おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

龍安寺石庭の意味・みどころ・謎を簡単かつ詳細に解説

スポンサーリンク

龍安寺の石庭以外のみどころ

つくばい

吾唯足知

方丈を挟んで、龍安寺石庭の反対側にあります。つくばいとは、茶室の入り口に手を洗うために置かれます。つくばう(しゃがむ)という言葉から来ています。実はこれはレプリカで、本物は龍安寺の中にある、蔵六庵という茶室にあります。残念ながら非公開で、中に入ることはできません。このつくばいは徳川光圀(水戸黄門)の寄進によるものと伝えられています。

このつくばいには中心に四角い穴があいていて、古銭のように見えます。実はこの四角い穴は漢字の部首の「口」になっていて、それぞれ上から

吾唯知足

“吾”

吾唯知足

“唯”

吾唯知足

“足”

吾唯知足

“知”と読むことができます。

龍安寺の解説板

全部合わせると、”吾唯知足”となります。これは、上の写真にあるように、「知足の者は貧しくとも富めり、不知足のものは富めりと言えども、貧し」という意味ですがこれだけではソクラテスの言葉と同じ意味だと誤解されそうなので、少し解説します。

この言葉は『仏遺教経』(お釈迦様の最後の説法を集めたもの)にある言葉で、簡単にもうしますと、人生の苦悩から逃れるには、足ることを知る必要がある。これを知っている人は、地上にいても安楽である、(知らない人は逆)という意味です。

侘助椿

侘助椿@龍安寺

つくばいのすぐ先にある日本最古の侘助椿です。名前の由来は文禄・慶長の役のとき、侘助という人が持ち帰ったからとか、侘数奇に由来するなど、諸説あります。豊臣秀吉が気にいっていたそうです。

庫裡

kuri in ryoanji

庫裡とは僧侶が生活する場所のことです。ここが入り口になっていて、石庭がある方丈に通じています。

龍安寺の庫裡

入ってすぐのところにカリグラフィーがあります。

飲酒十二首

これは陶淵明の「飲酒二十首」其五という詩ですが、後半部分、菊を採ったり、山を見たらいい塩梅だったり、鳥が家に帰っていくのを見て、「真意」がそこにある、という意味の詩です。

 鏡容池

龍安寺の紅葉2016桜と鏡容池

先述しました、『都名所図絵』によれば、龍安寺は石庭よりも、この鏡容池とそこに住んでいるオシドリの方が有名でした。

鏡容池のアヒルさん

現在では、仲睦まじいアヒルさんがいます。いつ行っても二羽で仲良くなにかしています。この日は昼寝?でしょうか。

トップへ戻る