おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

上賀茂神社の見どころと歴史的観点から解説しますよ。

スポンサーリンク

上賀茂神社のみどころ

歴史的観点

上賀茂神社の正式名称は「賀茂別雷神社(かもわけいかずちじんじゃ)」といいます。「別」とは「若」の意で、「若く正気のみなぎる雷」という意味です。雷とは大和言葉の「かみなり」は「神が鳴らす i.e. 神鳴り」に語源を持ちます。雷とは古来より畏怖の対象でした。例えば、菅原道真の怨霊は雷と結びつけられ、北野天満宮に祀られています。

上賀茂神社は、現在の京都の一部を支配していた「賀茂氏」という氏族の祖神たる「賀茂別雷大神(かもわけいかずちのおおかみ)という神様が祀っています。

平安京遷都以前、現在の京都がまだ山背国(奈良から見て山の後ろにあったのでこう呼ばれていました。平安京遷都に伴い、天然の城市のようだったので、「山城国」と改められます。)だったころから存在する、京都最古の神社の一つです。

神山

社伝によると、神代の昔、本殿から見て北北西に位置する神山(こうやま)とよばれる山に賀茂別雷大神がご降臨になり、天武天皇の御代(8世紀)に現在の社殿が整えられたと伝えられます。

また、『山城国風土記』によれば、賀茂川から流れてきた丹塗りの矢(本殿の写真を御参照ください)を玉依毘売(たまよりびめ)が床の上に置いておいたところ、懐胎し、生まれて来たのが賀茂別雷大神です。

このように、元来は賀茂氏の信仰の対象でしたが、平安京遷都後は二十二社として、皇城の鎮護社の一つと鳴ります。

二十二社とは、平安時代の神社の社格で、国家の一大事に際して、朝廷から特別の奉幣をうける神社がこれに当たります。奉幣とは、天皇の命により幣帛を神社などに納めることです。幣帛とは神様への捧げもののことです。例えば、葵祭の幣帛は布です。二十二社のなかで、上賀茂神社(下鴨神社と共に、「賀茂社」と表記されています。)は伊勢神宮、石清水八幡宮に次いで3番目に位置します。(この三社は別格扱いです。)

また、『延喜式(今日でいう法律の施行規則のようなもの)』では名神大社に列せられます。名神大社とは霊験が顕著な神社のことです。

二十二社の制度は室町時代後期には機能しなくなり、奉幣は途絶えます。しかし乍、明治時代になると、勅祭社(祭の際に天皇の勅使が遣わされるもの)が定められ、上賀茂神社もこれに含まれます。葵祭では今日でも勅使が遣わされます。(ただし、行列の勅使代は勅使ではありません。)

現在では、国宝二棟、重要文化財四十一棟を有し、1994年にはその歴史的価値から、世界遺産に登録されました。

御神紋

葵祭2016

葵とは『会う「ひ」』という意味で、「ひ」とは神様を表すそうです。(上賀茂神社ホームページより)

上賀茂神社と八咫烏(やたがらす)

上賀茂神社の八咫烏おみくじ

賀茂氏の始祖、賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)が、神武天皇が大和国に入った時、八咫烏に姿を変えて導いたとの神話から、上賀茂神社と八咫烏には深いつながりがあります。(写真は八咫烏のおみくじ)

久我神社

賀茂建角身命は上賀茂神社の境外摂社、久我神社に祀られています。

スポンサーリンク

建造物

本殿 (国宝)

上賀茂神社本殿

本殿は流造(簡単に申しますと、屋根の前側がびよ〜んと伸びている造り)の典型として国宝に指定されています。(写真は模型です。上賀茂神社の本殿は撮影できません。)

しかし、上賀茂神社で特筆すべきことは、本殿が二つあることです。正確には本殿と権殿(ごんでん。「権」とは「仮」のような意味です。)という二つの建物があります。

本殿は他の神社と同様に神様が降りてくる建物です。上賀茂神社の場合も本殿は他の神社と同様です。この本殿の左隣に権殿があります。権殿は何らかの理由で本殿が使えない場合に用いられる、仮の本殿のことです。たとえば、式年遷宮の場合、本殿建て替え時には、権殿に神様を安置します。ちなみに、上賀茂神社は国宝に指定されているため、金閣寺の投稿で申し上げましたように、法律上、建て替えはできません。そこで、屋根の葺き替えを持ってこれに替えています。直近の建て替えは1863年です。尚、上賀茂神社の式年遷宮は伊勢神宮に敬意を表し、一年遅れで行われます

権殿は本殿と同様の機能を有するので、構造、調度品にいたるまで、寸分違わず本殿と同じです。

上賀茂神社

この本殿と権殿は普段の参拝では見えません。写真の門(中門)のところから遥拝します。お正月や祈祷など、特別の機会にのみ、近くまで行けます。

白馬奏覧神事

上の写真は後ほどご紹介いたします、白馬奏覧神事の様子ですが、神山号(馬)がいるのは中門の先(中)で、神山号の前に本殿があります。我々もお正月など特別の機会には神山号と同じところまで行けます。

のちほどビデオをご覧になっていただければお判りになるかと思いますが、神山号の前にはお賽銭をいれるところがありますが、これは廊下のようなところの上にあります。(巫女さんはここに座って神山号に大豆をあげています)そして、その先に白砂を敷いたところがあり、そのさらに先に本殿があります。

この白い砂のところは、確か天皇陛下しか入れない場所です。式年遷宮の一環でこの砂を敷くという行事があり、この時、本殿のほぼ真正面に行った記憶があります。おそらく本殿のすぐ近くまで行けるのはこの機会くらいしかないはずです。日本の庭園の原型は、砂(もしくは玉砂利や小石)を敷いて他と区切った祭祀のための場所ですが、ここはそれが保存されている例です。

他にも、京の夏の旅などのキャンペーンの時にも近くまで行けます。

上賀茂神社の狛犬(コマさん)上賀茂神社の狛犬(コマじろう)

この本殿と権殿には調度品の狛犬(たしか金と銀)が置いてあり、昔都でわるさをしていた狛犬を封じ込めたものであり、扉にはこれらの狛犬の絵が書いてあるのですが、この絵はロウソクの灯りで扉い映った影をなぞって描いたと伺った記憶があります。

結界

葵祭2018

上賀茂神社の境内にはならの小川という川が本殿を囲むようにして流れていますが、これが恐らく結界になっています。ならの小川のほとりには後ほどご紹介します、橋殿(上の写真)があります。普段は一般人でも本殿の近くまで行けますが、葵祭の時は、勅使ですら、ここを超えることはできず、畳の上までしか行けません。

橋殿 a.k.a. 舞殿(重要文化財)

上賀茂神社橋殿上賀茂神社橋殿

御手洗川の上にまたがる、建物です(写真左側)。夏越の祓えで人形をながしたり、白馬奏覧神事では神山号がここから本殿を遥拝したりします。

土屋(つちのや) (重要文化財)

上賀茂神社土屋葵祭2016

元来は、著到殿(ちゃくとうでん)という、神職が装束などを整える場所でしたが、現在では祓え所として機能しています。

岩上(がんじょう)

岩上

神聖ば場所故、撮影していないので、写真をご覧ください。賀茂祭(葵祭)では、宮司が勅使が奏上する御祭文に返祝詞をする場所です。岩ですが、普段から参拝する人が絶えません。

葵祭2016内蔵使

黒い服の人が勅使(代)、赤い服の人が胸に入れているのが、御祭文です。

上賀茂神社橋殿

勅使は先ほどご紹介しました、橋殿の中ほどまで進み、そこに座し祝詞を奏上します。宮司はその先にある岩上から祝詞を返します。

細殿

上賀茂神社の立砂

天皇の行幸、斎王などの到着の際に用いられた建物です。今日では結婚式などがここで行われます。尚、上賀茂神社で結婚式をすると、証明書がいただけます。

立て砂

上賀茂神社の立て砂

細殿前にある砂の山は先程もうしあげました、神山を模したものです。鬼門にまく(置く)盛り塩の起源となったものと言われます。東側に二本、西側に三本の松の枝がさしてあり、それぞれが陰と陽を表わします。細殿の写真左側の立て砂の先に、台のようなものが見えますが、ここに、清めの砂が置いてあります。初穂料500円。尚、「お札・お守り授与所」にも置いてあります。

楼門 (重要文化財)

上賀茂神社楼門

昨年秋に工事が終わりました。5、60年前までは、一般人はこの前まで来ることすらできなかったということです。

片岡社(片山御子神社)

片岡社片岡社の絵馬

先ほど申し上げました、上賀茂神社の御祭神、賀茂別雷神の母神の玉依毘売(たまよりびめ)が祀られています。その重要性故、計24の全摂末社の中でも第一摂社として、例祭の際にはいの一番に祭祀が行われます。玉依毘売は賀茂一族では最高決定権を有する女性で賀茂別雷神に遣えていたと言われています。縁結びのご利益があり、紫式部の絵馬がたくさん奉納されています。ハート形をしていますが、上賀茂神社の御神紋たる葵の形を模したものです。

白馬奏覧神事2018

写真は白馬奏覧神事の様子ですが、片岡社に向かって一礼してから玉橋を渡ります。

片岡社の美鈴神楽鈴

片岡社の御鈴は神楽鈴を模したものになっています。

紫式部歌碑

古から縁結びのご利益で知られており、紫式部もよく訪れていたそうです。少し離れたところに歌碑があります。

これは新古今和歌集の中の、

賀茂にまうでて侍りけるに、人の、郭公(ホトトギス)なかなむと申しけるあけぼの、片岡の梢をかしく見え侍りければ

ほととぎす声待つほどは片岡の杜のしづくに立ちや濡れまし

という部分にある一首です。

意味は、賀茂社に参拝していたところ(時間は早朝なので、すくなくとも夜明け前からいた)一緒にいた人が「ホトトギスがなかへんな」といわはった早朝(夜が開け始まる時)に、片岡の森がきれいだったので(詠んだ)

ホトトギスの鳴くのを待つ間は、片岡の森の朝露の雫にぬれてまっていようか

という意味です。

新宮神社

新宮神社

後ほどご紹介しますが、貴船神社は明治以前は上賀茂神社の境外摂社でした。新宮神社には貴船神社の御祭神たる高龗神(たかおかみのかみ)という水の神様が祀られています。これは洪水などで貴船神社に参拝できないときに遥拝するために設けられたという経緯によります。普段は参拝できず、毎月第二、第四日曜日のみに参拝できます。

巫女神楽/ Miko Kagura

同日には、賀茂の舞と呼ばれる巫女神楽が舞われ、成就祈願をしてもらえます。

新宮神社御朱印

また、新宮神社の御朱印もいただけます。初穂料300円。

片岡橋 玉橋

片岡橋

上賀茂神社片岡橋上賀茂神社片岡橋

片岡社の前にあります。ここは普段から通行可能です。

玉橋

上賀茂神社玉橋上賀茂神社玉橋

普段は立ち入れないようになっていますが、特別の機会にはしめ縄が解かれますが、一般の参拝者は渡ることはできません。

須波神社 (重要文化財)

須波神社片岡社

片岡社のすぐ隣にあります。生井神(いくいのかみ)、福井神(さくいのかみ)、綱長井神(つながいのかみ)、波比祇神(はひきのかみ)、 阿須波神(あすはのかみ)という五柱の神様が祀られています。これらの神様は平安時代の神祇官(太政官という今日でいう三権を統合したような機関のさらに上の機関)という宮中の祭祀を司る機関で祀られていた神々です。

楽屋(がくのや)a.k.a. 一切経楽屋 (重要文化財)

上賀茂神社楽屋葵祭2016

明治以前、神仏が習合していた頃に供僧方(僧侶)がつかっていた建物です。供僧とは神宮寺(神事を仏式で行う、神社に付属する寺院。上賀茂神社では、後述申し上げます渉渓園がある場所にありました)の僧です。今日では、いろいろなものの展示などに使われています。

渉渓園

上賀茂神社渉渓園

先ほど申し上げましたが、神宮寺のあった場所です。かつて1182年より上賀茂神社で行われたいた、曲水宴を復活させるべく、昭和35年(1960年)に現皇太子殿下のご誕生を祝い庭園がつくられました。

賀茂曲水宴2017賀茂曲水宴2017

曲水宴とは、庭園の中の小川ぞいに着座し、自分の前に杯が来るまでに歌を詠むものです。

賀茂曲水宴2017

曲水宴は現在では「賀茂曲水宴」と呼ばれ、毎年、4月の第二日曜日に開催され、前年の斎王代が奉仕します。

こんな風に流れてきます。

願い石 a.k.a. 陰陽石

願い石上賀茂神社渉渓園

渉渓園内にあります。現在渉渓園がある場所には、かつては片岡社の神護寺というお寺がありました。このお寺にはかつて龍がすむ池があったと言われ、その池の底から出土したと伝えられる石です。陰陽を表していて、両手で触れた後、左側にある賀茂山口神社に参拝すると願いが叶うと言われます。

睦の木

睦の木

樹齢約300年の木(スダジイ)です。一つの根から三本の木が生えているので、仲睦まじい家族を象徴していると言われます。

賀茂山口神社(沢田社)

上賀茂神社渉渓園

渉渓園の外側にあります(写真左奥)御歳神という、田畑の守護神を祭ります。

神馬舎

神山号

神馬は神様が乗る馬として、奉納されましたが、今日では神馬を有する神社はあまり多くありません。上賀茂神社には先ほどから登場いただいている、「神山号」という神馬がいて、週末や祝日、その他イベント時に、神馬舎で会うことができます。

神馬おみくじ

人参をあげたり、おみくじを引いたりできます。初穂料500。

神山号にニンジンをあげるとこうなります。

トップへ戻る