おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

京都貴船神社の恋愛成就と復縁のご利益 i.e. 縁結び

スポンサーリンク

貴船神社の御祭神と恋愛運/縁結び/復縁との関係

本宮

高龗神(たかおかみのかみ)

 龗とは龍の古語であり、龍神 i.e. 水の神様です。ここから、雨ごい、雨やみの祈願が行われるようになります。歴代の天皇もたびたび勅使を送っています。

 また、先程申し上げましたように、「気が生まれる根源としての気生根」との由来から、万物の根源たる、「気」の生まれる場所として、運気が回復、上向くなどのご利益があります。

結社 (ゆいのやしろ)

磐長姫命(いわながひめのみこと)

 瓊瓊杵尊(天照大神の孫)が木花咲耶姫命(このはさくやひめのみこと)と結婚する際、父の大山祇(おおやまつみのみこと)が姉の磐長姫命とともに嫁しましたが、瓊瓊杵尊は磐長姫命の容姿が気に入らず、父のもとに返しました。この時、磐長姫命はこれを恥じて、以降、人々に良縁を授けるべく、結社にとどまることにしました。ここから、縁結びの強力なご利益があります。

奥宮

高龗神と玉依姫命

 玉依姫命とは先程ご紹介しました、黄船に乗って貴船の地にたどり着いた、神様です。上賀茂神社の御祭神、賀茂別雷神の母神に当たります。航海の安全を守る神様として信仰されています。

スポンサーリンク

三社詣で恋愛運を高める

Overview

 先ほど申し上げましたように、御祭神が強力に恋愛運を後押ししてくださり、恋愛成就や復縁の効果があります。これをさらに強固にする、三社詣という参拝方法があるのでご紹介します。

いちきしま ひめ
いちきしま ひめ

ききますよ~

三社詣 本宮

まずはバス停を降りたら、上に登っていきます。

貴船神社ライトアップ

しばらくすると、鳥居が見えてきます。これが貴船神社本宮の鳥居です。折角なので、ライトアップ時の写真をご覧ください。

雪の貴船神社

ここを登っていくと本殿です。雪の日の写真をどうぞ。

雪の貴船神社

ここを登り切ると、本殿に入ります。

本宮

貴船神社案内図

本殿はこうなっています。

絵馬

貴船神社の絵馬の碑

雨やみの時は、白い馬、雨ごいの時は黒い馬を奉納していました。このように、元来、神社には神馬を奉納していましたが、時とともに簡略化され、現在の絵馬になりました。

神山号

よんだ?

 現在では神馬を有する神社は少なくなりました。京都では上賀茂神社で週末に目にすることが出来ます。後ほどご紹介しますが、貴船神社は明治以前は上賀茂神社の境外摂社で、上賀茂神社の御祭神たる賀茂別雷神(かもわけいかづちのかみ)が祀られていたこともあります。

貴船神社の絵馬貴船神社の絵馬

 絵馬は全部で四種類あります。

貴船神社のもみじ絵馬

 もみじ絵馬は秋になると色づきます。絵馬は龍船閣(上の境内の写真をご参照下さい。手水舎の斜向かいにあります)に置いてあるので、横の箱に初穂料を納めます。

結び文

貴船神社の結び文

 短冊にねがいごとを書き、本宮ではなく、結社(ゆいのやしろ)に奉納します。結社にも同じものが置いてあります。初穂料200円。横にある箱の中に収めます。

御神木

貴船神社の御神木 桂

本殿下にある御神木(桂)です。生命の根源たる気の回復にご利益があります。

石庭 天津磐境(あまついわさか)

貴船神社 天津磐堺

 天津磐境とは古代の人々が祭祀をおこなった場所のことです。近代を代表する日本の作庭作家、重森三玲(しげもりみれい)により、貴船川から産出される貴船石を用いてつくられました。

水占みくじ(みずうらみくじ)

水占みくじ

 貴船神社では水占みくじという珍しいおみくじがあります。初穂料200円。

貴船神社の水占みくじ

 乾いた状態ではなにもかいてありません。

水占斎庭

これを拝殿の向かい側にある「水占斎庭(みずうらゆにわ)」というところで水に浸します。

 するとこんな風に字が浮き出てきます。この水占斎庭の御神水は持ち帰ることもできます。持ち帰るための筒の授与を受ることができます。初穂料300円。

お守り、御朱印など

貴船神社のお守り貴船神社のお守り

 おすすめは右の写真の一番右端にある、結び文守りです。これは結び文をモチーフにしたお守りです。ペアでお持ちになったらよろしいのではないでしょうか。初穂料1,000円。

三社詣 本宮~奥宮

結社 ゆいのやしろ

貴船神社結社入口

 本宮でお参りを済ませたらいったん車道に出て、さらに上に登っていきます。道なりに進んでいくと、最初に結社がみえてきますが、三社詣では、まず先に奥宮にお詣りします。これは、奥宮に祀られているのが、主祭神たる高龗神であるためです。本宮から奥宮までは徒歩約10分程度です。

相生の杉

貴船神社 相生の杉

 樹齢1,000年を超える、御神木です。夫婦和合の象徴として寄り添うように佇んでいます。

思ひ川

貴船神社 思ひ川

 ここはかつて、奥宮に本殿があった頃、禊川だったところです。和泉式部の逸話と相まって、思ひ川とよばれます。現代の我々は、奥宮入口付近の手水で身を清めます。

貴船神社 奥宮参道

 思ひ川を超えると参道が始まります。

三社詣 奥宮

貴船神社 奥宮

 参道のどんつきに奥宮の楼門があります。手水はこの手前にあります。

貴船神社 連理の杉

 楼門をくぐると、「連理の杉」と呼ばれる御神木があります。連理とは二つの木が一つに和合していることです。ここでが、杉とカエデが和合しています。

貴船神社 御船形石

 奥宮本殿前に「御船形石」があります。玉依姫命が乗ってきた黄船を石で囲んで隠したものと伝えられます。

貴船神社 奥宮

 ここが奥宮です。下には巨大な龍穴が開いています。江戸時代、大工がノミを落としたところ、ノミが舞い上がってきたという言い伝えがあります。改築などの際には「附曳神事」という特殊な神事が行われるところ、平成23年に行われた解体工事に際しても、行われたそうです。(貴船神社ホームページ参照)なお、確実に龍穴があるのは、ここと八坂神社です。

京都八坂神社で恋愛成就!恋愛運に悩むすべての人に捧げる参拝の仕方;願掛けうさぎもいるよ
こんにちは。八坂神社と言えば、祇園さん、若しくは八坂さんの愛称で親しまれる、京都でも最も有名な神社の一つですね。実はこの八坂さんには縁結びの強力なご利益があるのです。今回は、その由縁、参拝作法、ご利益に与る方法を伝授します。皆様には徹底的に幸せになって頂きます。

三社詣 奥宮~結社

 先ほど来た道を戻ります。

三社詣 結社

貴船神社結社入口

 先ほど通過しました、結社にもどってきました。右側の階段を登っていきます。

貴船神社 結社

 登った先に結社があります。

貴船神社 結社

 ここに先ほどの結び文を奉納します。結び文はこの結社にも置いてあります。

貴船神社 天の磐船

 これは神様の乗りものとしての船に見立てた、天然石、「天の磐船」です。

貴船神社 和泉式部の歌碑

 境内には和泉式部の歌碑があります。これは、『後拾遺集和歌集』に収録された一句で、「物思へば沢の蛍もわが身よりあくがれいづる魂かとぞみる」と詠まれています。これが、夫の藤原保昌と夫婦仲がうまく行かなくなった時、貴船神社にお参りした際に読んだうたです。その後、二人の夫婦仲はもとに戻ったそうです。この逸話からもお分かりのように、古来から、縁結びの神様としての信仰が厚かったのです。

丑の刻参り

丑の刻参り

 貴船神社は丑の刻参りゆかりの地として知られています。丑の刻参りと申しますと、頭にろうそくをくくりつけて、玄能と釘を持って、、という例のアレが目に浮かびますが、もともとは呪詛のことではなく、「丑の年の丑の月の丑の日の丑の刻にお参りして強く願ったことが叶う」という参拝方法のことでした。それがおそらく、平家物語の「宇治の橋姫」(ある公卿の娘が貴船神社に7日間こもって自分を鬼にしてくださいとお願いして本当に鬼になったという話)の話あたりから雲行きが怪しくなってきて、陰陽道と混ざったりして、いつしか呪詛の方法と捉えられるようになったようです。

 なぜ貴船神社が丑の刻まいりゆかりの地で、丑の年の丑の月の丑の日の丑の刻にお参りして強く願ったことが叶うかと申しますと、冒頭で申し上げましたが、その昔、現在の貴船山中に貴船大神が降臨してきたのが丑の年の丑の月の丑の日の丑の刻であり、そのご利益により、ということからです。ちなみに、貴船大神は、牛鬼(仏国童子)を伴って降臨しましたが、この牛鬼は本宮にある牛一社に祀られていると伝えられています。

牛一社

 牛一社は上の写真の門の左側の「奥宮」と書いてある看板の先にあります。

 話を元に戻しますと、本来の意味での「丑の刻参り」という心願成就の言い伝えがあるくらい、願い事が叶う効果が高いということです。ところで、私はヤギですが、代々神職を務めた家の出でして、いわゆるパワースポットのようなところが本当にすごいところなのかはだいたいわかりますところ、貴船神社は根幹からなにかが変わるような場所ですので、ご安心して参拝していただければと思います。時間があれば、鞍馬寺にお参りして行かれれば、なおよろしいでしょう。(貴船側からも行けます。)

和泉式部と藤原(平井)保昌の復縁

 和泉式部が夫の藤原保昌(やすまさ)と不仲になった時、貴船神社に参拝したところ、夫婦中が再び円満になったという逸話が残っています。このことから、貴船神社には復縁のご利益もあります。新しいご縁も今までのご縁も全て取り持ってくださるということです。参拝の方法を次にご紹介しますので、ぜひ、ご覧ください。一番よろしいのは後述の三社詣です。

ちなみに、藤原保昌というと馴染みがないかとおもいますが、

藤原保昌

この人が藤原保昌です。お気づきの方もおられるかと思いますが、祇園祭の保昌山の御神体です。

保昌山

 これが保昌山です。手に持っているのは梅です。なぜ梅をもっているかと申しますと、和泉式部が紫宸殿(内裏の中の即位の礼などの儀式を行う場所)の左近の梅(当時は桜ではなく、梅でした)をとってきて欲しいと頼んだからです。その時の様子が再現されています。保昌は梅を手折ることに成功しますが、帰る時に北面の武士(院御所の警備をしていた武士)に見つかり、矢を射られ、束ねた髪に矢が刺さった状態で命からがら和泉式部の元へ帰ってきます。このエピソードから、恋愛運向上、復縁のご利益があると言われ、ちまきやお守りは早々と売り切れてしまいます。祇園祭にお越しの際は、いの一番にお立ちよりになるとよろしいでしょう。

スポンサーリンク

貴船神社 参拝の方法

正門から参拝しましょう

貴船神社ライトアップ

 貴船神社にはいくつか鳥居がありますが、これが正門です。実はこれは二の鳥居です。一の鳥居は貴船口駅からすこし下がったところにあります。電車でくる場合、自動的に、(そうよんで差し支えないのであれば)境内に入ってしまっているので、二の鳥居が事実上の一の鳥居のようになってしまっています。

貴船神社の燈篭

 鳥居をくぐって進んでいくわけですが、この時、参道の中央は神様の通り道なので、歩かないようにしましょう(これは諸説あるようですが、脇を通っておけば間違いはないので、中央は歩かないようにしましょう)。

 なお、鳥居の先は神域ですので、帽子は脱ぎましょう。

 楼門(現在は工事中)をくぐる前にも一礼します。

 帰るときも同様に、楼門や鳥居をくぐりますが、その都度、一礼してください。

手水舎(てみずや、ちょうずや)で清めましょう

貴船神社の手水舎

 楼門をくぐったら、左側に手水舎があります。以下の順序で清めます。

1. 一礼。

2. 右手でひしゃくを持ち、水をすくう。

3. 右手でひしゃくを持ったまま、左手に水をかけ、清める。

4. ひしゃくを左手に持ち替え、同様に、右手を清める。

5. ひしゃくを右手に持ち替え、左手に水をため、口をゆすぐ。

6. 左手で口元を覆いながら、水を吐き出す。

7. 3と同様に、左手を清める。

8. 最後にひしゃくを垂直に立て、柄の部分を残りの水で清める。

9. ひしゃくをもとの位置に戻し、一礼。

スポンサーリンク

本殿に向かい参拝

貴船神社本殿

1. お賽銭を入れ、御鈴(みすず)を鳴らし、一礼します。

 まず、お賽銭の額ですが、ご縁があるように5円がいいとか、遠縁になるから10円がよくないとか、いろいろなお考えがあるかとおもいますが、お賽銭の趣旨は神様への感謝なので、あまりこだわる必要はないかと思います。お賽銭箱に入れるときは、投げずにそっと入れましょう。

 次に、鈴を鳴らします。これは邪気を払うためなので、大きい音を出す必要はありません。行事がある日などは、鈴は鳴らせないようになっていることがあります。

2. 深く二回、拝礼をします。

3. 拍手を二回します。

 この時、両手を少しずらして、手で水をすくう時のように、掌にくぼみを作った状態で拍手をしてみてください。いい音がするはずです。

4. 手を合わせて祈ります。

 この時、自分の住所や氏名など申し上げたほうが良い、と昨今耳にしますが、名乗ったところで不利益を被ることはないので、申し上げておきましょう。

 次に、神様に謝意を申し上げましょう。その後、御願いごとをしましょう。最後に「祓い給え 清め給え 神ながら(かむながら) 守り給え 幸へ(さきはえ)給え」と祝詞を奏上しましょう。

5. もう一度、拝礼します。

6. 軽く後ずさりして、一礼する。

 これは神前から退く時の作法なのですが、恐らく、実際にお詣りする時には、後ろに待っている人がいると思いますので、十分ご留意ください。 

この後、奥宮、結社にも参拝しますが、同様の方法で行ってください。

やぎももさん
やぎももさん

ビデオで確認どすえ

スポンサーリンク

貴船神社とは?

 左京区にある全国の貴船神社の総本社で、龍神を祀ることから、雨ごい、また縁結びの神様としての信仰が厚い神社です。(詳細は後述します。)水の神様であることから、飲食業などの水を取り扱う商売を生業とする人からの信仰も集めています。また、水の神様であることから、水が濁らないようにとの願いから濁ることを避け、「きふね」神社と読みます。(地名は「きぶね」と発します。)

 貴船神社の創建は、社伝によると、5世紀に玉依姫命が「黄船」に乗って、大阪から淀川、鴨川、貴船川を上って現在の貴船の地に社を結び、水神を祀ったのが始まりと伝えられます。この「黄船」、もしくは気が生まれる根源としての「気生根」が社名の由来になったと伝えられます。奥宮には玉依姫命が乗ってきたとされる、船を石で囲んだ「舟形石」があります。

 もともとは後述いたします、奥宮に本殿がありましたが、11世紀に洪水により流失したため、現在の本宮の場所に再建されました。明治時代までは上賀茂神社の摂社であり、江戸時代までは上賀茂神社の御祭神、賀茂別雷命(かもわけいかづちのかみ)が御祭神として祀られていました。上賀茂神社と並び、平安京遷都以前から存在する神社の一つです。

 先ほど、雨ごいと申し上げましたが、古来から、晴れを願うときには白馬、雨を願うときには黒馬を奉納するしきたりがあり、これが現在の絵馬の起源になったと伝えられます。

 また、貴船明神が丑の年の丑の月の丑の日の丑の刻に貴船山に降臨したことから、丑の刻に参拝して願いを掛ける、「丑の刻詣り」が行われたことでも有名です。丑の刻詣りと申しますと、呪詛が想起されますが、本来は心願成就の一つの方法です。

 さらに、結社に磐長姫命(いわながひめのみこと)が祀られていることから、縁結びの神様としての信仰もあります(詳細は後述します。)。

スポンサーリンク

貴船神社周辺図

スポンサーリンク

貴船神社へのアクセス

注意事項

 貴船神社は貴船という、所謂山奥にあります。そこで、車で行きたくなりますが、車で行くと、修羅場が待っています。なぜかと申しますと、駐車場は全部で2つあります。いずれも貴船神社参拝用のもので駐車できる台数は二つ合わせて22台です。周囲にコインパーキングの類はありません。平日ならまだしも、休日は満車になっていることが多く、紅葉や連休などのハイシーズンは止めることが出来ません。

 しかも貴船神社付近は幅員が狭く、普通車がなんとかすれ違える程度です。場所によってはすれ違えません。貴船神社付近には旅館や飲食店が立ち並ぶところ、これらの車両が行き来しています。仮に、駐車できても、こんどは帰るのに一苦労です。従って、本サイトでは、高齢者のかたとご一緒するなど特段の事情なき限り、自動車の利用は推奨しません。ハイシーズンには、高度の蓋然性を以て、駐車は不可能です。飲食店の人のお話では、通常、バス停付近から5分くらいで駐車場の辺りまで行けるところ、紅葉の時期には3時間ほどかかったそうです。

 念のために所要時間を申し上げますと、JR京都駅から貴船口駅の辺りまで約1時間程度、そこから先は不明、最悪の場合、たどり着けません。(空いていれば、貴船口駅から駐車場まで10分程度です。

ヒヒヒ
ヒヒヒ

電車とバスにしとけよ

JR京都駅から貴船神社へのアクセス

所要時間 約2時間。料金は市バス230円、叡電420円、京都バス160円。合計810円。

 JR京都駅前のバスターミナルA2のりば(宇宙人マークの場所)から市バス4、17系統に乗車。(両者ともA2のりばから出発します。)京都駅前~出町柳駅前バス停までは約4~50分程度。料金は230円。

出町柳駅前バス停で下車、徒歩で叡電出町柳駅へ。必ず鞍馬ゆきに乗ってください。出町柳駅~貴船口駅間は約30分。料金は大人420円。

 貴船口駅で下車し、京都バス33系統貴船ゆきに乗車し、貴船バス停で下車。乗車時間は約10分。そこから徒歩約5分。料金は大人160円です。詳細は時刻表をご覧ください。先ほど申し上げましたように、幅員が狭いこと、並びに、混雑することから、特にハイシーズンは時間通りに運行していないことがあります。その場合、徒歩で貴船神社までいくことが出来ます。所要時間は約30分です。

スポンサーリンク

貴船神社基本情報

名称 貴船神社(きふねじんじゃ)

住所  〒601-1112 京都府京都市左京区鞍馬貴船町180

電話 075-741-2016

FAX 075-741-3596

ウェブサイト 貴船神社公式ホームページ

拝観時間 6時~20時半 (社務所は9時~16時半まで)

所要時間 1時間~(本宮、結社、奥宮すべて参拝した場合)

拝観料 無料

トップへ戻る