おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

龍安寺石庭の意味・みどころ・謎を簡単かつ詳細に解説

スポンサーリンク

龍安寺の石庭のみどろこと謎

2021年12月6日~2022年3月18日まで工事のため拝観停止

龍安寺は石庭の油土塀の葺き替え工事のため2021/12/6~2022/3/18まで拝観停止
龍安寺は石庭の油土塀の杮葺(こけらぶき)屋根の葺き替え工事のため、令和三/2021年12月6日(月)~令和四/2022年3月18日(金)までの期間、拝観が停止されます。本稿では、工事の対象たる杮葺と土塀につき、解説申し上げます。合掌。

石庭の油土塀の屋根の葺き替え工事のため、2021年12月6日~2022年3月18日まで工事のため拝観停止となっていましたが、現在は解除されています。。

龍安寺の桜2022:枝垂桜、ソメイヨシノ、桜苑の見頃
本稿では世界遺産たる龍安寺と石庭と一緒に愛でることができる桜につきご紹介します。見頃は例年4月初旬ですが令和4年/2022年は遅れそうです。

尚、桜の時期には間に合います。

龍安寺石庭桜開花情報202

たけちよ
たけちよ

間に合いました。

七里ヶ浜親方
七里ヶ浜親方

枯山水庭園に行きたい人は以下のリンクで各自好きなところにいってみてくれ。

京都枯山水庭園めぐり:名所から穴場までおすすめベストランキング10
京都の枯山水庭園のおすすめベスト10をご紹介します。正伝寺、龍安寺、光明院、大仙院、瑞峰院、南禅寺、東福寺、建仁寺、妙蓮寺ならびに天授庵の見所などをご紹介した後、簡単に枯山水庭園の歴史を概観します。

最新関連投稿

日本語版を作る予定は目下ありませんが、よろしければご覧ください。

The Rock Garden of Ryoan-ji hides religious syncretism in Japan
The Zen garden/Rock Garden of Ryoanji temple is one of the most famous gardens in Japan. In this article, we learn about the religious syncretism (Shinto, Buddhism) it hides behind.
七里ヶ浜親方
七里ヶ浜親方

ゴーグルの翻訳とかかましてみてくれ

 龍安寺石庭の意味

東寺の桜 2018

世界で最も有名な日本の庭園といえば龍安寺の石庭です。砂と石で水や山を表現する枯山水庭園とよばれる庭園です。この庭園が何を意味しているかについては諸説ありますので、代表的なものをご紹介します。

七里ヶ浜親方
七里ヶ浜親方

確定してんのは、山と海を表してるってことだけだ。日本の庭園だからな。次に述べる「虎の子渡し」が通説で、龍安寺もこの見解をとってるぜ。ただし、明確な根拠は不明だ。他の見解は論拠が脆弱だったり、撞着してたりするから参考に止めておいてくれ。

虎の子渡しの庭

これが一番有名です。宗の時代の故事に基づくものです。ただし、昔からこれが定説になっていますが、根拠は不明です。ただし、重森美玲著『枯山水』の中で、龍安寺の石が平行に配されているが、これは、西芳寺の夜泊石に範をとったものであるところ、夜泊石は虎の子渡しと解されたことがある旨適示されていますが、刮目すべきと解されます。

七里ヶ浜親方
七里ヶ浜親方

西芳寺っつーのはよー、室町時代の庭園の傑作なのよ。だから、これを範としたとこは多いのよ。例えば、金閣寺の舎利殿(所謂金閣のこと)とか銀閣寺の観音殿(所謂銀閣のこと)があんべ?この二つは西芳寺の夜泊石の先にあった瑠璃殿っつー建物を模してて、ついでに言うと池にある三尊関も西芳寺のものが原型なのよ。

虎が子を産むと、3頭のうち1頭は彪(ひょう)で、母親がいないと他の子をたべてしまいます。この状況のなか、母虎が子を川の対岸に連れて行くという故事です。言葉で説明すると分かりにくいので、絵を用いて説明します。

虎の子渡し1

大きい虎が母虎、フォークを持っているのが彪、のこりの頭が子虎です。これかた対岸に向かいます。母虎は一度に1頭の子しか対岸に運べません。

虎の子渡し

母虎は彪を連れて対岸に行きます。

その後、元の岸に戻ります。

虎の子渡し

その後、1頭の虎を連れてきます。このまま元の岸に戻ると、子虎は食べられてしまいます。

虎の子渡し

そこで、母虎は彪を連れて帰ります。

虎の子渡し

今度は、彪を残し、もう一頭の子虎を対岸に連れて行きます。

虎の子渡し

子虎を残し、母虎は彪を迎えに元の岸にもどります。

虎の子渡し

最後に彪を連れて、対岸に行きます。これで全員が対岸にわたれました。

以上のような動作から、「虎の子渡し」とは生計をやりくりする、とか、ものごとを順次手渡すこと、といった意味が生まれます。これが通説的見解で、龍安寺でもこの説が説明されています。

15

a miniature of the rock garden

石庭には全部で15個の石が配置されています。15という数字は、月が15日で満ちることから、東洋では完全を意味します。龍安寺石庭ではこのうち14個しか見えないので、完全の中の不完全を意味してるというものです。(ただし、実際には立てば15個全てみえます。どこから見れば良いのかはこのサイトのどこかに書いてあります。無粋ですのでここでは申し上げません。ヒントは左の石の塊を見ながら離れていくことです。)

「心」

龍安寺石庭の意味

漢字の「心」という字を表しているという説です。禅では言葉を介さずに経験を通じ理解/体感するということを表しているとする説です。

その他

他にも七五三の庭、禅の五山を象徴しているなど、様々な説があります。詳細は以下のリンクをご参照ください。

龍安寺石庭の意味:厳選した10の仮設から吟味
京都の龍安寺石庭は最も有名は世界で最も有名な枯山水庭園の一つですが、の意味については争いがあります。本投稿ではいくつかある仮説のなかから、信憑性が認められるもの、興味深いものから10節を厳選・検討し、その意味を詳らかにしてみます。

15個の石をすべてみることはできない?

龍安寺の石庭には合計15個の石があり、事物の不完全さを表わすべく、すべてを同時に見ることはできないように設計されている、と言われます。実際には座った状態ではすべての石をみることはできませんが、立った状態なら可能です。

時に石庭はどこから見るのが正しいのでしょうか。上の図は典型的な禅寺の方丈の間取り図です。黒い部分が部屋、Gardenが庭です。龍安寺ですと、右の方から入ってきて、1、2、3の前にある広縁とよばれる廊下のようなところで見ることになります。方丈庭園というのは、3の「檀那の間」とよばれる部屋から見ることを前提に作られています。この部屋は檀家の方(がいないとやっていけない)を通すところだからです。龍安寺では部屋の中には入れませんので、どのように見えるかはわかりません。おそらく檀那の間からみれば、すべての石はみえないと思われます。ただし、3の部屋の前に立つと、15個すべての石を見ることが出来る場所があります。

トップへ戻る