おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

清水寺の歴史、紅葉、桜、工事、ライトアップ、おすすめのみどころ

スポンサーリンク

清水寺の歴史

清水寺とは北法相宗(きたほっそうしゅう)の総本山です(元来は法相宗)。ご本尊は十一千手面観音像を祀っています。

清水寺の発祥は8世紀にまで遡ります。778年、興福寺の賢心という僧侶が、夢のお告げで音羽山に行くように言われました。丁度、現在の清水寺の地に至ったとき、黄金の水流を発見し、それをたどっていったところ、音羽の滝で行叡居士という僧侶に会いました。この僧侶は観音の化身であり、「後を頼む」旨言い残して去っていきました。この時、行叡居士が残していった霊木に観音像を刻み、行叡居士の旧庵に祀ったのがはじまりと言われます。その後、坂上田村麻呂が妻の病気を治すため、鹿に生き血を求めて、東山に入ったところ、殺生を延鎮という僧に咎められ、自宅、若しくは長岡京の紫宸殿を本殿として寄進し、十一面千手観世音菩薩を祀り、現在の清水寺の基礎を作ります。その後、嵯峨天皇の勅許により公認寺院となります。

その後、興福寺と延暦寺の抗争や応仁の乱により、度々焼失します。現在の本堂は17世紀に火災で焼失した後、3代将軍、徳川家光が寄進したものです。

20世紀になると、それまでは興福寺の末寺で南都六宗の法相宗に属していましたが、独立して、北法相宗の寺院となります。1995年には古都京都の文化財の一つとして、世界遺産に登録されました。

スポンサーリンク

清水寺のみどころ1 本堂・舞台

本堂 (国宝)

清水寺改修工事

清水寺の桜2018清水寺工事

清水寺は、現在、「平成の大改修/修理」と呼ばれる、総額40億円をかけた工事の最中です。前回は昭和42年に行われました。今回は約40年ぶりに、2008年から始まり、現在はほ本堂の屋根の葺き替え工事に入っています。屋根の葺き替えの終了予定は2020年3月の予定です。これまで、後ほどご紹介します、西門、奥之院、阿弥陀堂などの工事が行われ、現在は本堂と釈迦堂を残すのみとなりました。

本堂の屋根の葺き替え

現在、本堂は「素屋根」と呼ばれる、櫓に覆われています。

清水寺の桧皮葺の屋根

本堂の屋根は檜皮葺という工法で作られています。多くの寺社仏閣は檜皮葺の屋根を持ちます。写真は馬駐(うまとどめ。仁王門の手前にあります。)にある檜皮葺の模型です。ヒノキの樹皮を何重にも重ね、竹の釘で束ねてあります。よく、釘は使わないといわれますが、屋根自体は20センチくらいの鉄の釘で固定されています。今回の改修では、創建当時の厚さ、約16センチほどに戻すそうです。檜の樹皮は木の表面を剥ぐので、檜が死んでしまうことはありません。よく、檜皮葺の屋根に苔などが生えているのを目にしますが、傷んでいるのではなく、苔のおかげで却って強固になっています。

清水寺の本堂は実際にはご本尊の十一面千手観世音菩薩像などが安置される正堂と我々が参拝するときに入る礼堂という二つの建物からなり、礼堂に舞台がくっついています。厳密には正堂が崖の淵に建っていて、崖からせり出した部分に、礼堂と舞台があります。これらの3つの上に一つの屋根が覆っています。ゆえに、屋根の面積は約2000平米と大変な広さになっています。

清水の舞台

舞台の構造

夕暮れの清水寺本堂

素屋根がない状態ですとこうなります。先ほど申し上げましたように、正堂は崖の淵にあり、礼堂と舞台は崖からせり出しています。この構造は「崖造り」とか「懸造り」と呼ばれ、舞台は18本の樹齢400年の楓の柱により支えられています。

清水寺工事中

 この舞台を支える柱は「地獄組み」または、「組手」と呼ばれる工法で作られています。釘は一本も使われず、ほぞで連結されており、それぞれが互いに支えあい、強固な構造になっています。故に、約400年間、地震などにも耐えて、今日までその姿をとどめています。広さは約200平方米で約400枚の楓の板が使われています。高さは約130メートルで4階建ての建物に相当します。

2017 雪の京都 清水寺

 この舞台は正堂に祀られている十一面千手観世音菩薩への雅楽や能などの奉納のために設けられたものですが、明治時代に京都府によって禁止されるまで、ここから多くの人が願掛けのため、飛び降りました。

 無事に済めば、宿願が叶い、そうでない場合は極楽浄土に行けると考えられ、傘を片手に飛び降りていました。清水寺の塔頭寺院、成就院に残された文章によると、1694年~1864年の間に234件の飛び降りがあり、生存率は約85パーセントだったそうです。昔の絵で見ると、舞台の下は現在は地面ですた、当時は灌木があったようなので、それで恐らく助かったのではないかと思います。

 この心願成就の飛び降りから、「清水の舞台から飛び降りる」という慣用句がうまれました。

2018年8月現在、舞台にいけるズラ?

清水寺紅葉工事中の清水の舞台

 現在、と申しますか、工事開始以来、舞台に行くことはできます。ただし、上記の雪の日の写真のように全面は解放されていません。一部だけ行くことが出来ます。なお、工事前と同様に、錦雲渓(きんうんけい)の景色は変わりありません。

工事中の清水寺

 工事前の姿が見られないのは残念ですが、工事中の姿が見られるのは現在だけです。人によっては次回目にするのは、来世かもしれません。ご覧のようになかなか迫力がございますので、即今当処ともうしますので、今を楽しみましょう

正堂

 先ほど申し上げましたように、本堂のは正堂と礼堂に分かれています。さらに正堂は内々陣と内陣に分けられます。いずれも千日詣りなどの特別の機会でなければ入れません、

 内々陣は御本尊の十一面千手観音菩薩像が厨子の中に安置されています。秘仏で33年に一階しか公開されません。前回の御開帳は2000年に行われましたので、次回は2033年になります。33という数字は、観世音菩薩が人々を救済するため、33の姿をして現れるという教えに基づきます。現在は礼堂から観音像を目にすることができますが、これはレプリカです。さらに、脇侍として毘沙門天像と地蔵菩薩像が同じく厨子の中に祀られています。

 内陣は内々陣の外側にあります。法具などが置いてあります。ここも千日詣りなどの機会に垣間見ることが出来ます。

 千日詣りは一回のお詣りで、千回お参りしたのと同じ功徳をえることができる参拝方法で、お盆の時期に行われます。

 内々陣や千日詣りの様子は以下のリンクをご参照下さい。

歴史 | 音羽山 清水寺
京都府京都市。「清水の舞台」で知られる寺院。北法相宗の本山(一寺一宗)。縁起、年中行事、境内案内。

礼堂

清水寺礼堂内部

 ここは普段、我々がお詣りするところです。

大黒天

清水寺の大黒様

 礼堂には大黒天が安置されています。寺務所でぷにぷに素材の人形型お守りを授与して頂けます。350円と900円のものがあります。

鉄下駄と錫杖

清水寺弁慶鉄下駄

 これは弁慶の下駄と錫杖(しゃくじょう)とよくいわれますが、実際は、14世紀に眼病を患った鍛冶屋が清水寺に祈願したところ、快方に向かったので、御礼に奉納したものと伝えられます。

 錫杖は長い方が男性、短い方が女性用で、片手で持ち上げられれば、心願成就のご利益があります。

 下駄は女性が触れた場合、一生お金に困らなくなりす。男性が振れた場合、パートナーの女性に一生頭が上がらなくなるそうです。

スポンサーリンク

清水寺のみどころ2 その他建造物

仁王門 (重要文化財)

清水寺

清水寺の正門に当たります。室町時代時代の創建で、鎌倉時代の金剛力士像があります。応仁の乱により、17世紀に焼失、再建されました。近年では2003年に修理されました。

仁和寺仁王像仁和寺仁王像

左右の緑色の格子の中にはその名の通り、仁王像(金剛力士像)が安置されています。格子越しで撮影がしにくいので、仁和寺の仁王像を参考までにご覧ください。

西門 (重要文化財)

極楽浄土

工事前の清水寺

かつては、この西門が正門でしたが、御所を見下ろることになってしまうので、先述の仁王門が立てられました。西の空に沈む太陽をみて極楽浄土を瞑想する日想観という修行の聖地となっています。

工事前の清水寺・西門

日没時はこのような塩梅になります。修行云々は抜きにしても、綺麗な景色です。この西門付近からは市内が一望でき、夕暮れ時の流れは格別です。

ぞうさん

西門を正面に臨むといます。像ににていますが、獏という想像上の動物です。像の鼻、サイの目、虎の足、ウシのしっぽをもつといわれ、悪夢を食べると信じられています。厄を祓う縁起の良い動物として、神社やお寺に彫刻されています。

 極彩色

極彩色

お寺の建物は極彩色で彩られているものが多いのですが、多くのお寺では色が褪せています。なかなか、塗りなおすのが大変なようです。清水寺では西門や後ほどご紹介します、奥の院など、一連の工事の過程で塗り替えられています。綺麗な状態で見ることが出来る場所は限られていますので、是非ご覧になられることをおすすめします。すぐ近くまではいけませんので、双眼鏡などをお持ちになった方がよろしいでしょう。

三重塔 (重要文化財)

工事前の清水寺・ライトアップ

国内最大級の三重塔です。内部には極彩色の密教世界が広がり、大日如来像が祀られています。(夜間特別拝観の折、まれに御開帳されています。)

隋求堂

衆生の願いをかなえて下さる、大隋求菩薩が祀られています。普段は秘仏ですが、今年、3月と10月に222年ぶりに隋求道内にて御開帳されます。暗闇の中を縄をたどりながら進む、「胎内めぐり」を体験することが出来ます。

入口から、本堂の地下に入って行きますが、灯りは時折見える警報装置のパイロットライト以外は全くなく、真っ暗です。この真っ暗ななか、手すり替わりの数珠を頼りにすすんでいきます。道が湾曲していて、一筋縄ではいきません。周りは全く見えないので、前後の人にぶつかったりしながら進んでいきます。しばらくすると、一筋の灯りに照らされた石が見えます。この石には「はら」という梵字が彫られています。この梵字は大隋求菩薩を表わします。この石に合掌しつつ、お願いごとを一つだけし、外に向かって暗闇の中を歩いていきます。再び外に出た時には、生まれ変わったような感覚を覚えます。合掌。

轟門周辺

轟門

清水寺轟門

 清水寺の入口となります。この手前で拝観券を入手し、この門のところで係の人に見せます。轟門でも格子の中に仁王像が安置されています。門の前は橋のようになっています。現在ではこの下に水はながれていませんが、以前は轟川という小川が流れていたとも言われます。正確なことはわかりませんが、昔の絵で見ると、水が流れているように見えます。

手水鉢

清水寺手水

 ここで身を清めます。龍の口から水が出ています。この手水鉢は別名フクロウの手水鉢とも呼ばれています。なぜかと申しますと、手水鉢の下の部分にフクロウがいるからです。

清水寺フクロウの手水鉢

 これが下の部分ですが、→のところに恐らく観音さま、その両脇がフクロウとなっています。なぜフクロウなのか、正確なことはわかりません。一説には幸運を呼ぶ鳥とされていたからとも言われます。(昔の日本ではそれほど縁起のいい鳥ではありませんでした。)

 この水は歯痛に効くとの言い伝えがあるそうです。

地主神社

地主神社

 清水寺の本堂を出た先、境内には地主神社という神社があります。清水寺に入らずにここに入ることはできません。なぜお寺の中に神社があるかと申しますと、神仏習合の時代、鎮守社(仏教寺院を守る神社のこと)としてとして、祀られていたからです。

地主神社

 地主神社には大国主命が祀られていて、出雲大社に次ぐ縁結びのご利益があるといわれます。鳥居をくぐると、うさぎさんが迎えてくれます。参拝時間は9時から5時までとなっていて、清水寺の参拝時間とは異なります。

地主神社恋占いの石

 境内には恋占いの石と呼ばれる石が二つあります。目を閉じてこの一方の石から他方の石に移動出来れば、恋が叶います。

 阿弥陀堂

清水寺阿弥陀堂

 阿弥陀堂は昨年まで改修工事が行われていました。内部には阿弥陀如来像が安置されています。ここは法然上人が念仏常行三昧をはじめに行って場所です。念仏常行三昧とは、90日間、阿弥陀仏の周りをまわりながら、阿弥陀仏の名を唱える修行のことです。

奥の院

清水寺奥の院

 ここからは清水の舞台全体を望むことが出来ます。舞台の方に気を取られがちですが、ここは、清水寺を開いた賢心が草庵を結んだところとされ、清水寺の発祥の場所です。

音羽の滝 

音羽の滝

 パワースポットとして有名な音羽の滝があります。この滝は創建以来枯れたことがないと伝えられ、少し上には不動明王が祀られています。向かって左から、学問成就、恋愛成就、延命長寿のご利益があるといわれています。ひしゃくですくって、滝から流れる水をいただきます。ただし、いただき方に決まりがあります。それは三つの滝のうちの一つだけ選ぶということです。

子安塔

子安塔

 かつては聖武天皇の祈願所でした。内部には子安観音という千手観音像が祀られています。ここから清水寺全体を見渡せます。

千体石仏群

千体石仏群

 明治時代に神仏習合を禁ずべく、神仏分離がすすめられると、仏教寺院などの施設を破壊する廃仏毀釈が起りましたが、このとき、市民が町内の石仏を破壊から逃れるべく持ち込んだものです。

スポンサーリンク

清水寺のみどころ3 七不思議

阿形の狛犬

kiyomizukoma1kiyomizukoma2

 狛犬は通常、向かって左側が吽形といい口を閉じています。これは世界の終わりを意味しています。他方、右側は口を開いていて、阿形と呼ばれます。これは世界の始まりを意味しています。

 ところが、清水寺(正確には鎮守社の地主神社の)狛犬はいずれも阿形です。これは、釈迦の教えを大声で広めているから、若しくは、「道中、坂道がしんどいからといって不平を漏らしてお参りするとご利益が半減するので、笑って参拝しなさい」と言っているからなど諸説あります。

仁王門カンカン貫

清水寺の七不思議清水寺の七不思議

 仁王門向かって右側の柱に写真のような出っ張り(腰貫)があります。へこんでいるところに耳をつけて、反対側から指で叩いてみると、「カンカン」といういい音がします。

虎の石燈篭

清水寺の七不思議清水寺の七不思議

 西門の少し下にある石燈篭には虎が彫られています。この虎は、どの角度から見ても、目が合います。夜な夜な下がったところにある池の水を飲みに行くと言われています。

景清爪形観音

清水寺の七不思議

 先程ご紹介しました、隋求堂を背中にして左斜め前、三重塔の前に写真の燈篭が見えます。この燈篭の火袋(窓のようなものの中)には平家の武将、平景清(藤原景清)が爪で掘って奉納したと伝えられる、観音像があります(観音様の形にみえるくぼみ)。

刮目ってなに?

目を皿のようにしてみてみよう

三重塔の瓦

清水寺の七不思議清水寺の七不思議

 三重塔の屋根の三方には鬼瓦がありますが、一方にだけ、鬼瓦ではなく、「龍瓦」があります。龍は水神様なので、火災からお寺を守っています。

仏足石

清水寺の七不思議

 お釈迦様の足をかたどった石(仏足石)です。この石をさすった手で、足腰の具合の悪い部分に触ると快方に向かうという言い伝えがあります。朝倉堂(轟門をくぐった先に左側にあるたてもの)の前にありますが、現在工事中で全貌をみることはできませんが、なんとか写真に収めてきました。(上の写真中央の一番奥)実際にみてみると、もう少しはっきり見えます。

弁慶の指痕

清水寺の七不思議

 これは本堂の出口付近にあります。弁慶が爪でつけた跡だと言われています。が、実際にはお百度参りの際に(暗いので)壁を触りながらすすんでいった時の跡だといわれます。

スポンサーリンク

清水寺の四季

ここからは、工事前の清水寺の四季の様子をお楽しみ頂きます。

春の清水寺

工事前の清水寺工事前の清水寺

工事前の清水寺・ライトアップ工事前の清水寺・ライトアップ

春には夜間特別拝観・ライトアップが行われます。

夏の清水寺

工事前の清水寺・ライトアップ工事前の清水寺・ライトアップ

春に比べ、緑が多くなっているのがお分かりでしょうか。

工事前の清水寺・ライトアップ工事前の清水寺・ライトアップ

 

千日詣りの時分には、岩手県の南部風鈴の音色に包まれます。

秋の清水寺

工事前の清水寺工事前の清水寺・ライトアップ

 紅葉の時期はやはり綺麗です。

冬(雪景色)の清水寺

工事前の清水寺・雪景色工事前の清水寺・雪景色

工事前の清水寺・雪景色工事前の清水寺・雪景色

 年に一日か二日程しかありませんが、雪の日はおすすめです。

スポンサーリンク

清水寺の基本情報

名称 音羽山清水寺

住所 京都市東山区清水1町目294

電話 075-551-1234

FAX 075-551-1287

ウェブサイト 清水寺公式ホームページ

拝観時間 6:00開門~閉門時間は季節により異なる。清水寺公式ホームページを参照のこと。

拝観料 大人 400円 中学生以下 200円

所要時間 1時間~

近隣の主な観光地 八坂神社、高台寺、建仁寺、八坂の塔、知恩院など

スポンサーリンク

清水寺へのアクセス

特徴

 最寄りのバス停は清水道、もしくは五条坂バス停。バス停から入口まで時間がかかります。徒 歩で約15~30分程度ですが、途中、土産物店が多数軒を連ねているので、覗いているとさらに時間がかかります。

 紅葉や桜の時期のハイシーズンはバスと道路が混雑します。清水道もしくは五条坂バス停の利用は避けた方がよいでしょう。以下にご紹介します、祇園、四条河原町方面から徒歩で行かれると良いでしょう。

 週末、連休の場合もハイシーズン程ではありませんが、混雑しますので、清水道もしくは五条坂バス停の利用は避けた方がよいでしょう。

 その他の場所からのアクセスはこちらをご参照ください。

京都市バス・鉄道の渋滞・混雑予想と回避策【永久保存版】
京都市バスの混雑最新情報 混雑する路線 京都駅から清水寺・祇園方面 京都駅から三十三間堂・清水寺を経由し、祇園へゆくルートが季節の如何を問わずに、最も混雑する。ハイシーズンのみならず、週末も混む。尚、今春の改正で増発が加えられた。週末...

JR京都駅から清水寺へのアクセス方法

通常期のJR京都駅から清水寺へのアクセス方法

運賃 230円

所要時間 40分 (バス20分+徒歩20分)

京都駅前バス停から市バス86100110206系統に乗車。

五条坂バス停で下車し、徒歩で清水寺へ。

ハイシーズン、週末、連休のJR京都駅から清水寺へのアクセス方法 1

運賃 230円

所要時間 60分 (バス20分+徒歩40分)

京都駅前バス停から市バス417104205系統に乗車。

四条河原町バス停で下車し、徒歩で清水寺へ。

京阪祇園四条駅・阪急河原町駅から清水寺へのアクセス方法

徒歩約1時間

京阪祇園四条駅・阪急河原町駅で下車し、徒歩で清水寺へ。

トップへ戻る