おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

清水寺の大黒様:出世大黒天のご利益と由来

スポンサーリンク

概説

清水寺に行かれたことのある方は、轟門をくぐって本殿に向かうと、黒い大黒さんがいらっしゃるのを覚えておいでかと思います。本日はこの大黒さん(出世大黒天)の由来、ご利益などについてご紹介します。

スポンサーリンク

大黒天とは?

清水寺の出世大黒天

大黒天とは、所謂七福神の内の一柱で、福徳・財運などをつかさどります。「天」とあるように、所謂天部(仏法を守護する諸尊)に属します。ヒンズー教のシヴァ神の化身、マハーカーラが仏教に取り入れられたものです。マハーカーラとは、大(マハー)黒(カーラ)という意味で、これがそのまま日本語になり、「大黒天」とよばれます。音が似ていることなどから、大国主神と習合しました。

大黒天

元来は、破壊と創造の神であり、我々がよく知る柔和な表情とは異なり、忿怒の相をされています。その後、仏教の守護神となり、破壊と創造という特質から、戦闘と生産をつかさどる神とされ、そこから、財福・豊穣の神とされ、やがて厨房の守護神とされるようになりました(写真は雲龍院の大黒天像ですが、実際に台所に祀られています。)。その後、戦闘や破壊の側面は消えて、財福・豊穣の側面が残り、現在、我々がよく知るようなお姿になられます。

スポンサーリンク

出世大黒天のご利益

財運

清水寺の出世大黒天

先述の通り、財福の神とされました。大黒さんが持っている打ち出の小槌からは、ひと振りするだけで、財宝など、思い通りのものが出てきます。また、背中に背負っている袋には、七宝が入っています。七宝とは、『法華経』では金、銀、瑪瑙、瑠璃(はり。水晶のこと)、硨磲(しゃこ。シャコガイの貝殻のこと)、真珠、玫瑰(赤い玉)を意味します。簡単に言うと、たからもののことです。

八坂神社の祇園えべっさんの折には、大国社にお参りした際、打ち出の小槌を振ってもらえます。また、清水寺の境内にある、地主神社では、自らふることができます。

五穀豊穣

なんでも出てくる打ち出の小槌から、食糧に困らない、五穀豊穣などの意味が出てきます。大黒さんはよく米俵にのってますね。

出世・商売繁盛

財運、五穀豊穣などが拡張解釈され、出世や商売繁盛といった意味がでてきます。

縁結び

大国主命と習合しているため、縁結びのご利益があります。大国主命が因幡の白兎を助けた際の逸話に基づきます。詳しく知りたい方は、八坂神社恋愛編をどうぞ。

開運

上記を総合し、抽象的に開運全般にご利益があります。

スポンサーリンク

由来:500年前から参拝者をお出迎え

我々が清水寺に参拝すると、ちょうど出迎えてくれるような場所にいらっしゃいますが、昔は清水寺の外で参拝者を出迎えてくれていました。

清水寺の出世大黒天像は室町時代に作られたものです。16世紀中ばに描かれた、『清水寺参詣曼荼羅』という、清水寺の付近を解説した絵があります。これによると、当時、清水寺を参詣する洛中からのメインルートは、五条通(現在の松原通)を通り、六波羅蜜寺・八坂の塔を経て、産寧坂を通り、清水寺の門前にでるというものでした。もちろん、今日とは松原通の位置は若干異なります。

そして、当時の鴨川には中の島があり、出世大黒天はそこに建てられたお堂に祀られていました。中の島の向こう側には、木戸が建てられ、聖と俗の境界のようになっていました。

参拝する人は、中の島で最初に大黒さんを拝み、それから、聖なる世界に向かっていきました。

このように、清水寺の大黒さんは500年ほど前から、清水寺の参拝者をでむかえていました。

清水寺出世大黒天

以前はお賽銭が当たったり、触られてたりした結果、塗装がはがれていましたが、現在はご覧のようにつやつやなお姿です。以前は金網で保護されていましたが、現在はありません。

スポンサーリンク

大黒天お守り

清水寺大黒天おまもり

現在は、大黒天のお守りはもちろんのこと、ぷにぷにする人形の根付、並びに人形が授与されています。お守りは他のところでも目にしますが、ぷにぷに人形は他ではおそらく入手できません。根付は350円、大きな人形は900円です。蒔絵風のシールのお守りもあります。

スポンサーリンク

清水寺の基本情報

  • 名称 音羽山清水寺
  • 住所 京都市東山区清水1町目294
  • 電話 075-551-1234
  • FAX 075-551-1287
  • ウェブサイト 清水寺公式ホームページ
  • 拝観時間 6:00開門~閉門時間は季節により異なる。清水寺公式ホームページを参照のこと。
  • 拝観料 大人 400円 中学生以下 200円
  • 所要時間 1時間~
スポンサーリンク

清水寺へのアクセス

市バス四条河原町、京阪祇園四条駅・阪急河原町駅で下車し、徒歩で清水寺へ。徒歩約30分。最寄りバス停は五条坂、若しくは清水道バス停ですが、当サイトでは混雑するので推奨しません。詳細は以下のリンクをご参照ください。

京都市バス・鉄道の渋滞・混雑予想と回避策【永久保存版】
この記事の構成 このページ 今月の最新情報、混雑する路線、京都駅前対策 2ページ目 混雑するバス停、道路、自家用車の使用について 3ページ目 なぜ市バスを乗りこなすのは大変なのか、各種乗車券について 4ペ...
トップへ戻る