し上げましたように、今回は東福寺近くの穴場、光明院の紅葉をアクセス、みどころなどと一緒にご紹介します。光明院は私が個人的にとても気に入っている場所であり、本当がお教えしたくないのですが、みなさまのためにご紹介します。

スポンサーリンク

光明院とは?

光明院の紅葉2016

 光明院と聞いてすぐにわかった方は、かなりの京都通と申せましょう。光明院は西暦1391年創建の東福寺の境外塔頭寺院です。東福寺同様に臨済宗の寺院ですので、枯山水庭園があります。

 この枯山水庭園は、「波心の庭」といい、東福寺の方丈庭園と同時期の昭和14年にに重森三玲により設計されました。寺号にちなみ、光明をテーマに作成されています。背後にさつきやつつじが配され、雲を表現しています。この上にある茶亭「ら(変換不能。羅の上に草冠)月庵」は、雲の嶺上に生ずる無くば、月の波心に落ちる有りという禅問答に基づいています。(光明院パンフレットより抜粋)このら月庵はこの写真には写っていません(どこにあるのかわかりません。右上の建物かと思いましたが、パンフレットによると民家が見えるのを防ぐためにあるそうです。

 光明院は別名「西の苔寺」、「虹の苔寺」とも呼ばれ、苔が大変きれいなところです。早速写真をご覧頂きましょう。

スポンサーリンク

光明院 雲嶺の庭の紅葉

光明院 雲嶺の庭の紅葉光明院 雲嶺の庭の紅葉光明院 雲嶺の庭の紅葉

光明院 雲嶺の庭の紅葉光明院 雲嶺の庭の紅葉

 三門をくぐってすぐ、庫裡までのアプローチは「雲嶺の庭」と呼ばれる庭園になっています。左下の写真のお堂には摩利支天が祀られています。この「雲嶺の庭」を抜けると、庫裡の入口になります。

光明院 庫裡入口光明院 窓越しの波心の庭

 玄関口で拝観料(志納金)おとな300円を納めます。普段は玄関に竹筒が置いてあり、「300程度をお納めください」といったようなことが書いてあったはずですが、11月中は少し事情が違うようです。写真のように季節の花が活けてあします。見えにくいかとおもいますが、衝立の向こうに微かに波心の庭がみえます。

スポンサーリンク

光明院 波心の庭の紅葉

光明院の紅葉2016 波心の庭光明院の紅葉2016 波心の庭光明院の紅葉2016 波心の庭光明院の紅葉2016 波心の庭光明院の紅葉2016 波心の庭光明院の紅葉2016 波心の庭

 ぐるっと回ってみてみしょう。この波心の庭は見る角度により様々な表情をみせます。私が光明院に来るたびにいろいろな角度から波心の庭を眺めて1~2時間くらい過ごします。

 今の時期ですと、苔は新緑の時期に比べると下火ですが、紅葉はまさに見頃です。この日は朝から雨で、千歳一隅の機会と思い撮影に赴きました。雨の日に来るのは初めてでしたが、「虹の苔寺」というにふさわしい色彩でした。

 私はいっぱいいっぱいになった時によくここにきます。京都にお越しになる方は、やはり、「喧しい都会や日常を離れたい」というお気持ちも多分におありかと思います。そんなときは季節の如何を問わず、光明院にお越し頂きたいと思います。JR京都駅からのアクセスも容易なので、強くおすすめします。

スポンサーリンク

光明院へのアクセス

 JR京都駅から奈良線に乗り、東福寺駅で下車し、その後、赤い線に沿って進んでください。

  JR京都駅ー東福寺駅  運賃 おとな140円 所要時間 約3分

  東福寺駅ー光明院  徒歩約20分

 

スポンサーリンク

光明院での滞在時間

 単に庫裡や庭を見るだけなら、10くらいでしょうか。ただし、引き込まれるような魅力のあるところなので、1~2時間くらいは必要かと思います。

スポンサーリンク

光明院のみどころ

 なんといっても波心の庭です。あらゆる角度から堪能したくなります。庭を見ながら季節を感じでもよいですし、自己をみつめるのもよいですし、なにも考えなくても構いません。ただし、騒がしくするのはご法度です。真摯な気持ちで参拝なさってください。山門にもその旨記載があります。

 

スポンサーリンク

次回予告

 実は光明院は本ブログでご紹介する予定は全くなかったのですが、今回、あまりに綺麗だったのでご紹介に踏み切った次第です。今後、機会を改めまして、詳しく解説もうしあげたいとおもいますが、今回は取り急ぎ紅葉のみご紹介しました。

 次回はもう一つの紅葉の穴場をご紹介する予定です。

トップへ戻る