おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

【2017】下鴨神社の流し雛 京都写真館 3/10

 京都写真館更新のお知らせです。今回は去る3月3日に下鴨神社で行われた流し雛の様子をご覧ください。

スポンサーリンク

ひな祭りの起源

下鴨神社の流し雛

 ひなまつりは毎年3月3日に行われていますが、本来は旧暦の3月3日に行われていました。現在の暦でいうと4月のはじめ頃に当たります。ひなまつりは桃の節句と言われます。実際に桃の花が咲くのが桜より少し早い時期ですので、ちょうど3月末から4月くらいになります。まだ寒い3月に桃の節句というのはこのような理由によります。

 ひのまつりの起源については諸説あります。先程申し上げました、桃の節句というのは平安時代の五節句という行事の一つにあたります。五節句というのは中国の陰陽五行説に基づいて定められた季節の変わり目のことです。そして、季節の変わり目には邪気がたまると考えられていました。そこで五節句の折には、穢れを祓うということが行われるようになります。この穢れを祓う目的で、古来、形代を川に流していました。

 他方、平安時代の貴族の子女のあそびとして、人形を飾っていました。あまり判然とはしませんが、家のようなものに人形を飾って遊んでいたようです。

 この形代を流して穢れを祓うという行事と、人形遊びが一体となって現在のひなまつりの原型になったと考えられているようです。

 下賀茂神社の流し雛では、簡素な人形(上の写真)を境内の御手洗川に流し、穢れを祓い、以て無病息災を祈ります。先述のひなまつりの歴史に鑑み、ひなまつりの原型の一つとされています。

スポンサーリンク

下鴨神社の流し雛

 現在の下鴨神社の流し雛では、リアル内裏雛や舞妓さん、幼稚園児の皆さんが雛人形を御手洗川に流し、無病息災を祈ります。

下鴨神社の流し雛

 境内の様子です。流し雛の時期には橋の向こうにある梅が満開になります。

下鴨神社の流し雛下鴨神社の流し雛

 下鴨神社の梅は去年と同じ位の咲き具合です。天神さんの梅は少し早いように感じられたのとは対照的です。天神さんの梅はこちらからどうぞ。

下鴨神社の流し雛

 正式にはこの二人の事を「内裏雛」とよびます。男性を内裏・女性を雛と呼ぶわけではありません。

下鴨神社の流し雛下鴨神社の流し雛

下鴨神社の流し雛下鴨神社の流し雛

 ご覧の通り、お雛様(便宜上こう呼びます)は十二単を着ているのですが、一人では歩けなません。二人の女性が裾を常に持っています。

斎王代2016葵祭2016

 この写真は昨年の葵祭の斎王代ですが、同じように、裾を持つ人がいます。平安時代の貴族の衣装というのは機能性よりもエレガンスを重視していたんですね。

下鴨神社の流し雛下鴨神社の流し雛

 お二方が流し雛を御手洗川に流します。

下鴨神社の流し雛お二方が流し雛を御手洗川に流します。

 さて、京都でエレガントな人と言えば舞妓さんです。東山を歩いていると、舞妓さんの衣装を着た一般の方と本物の舞妓(若しくは芸妓)さんが歩いてはりますが、両者は歩き方と姿勢で区別がつきます。この写真のお二方はその歩き方と姿勢を如実に現しています。和服ではなく、洋服を着ていてもわかりますので、祇園辺りを歩く際には目を凝らしてみてはいかがでしょうか。

下鴨神社の流し雛

 こちらのお二方も流し雛を御手洗川に流します。

下鴨神社の流し雛

 さて、最後はこの方に締めて頂きましょう。

下鴨神社の流し雛

 みんなのアイドル、たわわちゃんです。

下鴨神社の流し雛

 もちろんたわわちゃんも流し雛を流します。

下鴨神社の流し雛下鴨神社の流し雛

 このあと、一般の方も流し雛を流します。今年は水が少なく、あまりいい写真が撮れなかったので、昨年の写真を掲載します。去年の夏頃から水がすくなくなっているように感じます。夏場に御手洗川で涼むと気持ちいいので、今年の夏には持ち直してくれればと思っています。

スポンサーリンク

予告編

 次回の写真館更新は3月20日頃を予定しています。次回は哲学の道の桜についてご紹介します。本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。
Follow me, BAAH!
Don't miss the latest article from Kyoto.
その他
スポンサーリンク
フォローしてね/ Follow me, BAAH!
ヤギの京都観光案内/KYOTO GOAT BLOG
トップへ戻る