おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

禅寺

禅寺

龍安寺は石庭の油土塀の葺き替え工事のため2021/12/6~2022/3/18まで拝観停止

龍安寺は石庭の油土塀の杮葺(こけらぶき)屋根の葺き替え工事のため、令和三/2021年12月6日(月)~令和四/2022年3月18日(金)までの期間、拝観が停止されます。本稿では、工事の対象たる杮葺と土塀につき、解説申し上げます。合掌。
For International Readers

The Rock Garden of Ryoanji hides religious syncretism in Japan

The Zen garden/Rock Garden of Ryoanji temple is one of the most famous gardens in Japan. In this article, we learn about the religious syncretism (Shinto, Buddhism) it hides behind.
禅寺

枯山水とは何か?意味と歴史を詳細かつ簡単に説明

本稿では所謂「枯山水」庭園の歴史を概観し、室町時代中期を境に前期と後期に分け、その意味と態様の変遷につき簡潔に紹介申し上げます。合掌
禅寺

東福寺青もみじと国宝ライトアップ2021

2021年、東福寺では史上初の国宝、並びに青もみじのライトアップが開催されます。本投稿ではライトアップされる国宝の三門や洗玉澗や通天橋の青もみじの楽しみかたなど、詳細に紹介申し上げます。合掌。
禅寺

西芳寺(苔寺)の歴史とみどころ

本稿では苔寺との名称でも知られる京都西芳寺の歴史、苔、みどころ、申込方法、アクセスにつき詳細にご紹介いたします。合掌
禅寺

天龍寺枯山水庭園のみどころ:曹源池、龍門爆、座禅石、蓬莱山など

現在の天龍寺の庭園は方丈の前にある「曹源池」という池を中心とした回遊式庭園です。「龍門爆」と呼ばれる枯山水は、西芳寺上段庭園とならび、前期枯山水の傑作とされています。本稿では石の三橋、蓬莱山、亀島、夜泊石、座禅石などを加味し、曹源池のみどころを解説申し上げます。
禅寺

龍安寺石庭の意味:厳選した10の仮設から吟味

京都の龍安寺石庭は最も有名は世界で最も有名な枯山水庭園の一つですが、の意味については争いがあります。本投稿ではいくつかある仮説のなかから、信憑性が認められるもの、興味深いものから10節を厳選・検討し、その意味を詳らかにしてみます。
禅寺

京都枯山水庭園めぐり:名所から穴場までおすすめベストランキング10

京都の枯山水庭園のおすすめベスト10をご紹介します。正伝寺、龍安寺、光明院、大仙院、瑞峰院、南禅寺、東福寺、建仁寺、妙蓮寺ならびに天授庵の見所などをご紹介した後、簡単に枯山水庭園の歴史を概観します。
禅寺

源光庵は2022年4月1日より公開再開:迷いの窓、悟りの窓、紅葉、血天井などのみどころ

京都の穴場、源光庵の紅葉のみどころや時期、迷いの窓と悟りの窓や血天井などのみどころ、歴史などを世界一詳細かつ簡潔にご紹介します。
禅寺

天授庵紅葉ライトアップ2020【穴場】

2020年京都の紅葉の穴場、天授庵のライトアップのみどころをご紹介します。二つの庭園の様子、3つの見頃の時期、近隣のおすすめの場所やコース、歴史も併せて手短に、かつ、世界一詳らかにご紹介します。
禅寺

興臨院春と秋の特別公開2023:紅葉などのみどころ【御朱印あり】

興臨院の春、紅葉のなどの見所をご紹介します。2023年春の特別公開は3月11日~6月18日です。ただし、拝観中止日あり
禅寺

光明院(京都)の紅葉と波心庭

光明院とは? 光明院とは、臨済宗のお寺で、東福寺の塔頭寺院です。あまり有名ではないかもしれませんが、知る人ぞ知る穴場です。特に桜と紅葉の時期がおすすめです。 光明院の歴史と重森三玲 清水寺のように平安京遷都以前からある寺院に比べると、光明院...
禅寺

天授庵の紅葉や枯山水庭園などの見どころやアクセス方法など全部おしえます!【京都の穴場】

本投稿では、京都にある南禅寺開山塔、天授庵の紅葉や枯山水庭園などのみどころや歴史、アクセス方法につき御紹介しています。尚、寺院などの拝観時間、拝観料などは変更される可能性があります。 天授庵とは? 天授庵は南禅寺の開山塔  天授庵とは、あま...
禅寺

龍安寺石庭の意味・謎・みどころを簡単かつ詳細に解説

龍安寺石庭は一義的には海と山、通説では虎の子渡しを意味しますところ、これを枯山水庭園の意義から詳らかにします。その後、龍安寺の歴史や謎、みどころにつき紹介申し上げます。合掌
スポンサーリンク