おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

【京都の桜2018】平安神宮、神苑とライトアップの開花状況おしえます!

 今回は平安神宮の桜をご紹介します。京都で桜の名所は幾多ありますが、昼の部では平安神宮の桜が一番綺麗だと思いますので、まずはここから始めたいと思います。

スポンサーリンク

2018 平安神宮・神苑の桜 開花状況

2018年4月2日 平安神宮の桜の開花状況

平安神宮神苑の桜2018平安神宮神苑の桜2018

今年は市内各所で一気に開花がすすんだので、撮影に追われ、アップする余裕がありませんでした。4月2日の時点で、神苑の枝垂れは満開でした。あす5日からしだれ桜コンサートが始まりますが、今朝の時点ではなんとか週末までもちそうな気配です。左近の桜はすでに散ってしまいました。

平安神宮のソメイヨシノ

ソメイヨシノはもう散り始めています。4月7、8日までもつかは微妙です。

2018年4月5日 平安神宮 紅しだれコンサート 桜の開花状況

平安神宮しだれ桜コンサート2018平安神宮しだれ桜コンサート2018

平安神宮しだれ桜コンサート平安神宮しだれ桜コンサート2018

 ソメイヨシノは散ってしまいましたが、神苑の枝垂桜は満開です。5日現在でまだほとんど散っていないので、今週末4月7、8日のしだれ桜コンサート期間中でも楽しめそうです。

京都の桜見頃

 おすすめです。

スポンサーリンク

2017 平安神宮・神苑の桜 開花状況

 昨年は3月20日前後から咲始め、3月末くらいに満開になりました。4月の5日頃には散り始めました。平安神宮の桜は比較的早く散ってしまいます。また、後述の神苑から境内にせり出してくるしだれ桜は徐々に咲くのではなく、急に咲いて、一気に散ってしまうので、注意が必要です。桜の時期が近づきましたら詳しくお知らせします。

2017年4月2日 平安神宮の桜の開花状況

平安神宮の左近の桜2017

 現在は右近の桜はやっとここだけ咲始めました。こちらも見頃は今週半ば~末くらいを予想しています。

平安神宮 花みくじ2017

 花みくじは大分咲いています。

2017年4月6日 平安神宮の桜の開花状況

平安神宮の桜2017

 応天門をくぐって右にある染井吉野はほぼ満開です。

平安神宮の桜2017平安神宮の桜2017

 他方、左近の桜はまだまだです。今年は随分遅い印象があります。今週末には間に合いそうにもありません。

平安神宮の桜2017

 枝垂桜は少し芽吹いてきた感じです。この枝垂は一気に咲くので、どうなるかわかりません。

平安神宮神苑の桜2017

 神苑はまだまだです。しだれ桜コンサートには間に合うか微妙です。撮影隊は最終日に賭けます。

スポンサーリンク

2017 平安神宮の桜 みどころ

 平安神宮の桜は境内と神苑の二か所に分かれます。ソメイヨシノや紅しだれ桜、やまざくらなど約3000本ほどが植えられています。3000本というとずいぶん沢山咲いているようにかんじますが、後ほど別の機会いご紹介しようと考えております哲学の道の桜とは異なり、辺り一面桜、といった趣ではなく、むしろ控えめなものです。

境内の桜

 桜の季節(正確には3月15~9月30日)の参拝時間は6時から18時まで、参拝は無料です。

 おすすめの時間は早朝か夕暮れ時です。平安神宮の境内からは、現代的な建造物が南西の方角を除き目に入ってきません。特に東山を望むと、1000年前にいるかのように錯覚します。早朝ですと、自分の他にだれもいないといった状況もまれではありませんのでこの早朝(6時~7時の間)は特におすすめです。ただし、この時間帯ですと神苑には入れないのでご注意下さい。神苑の受付時間は8時半から17時半までです

平安神宮 応天門

 應天門(正面の門)から境内に入ります。

平安神宮の桜2016

まずは應天門をくぐると右側、神楽殿の近くにあるソメイヨシノが目を引きます。これが境内で一番大きく咲いています。

平安神宮の桜みくじ

 これは平安神宮でこの時期限定で授与される「桜(はな)みくじ」です。普通のおみくじとは異なり、紅梅色です。普通のおみくじとは異なり、大吉や吉などではなく、「満開」、「8分咲」などと書いてあります。願い事を書いて結び木に結びます。他ではお目にかかれませんので、お越しの際にはひかれてはいかがでしょうか。

 

平安神宮 左近の桜平安神宮 左近の桜

 大極殿に向かって進んでいくと、左近の桜が見えてきます。

紫宸殿 左近の桜紫宸殿 左近の桜

 こちらは京都御所の紫宸殿の左近の桜です。この二つの桜は同じ時期に散りはじめるので、同じ種類の桜なのかな、と思っていたら、この紫宸殿の左近の桜の実から育てたものなんだそうです。桜の時期に御所に行くのはかなりおすすめです。

平安神宮のしだれ桜平安神宮のしだれ桜

 そのさらに奥に見えるのがしだれ桜です。神苑からせり出しているのですが、このしだれ桜は、何の前触れもなくいきなり咲いて、すぐ散ってしまいます。私も毎日チェックしていてやっと撮影に成功しました。

平安神宮のしだれ桜

 ちょうど左近の桜が散り始めるころに咲き始めます。重ねて申し上げますが、咲くタイミングはかなり予想しがたいのでご注意下さい。ちなみに昨年の撮影は4月5日に行っています。今年は4月8・9日が週末となっています。昨年同様だとぎりぎりとみられるかもしれません。

神苑の桜

桜の季節(正確には3月15~9月30日)の受付時間は8時半から17時半までです。入苑料は大人600円・小人300円です。

 平安の神苑は外せない見どころです。昼間の桜は市内でここが一番綺麗だと思いますが、あ多くの人が素通りしている印象があります。後述の八重紅しだれ桜は圧倒するように咲き誇りますが、栖鳳池の周辺は控えめな印象を持つなど、さまざまな様相を呈します。

 この神苑の北側は丸太町通という大きな通りに面していますが、そんなことは忘れてしまうくらいに静かな場所です。

平安神宮神苑の八重紅しだれ桜平安神宮神苑の八重紅しだれ桜

 さて、ここからが本番です。これが『細雪』の中で、「洛中に於ける最も美しい、最も見事な花」と描写される、南神苑の八重紅しだれ桜です。厳密には平安神宮がある岡崎は洛中ではありませんが、「京洛の春を代表する」ものであることは事実です。神苑に入ってすぐの場所にあります。

平安神宮神苑の桜

 これは中神苑の蒼龍池のほとりの桜です。この辺りは点在しているかんじです。

臥龍橋

 蒼龍池にかかる臥龍橋です。この先にある珊瑚島まですすんでいけますが、普段はこの橋を渡ることはできません。この橋は秀吉時代の五条大橋と三条大橋の橋脚だったものです。池のほとりには茶店があり、ゆっくりと桜を愛でることが出来ます。

平安神宮神苑のしだれ桜平安神宮神苑のしだれ桜平安神宮神苑のしだれ桜

 こちらは東神苑です。この池は栖鳳池といいます。ここもしだれ桜が沢山植えられています。この辺りもあくまで控えめです。

平安神宮神苑の桜平安神宮神苑の桜

泰平閣

 栖鳳池の上に浮かぶのは泰平閣(橋殿)です。大正時代に御所から下賜されたもので、京都博覧会で使われたものです。後ろに見える華頂山が借景に使われています。

栖鳳池栖鳳池

 泰平閣からみた景色です。腰掛があるのですが、座れないようになっていました(昨年)。

栖鳳池のおともだち

 この神苑の桜は境内の桜とは盛りの時期が少しずれます。可能なら、二回に分けて行くといいと思います。

スポンサーリンク

紅しだれコンサート(ライトアップ)

 今年は4月の6、7、8、9日に行われます。この期間は境内、神苑がライトアップされます。演奏時間は各日とも18:40~19:20と演奏二回目 : 19:50~20:30です。入場料は2,000円です。(前売り券は1,700円)詳細は公式サイトでご確認下さい。
 私は実はまだ行ったことはありません。昨年も都合が合わず、行けずじまいでしたので、今年こそは行こうと思っています。後日、報告申し上げる予定です。いった人の話を伺いますととても幻想的だそうなので楽しみです。

 なんでも先ほどの栖鳳池が水鏡になり桜やライトアップが映り込むのだそうですが、色彩が綺麗なんだそうです。それに加えて音楽が聞こえるので(席に座って聞くのではなく歩きながら聞く)、他とはかなり違った印象だということです。私は今まで一度も日程の都合がつかなかったので行ったことがないのですが、今年は何とか都合をつけていってみようと思います。現在の桜のライトアップ第一位は東寺なのですが、もしかしたらこれを超えるかもしれません。

スポンサーリンク

2017 しだれ桜コンサート

2017平安神宮しだれ桜コンサート2017平安神宮しだれ桜コンサート

2017平安神宮しだれ桜コンサート2017平安神宮しだれ桜コンサート

2017平安神宮しだれ桜コンサート2017平安神宮しだれ桜コンサート

 今年は桜の開花がおそかったのですが、何とか最終日には間に合いました。幻想的な景色でした。

スポンサーリンク

平安神宮の周辺の桜

青蓮院~清水寺

疏水の桜疏水の桜

 平安神宮の近くには疏水が流れています。ここの桜は綺麗です。以前は疏水があまりきれいではなく、なんと申しましょうか、金魚の水槽の匂いがしたのですが、たしか今月頭くらいから汚泥の清掃をしていて、現在はすごくきれいになっています。写真ですと、濁っていますが、現在は澄んでいて、底が見えるくらいです。

青蓮院の桜

 疏水を超えて下がっていくと、青蓮院の桜が待っています。

知恩院の桜知恩院の桜

 さらに下がると知恩院の桜を見ることが出来ます。

清水寺の桜工事前の清水寺

 この後、円山公園から清水寺方面にすすんでいくのがおすすめです。所要時間は平安神宮~清水寺間で約1時間強です。
 平安神宮~清水寺間はバスで移動すると迂遠なので、この時期は桜を見ながら歩いていくのがおすすめです。

南禅寺~哲学の道

 

南禅寺の桜南禅寺の桜

哲学の道の桜哲学の道の桜

 疏水沿いに進んで、南禅寺~哲学の道方面に進むのもおすすめです。

スポンサーリンク

平安神宮の基本情報

名称 平安神宮

住所 京都市左京区岡崎西天王町97

電話 075-761-0221

FAX 075-551-0225

ウェブサイト 平安神宮公式ホームページ

拝観時間 6:00開門~閉門時間は季節により異なる。平安神宮公式ホームページ参照のこと。

拝観料 無料

所要時間 20分~

神苑 拝観料 大人 600円 小人 300円

所要時間 1時間~

近隣の主な観光地 岡崎神社、南禅寺、永観堂、真如堂、金戒光明寺など

スポンサーリンク

平安神宮へのアクセス方法

 各項の料金は一日乗車券等を使わずに現金で支払った場合の料金を示しています。所用時間は概算です。道路の混雑状況などにより、変化することがあります。

平安神宮のアクセスの特徴

 最寄りのバス停は岡崎公園 美術館・平安神宮前。バス停を通過するのは、5、46、100, 110の4系統のみで、アクセスがあまりよくありません。そのため、バス停は平日でも混雑していることが多々あります。

スポンサーリンク

JR京都駅から平安神宮へのアクセス方法

通常期のJR京都駅から平安神宮へのアクセス方法

運賃 230円

所要時間 35分 (バス30分+徒歩5分)

京都駅前バス停から市バス5100110系統に乗車。

 

岡崎公園 美術館・平安神宮前バス停で下車。

ハイシーズン、週末、連休のJR京都駅から平安神宮へのアクセス方法

運賃 460円 (地下鉄260円+市バス230円)

所要時間 35分 (地下鉄15分+乗換10分+市バス5分+徒歩5分)

市営地下鉄京都駅から地下鉄烏丸線、四条・烏丸御池・国際会館方面ゆきに乗車し、烏丸御池駅で東西線、六地蔵・浜大津方面ゆきに乗り換え。

三条京阪駅で下車し8番出口から地上に出て、三条京阪前バス停から岡崎ループに乗車。(空いていれば5系統も利用可。バス停の場所は同じ。)

 

岡崎公園 美術館・平安神宮前バス停で下車。

スポンサーリンク

阪急河原町駅から平安神宮へのアクセス方法

本ルートでは、通常期、ハイシーズン、土日の区別はありません。

阪急河原町駅から平安神宮へのアクセス方法

運賃 230円

所要時間 25分 (バス20分+徒歩5分)

阪急河原町駅で下車し、6番出口から地上に出て、四条河原町バス停から市バス46系統に乗車。

 

岡崎公園 美術館・平安神宮前バス停で下車。

スポンサーリンク

京阪祇園四条駅からから平安神宮へのアクセス方法

本ルートでは、通常期、ハイシーズン、土日の区別はありません。

京阪祇園四条駅から平安神宮へのアクセス方法

運賃 230円

所要時間 25分 (バス20分+徒歩5分)

京阪祇園四条駅で下車し、7番出口から地上に出て、四条京阪前バス停から市バス46系統に乗車。

 

岡崎公園 美術館・平安神宮前バス停で下車。

スポンサーリンク

他の観光地から

 こちらからご覧ください。

スポンサーリンク

予告編

 次回の日本語版は市内で一番綺麗な東寺の夜桜をご紹介します。本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね。
Follow me, BAAH!
Don't miss the latest article from Kyoto.
スポンサーリンク
京都観光 岡崎エリア
スポンサーリンク
フォローしてね/ Follow me, BAAH!
ヤギの京都観光案内/KYOTO GOAT BLOG
トップへ戻る