おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

京都金閣寺の歴史、見所、内部を画像付きで世界一詳細かつ簡単に説明

スポンサーリンク

金閣寺の歴史

金閣寺 a.k.a. 鹿苑寺/舎利殿を立てた人物

kinkakuji

金閣寺全体の正式名称は「北山鹿苑寺(ほくざんろくおんじ)」といい、上の写真の金色の建物は「舎利殿」若しくは「金閣」とよばれます。臨済宗相国寺の境外塔頭寺院で、室町幕府三代将軍、足利義満により建立されました。義満の死後、鹿苑院太上天皇(ろくおんいんだいじょうてんのう)という諱に基づき、「鹿苑寺」と名付けられました。金閣寺(舎利殿と庭園)は北山文化を代表する建築で、1994年に、世界遺産に登録されました。

金閣寺の歴史のはじまり

鎌倉時代

今日「金閣寺」と呼ばれている場所は、かつては西園寺家が所有する「西園寺」という名前の寺院(1224年建立)でした。西園寺家は平安時代の公家で、西園寺公望は西園寺家の末裔です。13世紀、鎌倉幕府滅亡とともに失った地位の回復を図るべく、後醍醐天皇をこの西園寺で亡きものにし、新たな天皇を即位させようとしますが、親類の密告により計画が露見、処刑され、財産を没収されます。

室町時代

この事件の後の1397年、当時絶頂にあった足利義満が譲り受け、「北山殿(きたやまどの/きたやまでん)」という居所を立てます。この北山殿は御所にも比肩しうるほどの大邸宅でした。当時、義満は形式的には子の義持に将軍職こそ譲っていましたが、政治的権力を手放すことはせず、北山殿でこれを行使しました。(ちなみに北山殿はよく耳にする「花の御所」のことではありません。花の御所は現在の京都御苑の北側、今出川駅の付近にありました。)

この北山殿「会所(人があつまり会合などを行う場所の意味)」として機能し、五山文学などで有名な「北山文化」の語源となっています。北山文化は公家と武家文化の融合と呼ばれていますが、この特徴は舎利殿にも表れています。(後ほど詳しく説明いたします。)

戦国時代

この後、15世紀には有名な応仁の乱(1467-1477年)により京都の大半が消失しますが、金閣寺は西陣に近かったため、仏像を焼失するなどの被害にあっています。

明治時代

1868年、明治政府による神仏分離令とそれに続く廃仏毀釈により、他の寺院同様に、金閣寺もそれまで有していた特権と経済的基盤を失います。

昭和時代

この後、金閣寺は拝観料などで収入を確保しつつ、国宝や特別名勝に指定されるなど、していましたが、1950年(昭和25年)の7月に修行僧の放火により、舎利殿や内部の仏像などを消失します。この事件に取材したのが、三島由紀夫の小説『金閣寺』です。

放火後、金閣寺は国宝の解除を受けます。これは、法律上、国宝に指定されたままだと立て直しができないからです。

例を挙げますと、上賀茂神社の本殿と権殿(本殿に何らかの理由で使えない場合に使う仮の本殿)は国宝に指定されています。上賀茂神社も本来は式年遷宮の都度建て替えますが、現在では建物を建て替えることはできず、代わりに屋根の吹き替えを以って式年遷宮に代えています。

話を元にもどしますと、金閣寺は鳳凰や、扁額、柱などを残してほぼ全焼してしまったので、国宝解除の後、再建がおこなわれました。平成になってからも金箔の張り替えなどが行われています。金閣寺は世界遺産に登録されていますが、国宝には指定されていないのはこのような理由によります。

その後、1994年には「古都京都の文化財 Historic Monuments of Ancient Kyoto (Kyoto, Uji, and Otsu cities 」として世界遺産に登録されました。

スポンサーリンク

金閣寺の見所

舎利殿

kinkakuji紅葉の銀閣寺

「金閣寺」と言われたときに一番最初に思い浮かぶ建物ですが、正確な名称は「舎利殿(しゃりでん)」といいます。「舎利」とはお釈迦様の遺骨のことです。

ご覧の通り、金閣寺(舎利殿)は金色で、銀閣寺は銀色ではありません。銀閣寺には以前ご紹介したように、銀ははってありませんし、貼られたことすらありません。

他方 、金閣寺には金が貼られています。1950年の放火による焼失前の金閣寺は現在の一階の部分の屋根がない構造の三階建てでした。当時少なくとも三階部分には金箔がのこっていました。(ただし、現在のように綺麗な状態ではありません。なお、二階部分については金箔が貼ってあったかどうかは争いがあります。)

焼失後の大改修では、二階と三階部分に金箔が貼られますが、10年ほどで剥がれ落ちてしまいました。これは金箔にある目に見えない穴から紫外線が侵入し、下地の漆を侵食したいた頃が原因でした。これを克服すべく、1986年から翌年にかけて行われた「昭和の大改修」では、それまでの5倍の厚さの金箔が用いられました。大きさは約10.8センチ四方で、これが約20万枚使われました。重さにして約20キロです。現在の価格ですと、約一億円くらいです。漆は浄法寺漆という岩手県産の漆が使用されました。この漆は中尊寺金色堂など、国宝クラスの建築物の再建にもちいられる有名な物です。

金閣寺(舎利殿)の構造

以下でご紹介する金閣寺の内部の写真は境内のおみやげ屋さんでかった絵葉書を撮影したものです。内部を拝観することはできません。

kinkaku

法水院 (一層)

蔀戸

一階は法水院(ほうすいいいん)と呼ばれ、寝殿造になっています。寝殿造とは平安時代の貴族の邸宅の様式のことです。先ほど、北山文化は公家と武家の文化の融合と申し上げましたが、その特徴の一つを垣間みることができます。

外から見てわかる特徴としましては、半蔀(はじとみ)が挙げられます。半蔀とは蔀戸(しとみど)が変容したものです。上の写真は大覚寺の半蔀です。柱の間に雨戸のようなものがあるのがお分かりかと思います。”Upper part”と書かれている部分が外側に開き、フックで吊るしてあります。”Lower part” とかかれた部分は柱の溝にさしこんであります。扉が壁を兼ねており、内と外を明確に区別しない日本家屋の特徴を備えています。半蔀は重さが80キロくらいあり、一人で開閉することはできず、御所では女官が二人掛かりで開け閉めをしていたようです。

蔀戸とは半蔀のように上下に分かれておらず、かつ、ふすまがありません。故に、半蔀のように外側に開けるのではなく、内側に開けていました。

 

法水院

これが一層内部の様子です。普段から半蔀があげてあります。左側に見えるのが、足利義満像、隣が宝冠釈迦如来像です。法水とは、煩悩を洗い流す水のことです。

後ほどご紹介いたします、「金閣寺紅葉ツアー」のビデオでもっと拡大した様子をご覧いただけます。

漱清院

金閣寺漱清院

釣殿とも呼ばれます。もともとはもうすこし離れたところにある大きな建物だったようですが、現在は舎利殿の裏側から見えます。(他の場所からはなかなか見えません。)船をつけたり、涼をとったりするところです。

潮音洞 二層

金閣寺

二層は潮音堂(ちょうおんどう)と呼ばれます。真実が海の音のように遠くからやってくるという意味です。武家造になっています。舞良戸(まいらど)という板でできた引き戸があります。蔀戸とは異なり、一人で開けられます。今日の引き戸とあまりかわりありませんね。有事にはすぐに飛び出していけます。

潮音閣内部潮音閣天井

内部には岩屋観音と四天王像が安置されています。

究竟頂 三層

究竟

三層は「究竟頂(くっきょうちょう)」と呼ばれます。「究極」という意味です。禅宗仏殿造とよばれる、禅宗の寺院の建築様式です。漆塗りの床を除き、柱から天井に到るまで金箔が貼られています。天井には約3,000枚の金箔が貼られていますが、これらはたった1日で貼られたものです。

究竟頂扁額

金閣寺鳳凰

舎利殿そのものは、焼失するまでは、北山殿時代からのたてものでしたが、この扁額と鳳凰だけは、たしか修理のために取り外されていたため、難を逃れました。

扁額は後小松天皇が書いたものです。鳳凰は古代の中国で瑞鳥(吉兆の前触れ)とされて想像上の鳥です。ちなみに一万円札に描いてある鳳凰像は平等院の鳳凰です。

金閣寺の三層は義満の考えを表している?

これまで見たきたように、金閣は一層は寝殿造(公家)、二層は武家造、そして三層は禅宗様式となっています。これは、一説には、義満の当時に日本における理想の階層を示しているとも言われます。

当時は公家は衰退に向かっていて、代わりに武家が勢力を拡大した時代でした。義満を例にとってみると、妻は准母(天皇の母に擬制された女性のこと)となり、子の義嗣を天皇の養子にし、退位させて自分は上皇になろうとしていたとも言われます。これはあながち見当違いでもないようで、義満の諱なぜか「鹿苑院太上天皇」です(「太上天皇」とは譲位した天皇などに冠せられる尊号であり、将軍といえども冠することはできません。ちなみに金閣寺の正式名称は「鹿苑寺」といいますが、この諱からとっています)。どういう意味があるのでしょうか。ちなみにそんな計画を立てていた矢先、義満は急死しています。ただし、この諱は相国寺のものです。そもそも、この諱は朝廷が贈ったものであり、義持は辞退しています。

水鏡

東寺の紅葉2016

水鏡とは、文字通り池などを鏡面に見たてることです。

金閣寺の紅葉2016

金閣寺の前には「鏡湖池(きょうこち)」と呼ばれる池があります。水面が穏やかな日ですと、ご覧のように池に映る舎利殿を見ることができます。

見返り金閣

金閣寺の紅葉金閣寺の紅葉2016

金閣を背後から見ることを「見返り金閣」と呼びます。金閣でも桜や紅葉を楽しむことができますが、正面からは桜や紅葉は視界に入ってきません。この位置ですと、衣笠山が背後に見え、特に紅葉の時期にはご覧のような景色を見ることができます。

スポンサーリンク

その他の見所

kinkakuji map

上の写真の地図に番号が振ってありますので、以下、参照しながらお読みください。

舎利殿へのアプローチ

金閣寺の紅葉2016

金閣寺入り口から入ってすぐのところですが、ここは秋になると紅葉がとても綺麗です。ここも外れがない場所の一つです。ということは、晩春から夏にかけての青もみじもきれいということです。(地図上1番)

総門

five commandments of Kinkakuji

臨済宗のお寺の正門のことです。我々もここから入ります。心して参拝しましょう。(地図上2)

舎利殿

kinkakuji

(地図上3)

鏡湖池

鏡湖池

金閣寺の前にある池です。北山殿時代の名残です。金閣寺はこの池を中心とした池泉回遊式庭園になっています。向かって右側には衣笠山が見え、借景になっています。

方丈庭園

金閣寺方丈庭園

ここは見逃しがちなところですが、金閣寺も臨済宗の禅寺なので、方丈庭園があります。

変わった形の松は「陸舟の松(りくしゅうのまつ)」いい、義満の盆栽だった松を育てたものと言われます。後水尾天皇手植えの侘助椿もあります。(地図上4)

銀河水

金閣寺 銀河水

義満がお茶の水を汲んだと言われます。(写真5)

龍門の滝

龍門の滝

中国の黄河上流にある龍門という渓谷にある三段の滝を登りきった鯉は龍になるという、中国の故事に基づく滝です。これにちなみ、龍門爆とよばる庭園の滝の形式に属します。”Carp stone” と書いてるのは滝を登る鯉を表した「鯉魚石(りぎょせき)」と呼ばれる石です。(地図上6)

安民沢

安沢民

ここはもともとは西園寺家の邸宅があったところですが、現在では池の小島に白蛇(西園寺家の守護神)のパゴダがあり、池の辺りにはお地蔵さんがいます。(地図上7)

夕佳亭

金閣寺佳亭

「夕佳亭」とは夕方にいい景色がみられる家という意味です。

夕佳亭の床柱【2017】 京都の雪景色 詩仙堂

床柱には南天の木が使われています。このように太い南天は大変珍しい物です。数寄屋造(茶室風の簡素な住居のこと)で金森重近(野々村仁清を見出した、宗和流の祖)好みと言われます。(地図上8)

不動堂

不動堂

金閣寺に現存する一番ふるい建物です。弘法大師が作ったとされる石不動明王や不動明王立像などがあります。普段は非公開ですが、節分と送り火の日に公開されます。(地図上9)

この記事が気に入ったら
いいね!してね。
Follow me, BAAH!
Don't miss the latest article from Kyoto.
スポンサーリンク
京都観光 金閣寺エリア
スポンサーリンク
フォローしてね/ Follow me, BAAH!
ヤギの京都観光案内/KYOTO GOAT BLOG
トップへ戻る