おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

京の桜と四季の愉しみ

スポンサーリンク

1.京の桜と四季

 皆様は今年はどんな思いで桜の花をご覧になりましたでしょうか?本日は、私と一緒に、京都の桜についてみていきましょう。しばらくお付き合い願います。

 

真冬

 まずは季節を冬に戻してみましょう。京都の冬というのは、底冷えがし、とても寒いものです。確かに、天気予報で東京と比較してみると、気温はさほど変わりません。しかし、体感温度は全く違います。四条通り(高低差がある市内で、比較的暖かいところです)を歩いているときの体感温度が、バイクで横浜を走っているときと同じような感覚です。また、関東地方では、冬場は晴れの日が多く空気も乾燥している日が多いと思いますが、冬の京都は曇り、または雨の日が多く、空気も湿気を帯びています。

 この寒さと天候のおかげで、冬場は陰鬱な気分になりがちです。特に寒さは身に沁みます。下賀茂神社の摂社に河合神社という神社があり、そこに鴨長明が住んでいた方丈を再現した建物があるのですが、暖房もない時代にさぞ寒かったろうと想像しました。一月は雪も降りますし、寒さが本格化し、冬本番といった趣です。そんな中、春の到来は大変待ち遠しいものです。

北野天満宮の早咲きの梅

 そんな中、春の到来を予感させるものとして、天神さん(北野天満宮)の早咲きの梅が通常ですと2月に咲き始めます。今年は、1月の時点で咲はじめていました。写真の日付を見ると1/22になっています。まだ書初めが展示してありました。天神さんの手水は井戸水なのですが、冬場は大変温かく、こんな時期にもう咲き始めたのか、と思った記憶があります。

 節分のころになると、さらに寒さが増します。本当に春がくるのかどうか不安になるくらいの寒さです。その後、ひな祭りに至り、やっと三寒四温が始まるような感じです。今年のひな祭りの日は、少し寒さが和らぎました。この辺りで、どうやら冬には終わりというものがあるようだな、と考えられるようになります。大げさな感じですが、本当にそんな感覚です。

 そして時をほぼ同じくして、天神さんの梅苑が公開されます。この時分に三寒四温の「温」の日に行きますと、やっと春の始まるんだな、と確信できるようになります。「東風吹かば 匂ひおこせよ梅の花」と菅公の歌にあるように、梅の香りに囲まれながら、お茶をいただきつつ辺りを見渡しますと、そこにいる人がみんな幸せそうです。この日、一条戻橋にいきましたところ、市内で最も早く咲くと言われる河津桜が満開になっていました。春はすぐそこです。

 3月も下旬になりますと、木屋町通にハナミズキが咲き始めます。この頃になりますと、だいぶ過ごしやすい日が続きます。この時期になると、円山公園の外れ(八坂神社の日吉社横の鳥居近く)の枝垂れ桜や、青蓮院の塀の外側にある桜が咲き始めます。寒の戻りがまだありますが、いよいよ春が来た感じがしてきました。

kitanotnmangu_ume

開花宣言

 八坂神社の境内に、美御前社(うつくしごぜんしゃ)という摂社があります。宗像三女神が祀られており、女性には特に人気の場所です。ここに「美容水」という湧き水が湧いています。この水は肌に良いということで有名です。参拝された方は皆、手に付けたりしています。この美容水には、不思議なことに、粘度が少しあります。片栗粉が少しだけ混じっているような感じでしょうか。冬場は湧き水ですので、暖かく、そしてこの粘度が高めです。ところが、3月の末になると、この水が冷たくなり、同時に粘度が下がります。これは毎日触っていると明確にわかります。私は、この美容水の温度と粘度が変わった日を春の到来としています。事実、その少しあと、桜の開花宣言が出されます。

biyousui

スポンサーリンク

2. 満開の桜

春の訪れ 

 開花宣言が出されると、完全に春の陽気です。晴れの日が続き、世界が再び始まる確信が持てます。そしてこの頃、春の到来の予感させたハナミズキは、その役目を終えたかのように花が落ちてしまいます。これはとても悲しくなりますが、同時に、私たちが常でない、移ろいゆく世界にいることを実感させてくれます。満開の時期は、桜の種類にもよりますが、四月の第一週前後、約一週間程度です。この後、市内の桜は散り、仁和寺の御室桜が咲きます。昨日(4/12)の時点で満開でした。今日は雨なので、幾何か散ってしまうかもしれません。一般的にはこの御室桜が市内の桜のトリと言われていますが、実は大トリが存在します。

sakura

北野桜

 天神さんの社務所の前に一本の桜の木があります。北野桜と呼ばれていますが、先ごろ、この北野桜が新種の可能性が高い、との発表がありました。この桜は咲始めは白いのですが、徐々にピンク色に染まっていきます。満開はもうすぐです。

kitanozakura

新緑の紅葉

 この時期、どうしても春の花に目が行きがちですが、実はもみじが咲き始めています。もみじは秋もきれいですが、実はこの時期のもみじもきれいで、これからが見ごろです。みなさんも身近なところで探してみてはいかがでしょうか。

momiji

季節の流れ

 4月は桜の季節と申しますが、私にとっては、桜も、そして我々も、間断なくつづく季節の一部なんやな、と感じる季節となりました。皆さまを何を感じましたか?少しでも楽しんでいただけたなら幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!してね。
Follow me, BAAH!
Don't miss the latest article from Kyoto.
その他
スポンサーリンク
フォローしてね/ Follow me, BAAH!
ヤギの京都観光案内/KYOTO GOAT BLOG
トップへ戻る