おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

葵祭2019年:斎王代と行列、日程、有料観覧席を徹底解説【世界で一番詳しい】

Contents

スポンサーリンク

本稿の趣旨

Overview

葵祭の歴史や由来、斎王代、流鏑馬神事、歩射神事、御蔭祭などのみどころ、日程、行列のコース、おすすめ撮影スポット、移動手段、アクセスなどすべてをご紹介します。尚、昨年のデータに基づきますので、詳細は各神社の上賀茂神社下鴨神社京都市観光協会などの公式サイトなどでご確認下さい。

まずは、最初に葵祭の歴史と斎王代につき概観していただきます。その後、所謂「葵祭」たる、路頭の儀(行列のこと)、そして、社頭の儀(賀茂社で行われる神事)を解説します。社頭の儀は上賀茂神社で行われるものをご紹介します。その後、見所と5月中に行われる各行事の日程、有料観覧席、観覧スポット、移動手段、アクセスなどをご紹介します。約1万7千字ほどございますが、お付き合いいただければ幸いに存じます。尚、当日の使用を想定したモバイル版も用意してあります。7ページに分割し、必要最低限の画像とビデオを載せてあります。必要なページのみ登録するなどしてご活用ください。

いちきしま ひめ
いちきしま ひめ

それでは出発しますよ~

葵祭の概要

  • 葵祭の歴史は飛鳥時代に遡る。もともとは加茂/鴨氏の祭だったが、平安時代に勅祭になった。詳細は本文で詳らかに述べる。
  • 斎王代は「斎王」の代わりという意味である。斎王とは歴代天皇の代わりに葵祭に奉仕した巫女のことである。現在では京都に所縁のある女性の中から選ばれる。
  • 葵祭は毎年5月15日におこなわれるが、前儀・後儀が約一か月の間に行われる。有名なものは、流鏑馬神事、斎王代御禊の儀などがあるが、公開されるもののうち、最も重要なものは、御陰祭である。これについては本文中にリンクを明示するので、そちらを参照されたい。
  • 葵祭は上賀茂神社・下賀茂神社での社頭の儀、ならびに、御所(京都御苑)~下鴨神社~上賀茂神社まで移動する路頭の儀により構成される。これらすべてを見ることは不可能である。観覧すべき場所、移動方法についての対策は本文で述べる。
  • 御所(京都御苑)、下鴨神社、並びに上賀茂神社には有料観覧席が設けられている。御所と下鴨神社のものは事前に購入することができるが、上賀茂神社のものは当日のみ購入可能である。
  • 本投稿は随時更新される。

いちきしま ひめ
いちきしま ひめ

まずはビデオで概要をご確認くださ~い

スポンサーリンク

葵祭とは?

歴史

葵祭2017

葵祭の正式名称は「賀茂祭」といいます。「賀茂祭」というのは、賀茂神社の例祭を指します。賀茂神社とは賀茂御祖宮神社(かもみおやじんじゃ。下賀茂神社の正式名称)と賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ。上賀茂神社の正式名称)の総称のことです。かつては旧暦4月の2回目の酉の日に行われていましたが、現在では毎年5月15日に行われます。

祇園祭、時代祭と並び京都三大祭の一つとして知られますが、同時に、石清水八幡宮の岩清水祭、春日大社の春日祭とともに三勅祭としても知られています。勅祭とは天皇の使者たる、勅使が派遣される神社の祭祀のことです。先頃行われた平安神宮の例祭などがこれに当たります。三勅祭とは、勅祭の中でも、とりわけ旧儀を保存する目的で、古式に則って特別な方式で行われるもののことです。

御蔭祭2016

平安時代には貴族の間で「祭」といえば、賀茂祭をさしていました。この賀茂祭が「葵祭」と呼ばれるようになるのは江戸時代に入ってからのことです。江戸時代になると、賀茂祭の時、宸殿、牛車、勅使などの参列者全員が賀茂社の神紋たる葵の葉で飾るようになり、このことから「葵祭」と呼ばれるようになりました。

葵祭のはじまり

葵祭の起源は少なくとも平安京遷都以前の飛鳥時代に遡ります。

上賀茂神社の賀茂祭のパンフレットによると、上賀茂神社の御祭神の賀茂別雷大神(かもわけいかづちのかみ)が神山(こうやま。現在でも禁足地で磐座があります)に御降臨された時に、神託により、葵をつけた馬でお迎えしたことに起源をもつと言われます。

また、『山背国風土記』逸文、若しくは『加茂縁起』によれば、欽明天皇在位時(6世紀半ばころ、文献により異なる)、日本国内では天候が荒れ、風水害が続き五穀が実らないなど、天災に見舞われました。欽明天皇は567年、卜部伊吉若日子(うらべのいきわかひこ)に原因を占わさせると、賀茂の神々の祟りだと判明しました。卜部伊吉若日子は勅命を帯び、旧暦4月の吉日に祭礼を行い、馬には鈴をかけ、人は猪頭(ししがしら)をかぶり、賀茂の神のおわす斎庭を一気にかける駆競(かけくらべ)をしたところ、風雨はおさまり、五穀は豊かに実って国民も安泰になりました。今日ですと、葵祭当日、上賀茂神社で最後に行われる走馬の儀、若しくは御阿礼野で行われる山駆(やまがけ)がこの駆競に相当します。

その後、平安時代に入り、810年には律令制の下、勅命により執り行われる勅祭となり、819年には中祀に準じて斎行すべしとの勅命が下されます。『延喜式』によると、祭祀は大祀、中祀、そして小祀にわかれます。これらは斎戒(祭祀に際し、禁忌を犯さないように努めること)の期間により区別されます。中祀では祭の前3日間潔斎します。大祀は践祚大嘗祭(せんそだいじょうさい。天皇が即位した後最初に行われる新嘗祭)のみ、中祀は祈念祭、月次祭、神嘗祭、新嘗祭の四者のみです。

当時は後述申し上げます社頭の儀はほとんど公開されず(現代でも垣間見ることができるだけです。)、上皇、貴族、市民、地方からの見物人は御所から賀茂社へ向かう行粧(行列のこと)を見ていました。この様子は『源氏物語』や『栄花物語』などに描写されています。

このように平安時代には盛大に行われた葵祭ですが、室町時代には徐々に衰退に向かい、応仁の乱以降は途絶えてしまいます。

この後、江戸時代にいったん復活しますが、再び、明治時代に途絶えます。明治天皇の旧儀復興の仰せにより、先程申し上げました、三勅祭となり復活しますが、太平洋戦争中に行粧が中止され、社頭の儀のみが行われることになります。戦後の1953年に行粧が復活し、1956年に、後述します斎王に変わる、斎王代の女人行列が行われるようになり、現在に至ります。

スポンサーリンク

葵祭の斎王代と斎王

斎王代2016

斎王とは神の御杖代(みつえしろ。神や天皇の杖となって助ける者のこと。杖が依代になると考えられたことに基づく)として、祭祀に奉仕した未婚の皇女のことを指します。歴史上、伊勢神宮と賀茂祭にしか奉仕した例はありません。(両者を区別するため、伊勢神宮に奉仕する斎王は斎宮と呼ばれます。)

賀茂祭では810年から齋院(さいいん/いつきのみや)と呼ばれる斎王の制度が始まります。これは『賀茂皇大神宮記』によると、嵯峨天皇が薬子の変に際し、平城上皇に勝利すれば、王城鎮護の社たる賀茂社に皇女を奉るむね祈願したことが始まりとなっています。の斎王は天皇陛下が即位すると占いで選出され、譲位、もしくは崩御するまでその役目を果たしました。

斎王は選出されると御所内の「初齋院」と呼ばれるところで生活し、毎日潔斎し、毎月朔日には賀茂社の神様を遥拝するという生活を3年間送りました。

櫟谷七野神社

その後、野宮という院(現在の櫟谷七野神社「いちいだにななのじんじゃ」の周辺と言われます。ただし、野宮はその都度壊されたので定かではありません。)に入り、賀茂川で潔斎した後、初めて賀茂祭に奉仕できる状態になりました。この櫟谷七野神社のあたりにあった斎院は紫野斎院とよばれ、実際の大きさは約120メートル四方くらいで、櫟谷七野神社がある辺りはその西北の一角をしめていました。

櫟谷七野神社

写真は現在の櫟谷七野神社です。地図上では簡単にいけそうですが、大きな通りに面していないため、行けば確実に迷います。もし行かれるのでしたら、十分に時間に余裕をお持ちになってください。

落柿舎の紅葉2017

ちなみに初代賀茂斎院は「有智子内親王(うちこないしんのう)」という方で、墓所が嵐山の落柿舎の隣にあります。お墓ですので写真の撮影はしません。

賀茂祭当日は院を出て南下し、一条大路で勅使の列と合流し、一条大路を東にすすみ、下鴨神社、上賀茂神社の順に参向しました。上の地図の青い枠がおおよその平安京の位置です。赤い鳥居が現在の櫟谷七野神社神社です。そこから南下し、大宮大路から一条大路に入ります(赤い宇宙人マークの場所)。

葵祭2017

この一条大路は『源氏物語』の「葵」の巻に出てくる車争いの舞台となったところです。ただ、この車争いが起ったのは賀茂祭の日(現在の葵祭で行われる社頭の儀や路頭の儀の日ではないという意味です。)ではなく、賀茂祭の4日前におこなわれる斎王御潔(さいおうごけい)と呼ばれる儀式の日です。車争いとは、六条御息所が御潔の日に参列する光源氏を見ようと一条大路で牛車で陣取っていたところ、葵の上の一行が割り込んできて、恥をかかされてしまうという場面です。

この斎王御潔は青い宇宙人マークのあたりで行われたことが多かったと推認されます。ただし、御禊を行う場所は陰陽師がその都度占って決めていたので、鴨川沿いの広範囲に存在しました。この斎王御潔は斎王をみることのできる数少ない機会だったので、貴族はもちろん、一般人や地方から上京してきた見物人などでごった返していたようです。この様子は清少納言の『枕草子』にも記載されています。この斎王御潔は今日の斎王代禊の儀に相当します。現在の斎王代禊の儀は手を川につけるだけですが、伊勢神宮に奉仕した斎宮は桂川に身を浸して御潔をしていたそうです。

この斎王の制度も鎌倉時代には途絶えてしまい、その後、1956年に斎王代として復活しました。斎王代の「代」とは代替とか代わりという意味です。現在では皇女ではなく、一般の未婚女性が選ばれ4月に発表されます。

トップへ戻る