おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

鉾建の様子と山鉾の構造 写真館 7/10

写真館更新します。本日は長刀鉾、月鉾、函谷鉾、鶏鉾、菊水鉾で開始されましたので、山鉾の構造と鉾建ての様子を新旧の写真を織り交ぜながらご紹介します。

スポンサーリンク

鉾建て

 祇園祭総論でも触れましたが、10日から鉾建が始まります。本日10日は長刀鉾、月鉾、函谷鉾、鶏鉾、菊水鉾で開始されました。完成した鉾はご覧になった方も多いかと思いますが、組立中の様子はなかなかご覧になれないかと思いますので、ここで少しご紹介します。

鉾建 長刀鉾

 これが「縄絡み」と呼ばれる伝統的技法です。

山鉾 縄絡み

 拡大するとこうなります。外枠の部分は木同士をかみ合わせたり、挿したりしていますが、この交叉している部分などは縄だけで固定されています。

菊水鉾

 全体を見ると、こうなります。中心に真木のための柱があり、下まで貫通しているのがお分かりかと思います。そこから放射状に伸びているのが禿柱と呼ばれるもので、これで、真木を支えています。

construction of hoko

 さらに引いてみるとこうなります。骨組みでご覧になると、鉾の不安定な構造がお分かりいただけるかと思います。山鉾は揺れながら巡行しますが、これはこの不安定な構造に起因します。

月鉾

 完成するとこういう形になります。これは月鉾で、骨組みの写真は菊水鉾のものですが、構造自体はほぼ同じです。駒形提灯や、屋根がつくと、横幅があるように見えますが、実際は縦長の構造をしています。

鉾建 車軸

 これは車軸ですね。油が塗ってあります。何の油かはわかりません。巡行の便宜を考慮して、(恐らく)モリブデングリスを塗布しているものもあります。

山鉾の車輪

 完成した車輪はこうなっています。軸受けには金属が用いられています。

白楽天山の真木

 これは白楽天山の真木です。ちょうど駐車場に置いてあったので大きさがお分かりいただけるかと思います。

夕方の駒形提灯夕方の駒形提灯

 山鉾と言えば、夜の駒形提灯が有名ですが、夕暮れ時もおすすめです。

 この時期の夕暮れは、青みがかっているのですが、駒形提灯や灯りがよく映えます。

山鉾山鉾

山鉾山鉾

山鉾山鉾

 山鉾(に限らず祇園祭全般についてですが)膨大な資料があり、さばき切れていないのが現状です。山鉾に関しては、一年間かけて少しづつご紹介していく予定です。

スポンサーリンク

おまけ

 本日はお迎え提灯でしたので、鷺踊をご覧ください。次回の更新は7月20日頃を予定しております。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。
Follow me, BAAH!
Don't miss the latest article from Kyoto.
その他
スポンサーリンク
フォローしてね/ Follow me, BAAH!
ヤギの京都観光案内/KYOTO GOAT BLOG
トップへ戻る