おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

kyotokankoyagi

おすすめ記事

三十三間堂は何mあるのか:名前の由来

本稿では三十三間堂の長さは桁行が三十五間(118.2m)です。間とは尺貫法の一間(約1.82m)のことではなく、柱と柱の間の空間の事です。三十三は御本像たる千手観音菩薩の三十三応化身に基づきます。
おすすめ記事

龍安寺は石庭の油土塀の葺き替え工事のため2021/12/6~2022/3/18まで拝観停止

龍安寺は石庭の油土塀の杮葺(こけらぶき)屋根の葺き替え工事のため、令和三/2021年12月6日(月)~令和四/2022年3月18日(金)までの期間、拝観が停止されます。本稿では、工事の対象たる杮葺と土塀につき、解説申し上げます。合掌。
おすすめ記事

嵐山祐斎亭のリフレクションライトアップとアクセス2021

本稿では、近年人気の嵐山の穴場、祐斎亭のリフレクション、ライトアップ、並びにアクセス方法を写真とビデオで詳細に解説いたします。
おすすめ記事

【京都の紅葉2021】おすすめモデルコース:高雄

市バスの均一料金適用区間が高雄にまだ拡大され、一日券で高雄まで行けるようになったこと、並びに、永観堂などの市内の名所と比較し、混雑の緩和が期待できることに鑑み、本投稿では、高雄の紅葉の名所たる高山寺、西明寺、神護寺を回り、最後に龍安寺に至るコースをご紹介します。
おすすめ記事

東福寺紅葉ライトアップ2021のみどころ

東福寺2021年秋の紅葉ライトアップでは、通天橋と方丈と四方の庭園(本坊庭園)、並びに国宝たる法堂、三門が公開される予定です。本稿ではこれらのみどころにつきビデオや写真を交えながら解説申し上げます。合掌。
おすすめ記事

京都の不断桜ランキングベスト5

不断桜とは一般に秋から春にかけて咲いている桜を指します。本稿では京都市内で不断桜を楽しめる場所をランキング形式で、実光院、地主神社、金戒光明寺、京都御所、勧修寺、赤山禅院に絞ってご紹介します。
おすすめ記事

京都観光モデルコース:人気スポット

本投稿では京都市内の人気の寺社、観光スポットを一日で周るコースを設定します。朝9時に金閣寺に参拝し、そこから、龍安寺、嵐山、伏見稲荷大社、八坂神社を訪れ、最後は夕暮れの清水寺に参拝します。
For International Readers

Sinbutsu Shugo :Shinto and Buddhism co-existence or fusion 神仏習合英語で説明

Shinbutsu Shogo (神仏習合) is a Shinto and Buddhism co-existence or fusion in Japan. It has over 1,600 years of history.
ライトアップ

清水寺千日詣り2021のご利益

清水寺の千日詣り2021は8月9日から16日まで開催され、一回の参拝で千回参拝したときと同じ、所願成就、病気の平癒、恋愛成就などのご利益を得ることができます。14日から16日までは夜間拝観(ライトアップ)があるので、宵詣りも可能です。
おすすめ記事

東寺夏のライトアップ2021チームラボ「光の祭」

本稿では、2021年8月6日(金)~9月19日(日)に東寺で開催される夏のライトアップ「光の祭」(チームラボ)につき解説申し上げます。
祇園祭

疫神社夏越祭と茅の輪守の作り方: 祇園祭2021

祇園祭の最終日、7月31日に斎行される疫神社夏越祭の後、参拝者は鳥居に設けられた茅の輪をくぐり、いただいた茅で茅の輪のお守りを作り、一年間の無病息災を祈願します。本稿では右の意義、並びに茅の輪のお守りの作り方につき紹介申し上げます。合掌。
For International Readers

Aomomiji night illumination in Tofukuji temple 2021 東福寺の青もみじライトアップ英語で説明

Tofkuji is one of the most famous place to admire autumn leaves in Kyoto. In 2021, it provides us with the first Aomomiji night illumination for the first time in its history. I'll show you what's going on there, 合掌
おすすめ記事

東福寺青もみじと国宝ライトアップ2021

2021年、東福寺では史上初の国宝、並びに青もみじのライトアップが開催されます。本投稿ではライトアップされる国宝の三門や洗玉澗や通天橋の青もみじの楽しみかたなど、詳細に紹介申し上げます。合掌。
For International Readers

Ao Momiji /Green Maple night illumination in Ninnaji temple in Kyoto 2021 仁和寺青もみじライトアップ英語で説明

In 2021, Ninnaji temple provides us with Ao Momiji /Green Maplenight illumination. In this artilcle, I'll show you the way to enjoy it, 合掌。
おすすめ記事

仁和寺の青もみじライトアップ2021:みどころや限定御朱印などを詳細解説

2021年、仁和寺で初の青もみじライトアップが5月21日~7月25日の金土日祝に開催されます。本稿では、ライトアップの楽しみ方、御室さくらんぼや金堂などのみどころ、限定御朱印などごご紹介します。
祇園祭

祇園祭2021:山鉾巡行はいつからはじまったのか?山鉾の歴史

祇園祭では、鉾町から出され、疫神を集め、祭の高揚に寄与する山鉾巡行が有名です。右の特色を具備した山鉾の巡行が開始されたのは南北朝時代にまで遡りますが、1152年前の祇園御霊会から、これらを胚胎する事物が散見されます。本稿では山鉾が誕生する経緯につき解説申し上げます。
For International Readers

When did Yamahoko Parade start? : A short history of Yamahoko parade

Introduction Gion Matsuri festival is famours for Yamahoko floats and their parade lures lots of people to the ancient ...
おすすめ記事

奈良の青もみじランキングベスト3

新緑の時期になりますと、所謂”青もみじ”が取り上げられることが多くなってきました。そこで、奈良の青もみじベスト3をランキング形式でご紹介します。
For International Readers

How can we tell apart Hoko, Yama and Yatai in the Yamahoko parade of Gion Matsuri festival?

In Yamahoko parade of Gion Matsuri festival, we can find 35 Yamahoko floats. We have three kinds of them: Hoko, Yama, and Yatai. In this article, I'll show you the way to tell apart them easily.
おすすめ記事

祇園祭の山鉾の違いと区別の仕方

祇園祭の山鉾巡行には前祭、後祭併せて、合計35基の「山鉾」が登場します。この「山鉾」は、鉾、山、屋台により構成されますが、屋根の上にある木で区別しますが、実際にはこれだけに止まるものではありませんので、「山鉾」の区別につき詳細に解説申します。
おすすめ記事

京都の桜2021:各地の混雑状況予想

2021年は所謂コロナ禍での初めての本格的な桜シーズンとなり、混雑の予想がつきません。そこで、京都で桜をたのしめる社寺、公園などの混雑状況につき、混雑状況、内部の広狭、ライトアップの有無、早朝拝観の有無につき、コロナ前の状況に基づき、一覧表でご紹介します。
おすすめ記事

京都の桜2021:おすすめ早朝拝観ランキングベスト10

2021年の京都は昨年に引き続き、コロナ禍での桜シーズンを迎えます。都三県で緊急事態宣言が解除されることから、本年はある程度の混雑が予想されます。そこで、空いている早朝から桜を鑑賞できる場所をランキング形式でご紹介します。
おすすめ記事

京都の桜2021:混雑を避けられる穴場ランキング

京都の桜を2021年に楽しむ上で、昨年から続く新型コロナウイルスの脅威に鑑み、混雑を避けられそうな穴場をランキング形式で6位までご紹介します。所謂ソーシャルディスタンスや三密などが回避できそうな場所を挙げていますが、必ずしもこれらの確保を保証するものではありません。
おすすめ記事

東大寺大仏殿の歴史と構造:和様と大仏様など詳細解説

奈良の東大寺大仏殿は過去2回焼失し、江戸時代に規模を縮小して再建されました。本稿では大仏殿の歴史、構造、和様と大仏様の違いなど詳細に解説します。
Enthronement/即位

Kigen Sai of Kashihara Jingu celebrates the birth of Japan 橿原神宮の紀元祭英語で説明

Kigensai festival (紀元祭) is a ritual to celebrate the birth of Japan. According to Nihon Shoki,『日本書記』Emperor Jinmu (神武天皇) became the 1st emperor of Japan in 660 B.C. at a place known as Kashihara Jingu shrine today. In this article, you can learn about how Japan started and Kigensai.
Enthronement/即位

橿原神宮紀元祭2021と神武天皇と日本のはじまり:皇紀2681年はコロナで中止

紀元祭とは、毎年2月11日に全国の神社で斎行される我が国の建国を祝う祭典です。紀元前660年の同日の神武天皇が橿原宮での即位をもって我が国の誕生し、本年は皇紀2,681年です。本投稿では神武天皇の即位までの経緯、橿原神宮と紀元祭の様子をご紹介します。
For International Readers

What’s goin on in Kyoto? In January, 2021 With COVID-19

In this post, I'll show you what is going on here in Kyoto. The original one, written in Japanese, is posted in last March. Since then, I have revised it for nearly a year. It is a long article and I can't translate it right now. So, I will do that in anti-chronicle order gradually.
For International Readers

Gozu Tenno and Yasaka shrine: He is still alive in the fear of COVID-19 牛頭天王英語で説明

Gozu Tenno is a Deity enshrined in Gion sha, the former Yasaka shrine. Gion matsuri is started oh his story and its still alive in the fear of COVID-19.
おすすめ記事

牛頭天王と八坂神社:疫病退散とコロナのご利益

牛頭天王とは、祇園社、即ち現在の八坂神社の御祭神である素戔嗚尊と習合していた神様です。疫病退散のご利益があると伝えられ、明治元年に神仏分離令が発せられるまでは我が国で遍く信仰されていました。本稿ではこの牛頭天王と疫病やコロナに対するご利益につきご紹介します。
For International Readers

Yasaka shrine is to be designated as a National Treasure

Yasaka shrine is to be designated as a National Treasure because of the Gion Zukuri method which tells us the relationship between the hall and the religious phenomena in medieval Japan
スポンサーリンク
トップへ戻る