おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

京の七夕2017 堀川・二条城などの各会場のライトアップなどのみどころ!

 京の七夕2017の堀川会場・二条城会場・北野天満宮紙屋川会場・岡崎会場・梅小路公園会場のライトアップなどのみどころ、アクセス方法、七夕の由来などについてご紹介します。

スポンサーリンク

京の七夕とは

京の七夕 北野天満宮

 今日の七夕とは毎年、旧暦の七夕に該当する8月に開催される、堀川沿や二条城などの各会場のライトアップなどのイベントです。近年では京都の夏の風物詩として定着した感があります。以前は堀川会場と鴨川会場の二か所と二条所のライトアップが実施されていましたが、昨年から新たに、京の七夕と連動して北野天満宮、岡崎(平安神宮の周辺)、梅小路公園の三か所でもライトアップが行われるようになりました。本年も昨年と同様の会場で実施されます。尚、各会場で開催期間・時間が異なりますので、ご留意ください。

スポンサーリンク

京都の夏の風物詩

 さて、京の七夕は「京都の夏の風物詩」とよばれますが、開催期間(おおむね8月2~16の期間)の京都の様子を少しご紹介します。

 8月の前半の京都は、祇園祭が終わり、約ひと月ぶりに平生を取り戻します。まだ夏の盛りですが、旧暦では立秋が近づいています(今年は7日)。他の地域のことはよくわかりませんが、少なくとも京都と横浜では立秋を過ぎれば夜が涼しくなります。

 ですから、京の七夕開催期間の夜というのは少し秋の気配が感じられます。もちろん、「涼しい」と申しましても、あくまで真夏の夜、例えば祇園祭の前祭の宵山の辺りにくらべて涼しい、という意味です。すこし夜の暑さが和らぐという感じでしょうか。ただ、今年は閏月があるので、涼しくなるのが早いかもしれません。

京の七夕 鴨川会場

 このように、寒暖で申しますとあいまいにならざるを得ませんが、夕暮れの空の色は明確に異なります。祇園祭でもご紹介しましたが、前祭と後祭の宵山では夕焼け空の色が異なります。京都の夕焼け空は大まかに申しますと、白、赤、青の三色で構成されているように見えます。このうち、涼しくなるにつれ、赤の部分が濃くなります。京の七夕の期間中の夕暮れは、秋を感じられるものになっています。各会場にお越しの際は、この夕暮れの美しさをご堪能いただければと思います。

スポンサーリンク

七夕の由来

 七夕とは五節句の一つで、日本古来の慣習と奈良時代に中国から伝わった慣習が混ざったもので、五節句の一つに数えられます。五節句とは陰陽五行説の基づく年中行事のことです。具体的には、七草の節句(1月7日)、桃の節句(3月3日)、端午の節句(5月5日)、七夕(7月7日)、菊の節句(9月9日、いずれも旧暦)の五つを指します。七夕は新暦の7月7日、若しくは8月8日に行われることが多いとおもいますが、旧暦の7月7日との関連性はあまりありません。(今年の旧暦7月7日は新暦の8月28日)

おりひめパラソル

 日本には古来、棚機(たなばた)という行事がありました。これは、乙女が着物を織り、神様に供えて、その年の豊作を祈り、穢れを祓う、禊の行事です。

 他方、中国には、織女星に機織りや手芸の上達を願い、庭に祭壇を設け、糸や針、布をはじめ、様々な品を供える乞巧奠(きこうてん)と呼ばれる儀式がありました。これが奈良時代に遣唐使経由で日本に伝わります。

京の七夕 天の川

 さらに、中国では、天の川を挟んで、裁縫の仕事を司ること座のベガ、農業の仕事の象徴するわし座の牽牛星が旧暦7月7日ころに一番輝くことから、年に一度のめぐり会いの日とかんがえられていました。

八坂神社の茅の輪

 この三者が混ざりあって、現在の「七夕」の原型になっています。笹の葉に願い事を書くようになったのは、江戸時代からで、茅の輪くぐりの茅の輪の両脇にくくりつけた笹にちなみます。

スポンサーリンク

京の七夕2017 各会場

 それでは、各会場の開催期間・時間(会場によりことなります)を早速、見てみましょう。以下は昨年の情報に基づきます。

堀川会場

概要

開催場所 御池通~一条戻橋付近までの堀川遊歩道 期間中は南から北への一方通行です

開催期間 8月5日(土)~11日(金・祝)

開催時間 19時~21時30分

混雑状況 平日も混雑 週末・祝日は渋滞気味

所要時間 1時間~

 南から北への一方通行になります。ただし、一条戻橋にいくまでの途中で会場から出ることが出来ます。

 二条城を拝観してからみると良いでしょう。

ライトアップなどのみどころ

入口

京の七夕

 堀川御池から一条戻橋付近までのおよそ1.5キロの間で開催されます。所要時間は1時間~を見ておいた方が良いでしょう。地図上の水色の宇宙人マークの辺りです。

願いの広場

京の七夕 願いの広場

 一枚100円の京の七夕絵葉書短冊を購入して、願い事を書いた短冊を笹につけることが出来ます。

メッセージ行灯

京の七夕 堀川会場

 京都に所縁のある方々のメッセージが書かれた行灯が飾られます。

光の天の川

京の七夕 光の天の川

 毎年、二条通から夷川通までの間に設置されます。地図上の青い宇宙人マークの辺りです。竹で作ったアーチにLEDで天の川を演出しています。織姫星(こと座のベガ)と彦星(わし座のアルタイル)も再現されています。堀川会場一番のみどころです。ビデオでご覧ください。

光の友禅流し

京の七夕 光の友禅流し京の七夕 光の友禅流し

 毎年、竹屋町から丸太町通の間で行われます。地図上のオレンジ色の宇宙人マークの辺りです。京友禅を堀川に流し、ライトアップします。毎年異なったテーマの友禅が流されます。

光のしずく

京の七夕 光のしずく京の七夕 光のしずく

 毎年、丸太町橋の下で行われます。地図上の赤い宇宙人マークの辺りです。昨年は近くでお香がたかれていました。これはかなりおすすめです。

おかえりチンチン電車プロジェクト

チンチン電車

 かつて、堀川通沿いには、京都市電北野線という路線が走っていました。当時の車体の模型やミニチュアの走行が行われます。

おかえりチンチン電車

 これらのイベントは「おかえりチンチン電車プロジェクト」さんという団体が行っています。

芸術作品

京の七夕 堀川会場京の七夕 堀川会場

 ほかにも、市内の大学の学生さんの作品が毎年展示されます。

堀川会場へのアクセス

 行きは地下鉄の二条城駅を利用するのが良いでしょう。帰りは一条戻橋・晴明神社前バス停を利用するとよいでしょう。9、12系統を利用できます。ただし、当日はこれらの路線は混雑します。回避したい場合は9、12系統に乗り堀川今出川で59系統、若しくは203系統に乗り換えて、烏丸今出川バス停で下車し、地下鉄今出川駅で地下鉄に乗り換えて下さい。他の堀川通沿いのバス停も地図上に記載しておきました。途中で退場された際の参考にしてください。

鴨川会場

概要

開催場所 御池通~仏光寺通までの鴨川

開催期間 8月5日(土)~11日(金・祝)

開催時間 19時~21時30分

混雑状況 平日は空いている場合がある 週末・祝日は混雑

所要時間 30分~

 堀川会場のような、一方通行の規制はありません。

ライトアップなどのみどころ

 鴨川会場は堀川会場に比べれば空いています。ただし、京都一の繁華街の近くですので、混雑はしています。にも拘わらず、次にご紹介します、風鈴灯の周辺、及び四条~仏光寺間はのんびり過ごせます。

風鈴灯

京の七夕 鴨川会場京の七夕 鴨川会場

京の七夕 鴨川会場

 京都の伝統工芸を用いて作られた竹の籠の中に、LEDの灯りがともされます。風鈴がついていて、風に揺られて綺麗な音を奏でます。実際の様子をビデオでご覧ください。毎年赤い宇宙人マークの辺りで開催されます。

七夕笹飾り

京の七夕 鴨川会場

 鴨川会場の笹飾りは銀色に見えるのが特徴です。

京の七夕 鴨川会場京の七夕 鴨川会場

 反対側では、織姫と彦星をテーマにした展示が行われていました。

京の七夕 鴨川会場

 夕暮れ時もおすすめです。毎年青い宇宙人マークの辺りで開催されます。

プロジェクションアート

京の七夕 鴨川会場京の七夕 鴨川会場

 昨年は三条大橋と鴨川の土手にプロジェクションアートが照射されました。

みそそぎ川

京の七夕 鴨川会場京の七夕 鴨川会場

 四条を少し下がったところのみそぎ川(床の下を流れている小川)にLEDでライトアップがなされます。たまにサギが水の中に入って、LEDを不思議そうに眺めています。

鴨川会場へのアクセス

 鴨川会場へのアクセスは、京阪祇園四条駅、三条駅、若しくは阪急河原町駅が最寄駅になります。京都駅からでしたら、四条河原町バス停が便利です。4、17、205系統が比較的空いています。他の場所からでしたら、三条京阪前を利用なさると良いでしょう。

スポンサーリンク

京の七夕2017 連携・協力会場

二条城会場

開催場所 御池通~一条戻橋付近までの堀川遊歩道 期間中は南から北への一方通行です

開催期間 8月2日(水)~14日(月)

開催時間 19時~21時30分

混雑状況 平日は比較的空いています。週末・祝日は混雑していることが多いと感じます。

所要時間 1時間~

公式サイト 二条城ホームページ

 二条城を拝観した後、堀川会場に行くのが良いでしょう。

ライトアップなどのみどころ

 今年は今年の春に修復が終わった東大手門と二の丸庭園のライトアップがあります。

東大手門(重要文化財)

二条城ライトアップ

 これは今年の春の桜まつりの時の様子です。どうなるかは今のところわかりません。これまでですと、二条城ではプロジェクションマッピングが行われていましたが、昨年の京の七夕では行われませんでした。参考までに、以前の様子をご紹介します。

二条城ライトアップ

二ノ丸庭園ライトアップ(特別名勝)

京の七夕2016二条城 京の七夕2016二条城 

 二の丸御殿のライトアップは昨年が初めてだったと思いますが、池が水鏡になります。昨年はあまり混んでいなかったので、ゆっくり見ることができました。ここはかなりおすすめです。

京の七夕2016二条城 

 踵を返せば、本丸御殿が中からライトアップされていました。以前のライトアップですと、車寄の周囲しか入れなかったので、とても感動したのを覚えています。

京の七夕2016二条城 

 本丸をでてからのお堀のライトアップもきれいでした。二条城のライトアップは控えめな印象です。レンブラントの様なライティングです。

清流園と香雲亭のライトアップ

京の七夕2016二条城 清流園

 昨年は香雲亭もライトアップされていました。

2017年の様子

 2017年も昨年同様、プロジェクションマッピングは行われず、二之丸御殿、二之丸庭園、清流園・香雲亭のライトアップがあります。

京の七夕二条城会場2017京の七夕二条城会場2017

 今年は夕暮れ時にいったみましたが、夕暮れ時のライトアップはおすすめです。

 本年は香雲亭で琴の演奏があります。実際の様子をビデオでご覧ください。

 

二条城へのアクセス

地下鉄の二条城駅を利用するのが便利です。市バスは9、12、50系統を利用できます。ただし、当日はこれらの路線は混雑します。バス停は二条城前バス停が最寄ですが、堀川御池バス停を利用すると乗降車が楽です。

 

 

岡崎会場

開催場所 平安神宮の周辺

開催期間 8月11日(金・祝)~13日(日)

開催時間 19時~21時

混雑状況 昨年は空いていました

所要時間 10分~

ライトアップなどのみどころ

 空いていて静かに過ごせます。今年は週末のみ実施で音楽イベントなども開催されるので賑やかになるかもしれません。

平安神宮周辺

京の七夕 平安神宮京の七夕 岡崎会場

 昨年は平安神宮の参道と大鳥居がライトアップ(と申しましても、大掛かりなものではなく、写真のようなものです)されました。

京の七夕 岡崎会場京の七夕 岡崎会場京の七夕 岡崎会場

 参道に笹が立てられていました。尚、平安神宮の中には入れませんでした。

岡崎会場へのアクセス

 最寄りのバス停は岡崎公園 美術館・平安神宮前バス停です。他にも東山二条・岡崎公園口バス停や岡崎道バス停が利用できますが、夜間は道に迷う可能性があるので、利用は推奨しません。ご利用の際はこちらのアクセス方法をご参照下さい。地下鉄東山駅を利用しても良いでしょう。すこし歩きますが、三条通が綺麗です。

北野天満宮・紙屋川会場

開催場所 北野天満宮

開催期間 8月5日(土)~16日(水)

開催時間 日没~21時

混雑状況 比較的空いています。

所要時間 30分~

公式サイト 北野天満宮ホームページ

ライトアップなどのみどころ

 ヤギ撮影隊イチオシの会場です。市街中心から離れたところにあるせいか、人でが疎らです。にも拘わらず景色は一級で、かつのんびり過ごせます。

夜間特別拝観と本殿ライトアップ

京野七夕2016北野天満宮会場京野七夕2016北野天満宮会場

京の七夕2016北野紙屋川会場京野七夕2016北野天満宮会場

 近年、天神さんでもライトアップがおこなわれるようになりました。夜の天神さんは重厚感があり、格別です。

京野七夕2016北野天満宮会場京野七夕2016北野天満宮会場

 参道もライトアップされますが、ここもあくまで控えめなものです。これが却って照らされている部分を引き立てます。

京野七夕2016北野天満宮会場

 天神さんには灯篭が沢山ありますが、夜間特別拝観の折には点灯されています。

京野七夕2016北野天満宮会場京野七夕2016北野天満宮会場

 本殿前は特にきれいです。

史跡御土居のライトアップ

京の七夕2016北野紙屋川会場京野七夕2016北野紙屋川会場

京野七夕2016北野紙屋川会場京野七夕2016北野紙屋川会場京野七夕2016北野紙屋川会場

 この時期の御土居は青もみじが満開です(赤い宇宙人マークの場所)。よくよく考えてみますと、青もみじのライトアップはなかなか他では見られません。

御手洗川足つけ燈明神事

京野七夕2016北野紙屋川会

 境内にある御手洗川(青い宇宙人マークの場所)では足つけ燈明神事という神事が行われます。初穂料300円。神事が行われなくてもライトアップは行われていました。

国宝御本殿石の間通り抜け神事 御神宝・御装束の展覧

 こちらは撮影できません。初穂料1,000円

北野天満宮・紙屋川会場へのアクセス

 最寄りのバス停は北野天満宮前バス停です。203、50系統などが利用できます。

梅小路公園会場

概要

開催場所 梅小路公園

開催期間 8月4日(土)~13日(日)

開催時間 19時~22時

混雑状況 空いています

所要時間 30分~

ライトアップ

京の七夕 梅小路公園会場

スポンサーリンク

予告編

神用水清祓式2016

 次回は祇園祭の神用水清祓式・神輿洗式についてご紹介します。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

トップへ戻る