おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

【京都の桜2017】桜の後の京都の様子 写真館4/1

 写真館更新のおしらせです。今回は、今後の投稿の予告編として、桜が咲いた後の4、5月の京都の花やイベントの様子を写真でご紹介します。

スポンサーリンク

花まつり(灌仏会)

花御堂と誕生仏

 毎年4月8日に釈迦の誕生を祝うお祭りです。写真のあずまやのようなものは花御堂といいます。これは銀閣寺で撮影したものです。

 昨年はこの時期にはもう桜は見頃を過ぎていましたが、今年は花まつりのあたりが見頃になるかもしれません。と申しますのは、本日4月1日現在で、桜は早咲きのものを除き、1分程度しか咲いていません。今年はなかなか暖かくならないので、開花も遅れています。本日も日中は暖かかったのですが、夕方からは寒の戻りで冬のような寒さです。今年の桜は波乱含みなものになりそうです。

 今年は桜と被るので、花まつりの記事を投稿できるかは未定ですが、どこかで甘茶を頂いて、手を合わせてきたいとは思っています。

 さて、先ほど銀閣寺の花御堂をご紹介しましたが、この時期の銀閣寺は一年を通じて、最もきれいです。

銀閣寺の牡丹

 これは銀沙灘まえの牡丹です。他にも先ほどの写真のサツキやすずらんなどが咲いています。これらの花は決して押しつけがましいものではなく、さりげなく咲いています。

銀閣寺の青もみじ

 そして、後ほどご紹介します、青もみじもあります。

銀閣寺の苔

 新緑の時期の銀閣寺で特筆すべきは、苔です。西芳寺を模したと言われるだけあって、みごとです。

雪の銀閣寺雪の銀閣寺

 「綺麗な」という観点からは雪の銀閣に軍配が上がります。息を飲む、という表現がぴったりな景色です。峻厳な美しさです。

春の銀閣寺

 他方、新緑の時期の陽光の中にいると、すべてが生まれ変わるような錯覚を覚えます。なんともうしましょうか、この時期の銀閣寺では「今、ここにいる」という事実が実感できます。

 桜がひと段落しましたら、銀閣寺について詳しくご紹介したいと思います。 

スポンサーリンク

ツツジ

 桜の次の花と言えば、ツツジです。市内各所で目にすることが出来ますが、一番のおすすめは嵐山です。

天龍寺のツツジ天龍寺のツツジ天龍寺のツツジ

 ご覧になれば自明かとおもいますが、嵐山(天龍寺)のツツジは発色がきれいです。特に白いものは透き通るような白さです。ツツジは市内随所で目にすることができますが、これほど見事なものは嵐山だけです。

 天龍寺は他にも季節の花が沢山さいています。天龍寺につきましても詳しく解説する予定です。

円山公園のツツジ

 ほかにも円山公園や、

西本願寺のツツジ

西本願寺のものが綺麗です。

曼殊院のツツジ

 もう一つのおすすめは曼殊院です。ここはツツジと庭園の対比が見事です。近くの詩仙堂はサツキの名所として有名ですので、あわせてご紹介する予定です。




スポンサーリンク

青もみじ

大河内山荘の青もみじ退蔵院の青もみじ天授庵の青もみじ

 ツツジと並行して、この時期の京都は青もみじを各所で見ることができます。青もみじは最近すこしづつ認知されてきたように感じますが、秋の紅葉とは、一味違った趣です。この時期に見ておくと、秋の紅葉の時期に春の記憶が戻ってきます。これがあると、秋の紅葉が全く違って見えます。

 青もみじに関しましては、枯山水庭園とからめつつ、おすすめの場所を見繕ってご紹介する予定です。小規模な塔頭寺院をいくつか予定しています。

スポンサーリンク

禅寺

 この時期、過ごしやすい気候になり、禅寺で庭園を眺めて過ごすのに最適です。私のおすすめの場所をいくつかご紹介する予定です。

興臨院の方丈庭園

 ここは私のおすすめの大徳寺塔頭、興臨院です。普段は非公開ですが、現在は特別公開中です。紅葉の記事で少しふれていますのでこちらからご覧ください。他にも光明院や天授庵など、静かに過ごせる場所をご紹介する予定です。

スポンサーリンク

御蔭祭

御蔭祭2016御蔭祭2016御蔭祭2016

 御蔭祭(みかげまつり)とは葵祭の前祭に当たるお祭りです。毎年5月12日に行われます。あまり有名ではありませんが、瑠璃光院の近くにある御蔭神社というところから、葵祭の神霊を下鴨神社に迎える神事です。祇園祭の久世駒形稚児を迎える神幸祭のようなものです。一日の移動距離が多いので綿密な計画が要求されますので、攻略法についてご紹介します。

スポンサーリンク

葵祭

斎王代2016葵祭2016

葵祭2016葵祭2016

 葵祭については説明するまでもないかと思います。葵祭も移動距離が長いので、どこで観覧するか、といった作戦の立案から、行列の解説などを予定しています。なるべく早めにご紹介したいと考えています。

スポンサーリンク

予告編

 今後、以上のような内容を投稿する予定ですので、ご覧になっていただければと思います。

 桜については開花情報など、随時更新して参ります。次回の桜特集は龍安寺を予定しています。

 次回の写真館の更新は4月10日頃を予定しています。本日も最後までご覧頂き、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。
Follow me, BAAH!
Don't miss the latest article from Kyoto.
その他
スポンサーリンク
フォローしてね/ Follow me, BAAH!
ヤギの京都観光案内/KYOTO GOAT BLOG
トップへ戻る