おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

下鴨神社の歴史や縁結びのご利益、葵祭などのみどころや七不思議、全部教えるよ。

いちきしまひめ
今日は下鴨神社にいきますよ~
やぎももさん
縁結びや七不思議、みどころだらけどすえ。
いちきしまひめ
葵祭や御蔭祭もありますね~
ヒヒヒ
糺の森や由来なんか歴史的に面白そうだし、色々な行事がてんこ盛りらしいな。出番だぜ。
Kyoto Goat
てんこもりやでしかし

スポンサーリンク

下鴨神社の歴史

 上賀茂神社の正式名称は「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)」といいます。上賀茂神社とともに、賀茂氏の氏神が祀られ、両者で賀茂社を構成します。御祖という感じから推認されますように、上賀茂神社の御祭神たる賀茂別雷命(かもわけいかずちのかみ)の母神にあたる玉依姫命(たまよりびめのみこと)とその父神である、賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)が祀られています。

 上賀茂神社と同様に、平安京遷都以前から存在するもっとも古い神社の一つです。賀茂御祖神社と呼ばれるようになったのは明治時代からで、元来は賀茂大神宮(かものおおかみのやしろ)とよばれていました。

 社記によると、綏靖天皇(すいぜいてんのう)の御代(紀元前6世紀)にはすでに御生神事(詳細は御蔭祭の記事をご覧ください。)が行われていたと伝えられています。平安京遷都以前から、朝廷の篤い崇敬をうけていました。平安京遷都後は、上賀茂神社同様、二十二社の内の一社として、皇城の鎮護社になります。

 二十二社とは、平安時代の神社の社格で、国家の一大事に際して、朝廷から特別の奉幣をうける神社がこれに当たります。奉幣とは、天皇の命により幣帛を神社などに納めることです。幣帛とは神様への捧げもののことです。例えば、葵祭の幣帛は布です。二十二社のなかで、上賀茂神社(下鴨神社と共に、「賀茂社」と表記されています。)は伊勢神宮、石清水八幡宮に次いで3番目に位置します。(この三社は別格扱いです。)

 二十二社の制度は室町時代後期には機能しなくなり、奉幣は途絶えます。しかし乍、明治時代になると、勅祭社(祭の際に天皇の勅使が遣わされるもの)の一つとなります。葵祭では今日でも勅使が遣わされます。(ただし、行列の勅使代は勅使ではありません。)

 現在では、国宝二棟、重要文化財四十八棟を有し、1994年にはその歴史的価値から、世界遺産に登録されました。

スポンサーリンク

下鴨神社の御神紋

下鴨神社の葵下鴨神社の葵

 葵とは『会う「ひ」』という意味で、「ひ」とは神様を表します。糺の森の中に植えてあります。他にも河合神社に鉢植えがあり、本殿横の葵の庭(特別拝観の折に入れます。)には自生しています。

スポンサーリンク

下鴨神社と八咫烏(やたがらす)

下鴨神社の八咫烏

 『新撰姓氏録』という、嵯峨天皇が編纂を命じた古代氏族の名鑑のような本があります。祖その中で、八咫烏は下鴨神社の御祭神、賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)が姿を勝てたものであると伝えています。八咫烏とは、日本神話に於いて、熊野から大和苦にまで神武天皇を導いた三本足の烏であるとされています。

 八咫烏は下鴨神社の境内のにある摂社、河合神社の中の、任部社(とうべしゃ)の中に祀られています。また、日本サッカー協会のシンボルマークになっています。これは、ボールがゴールに導かれるようにとの願いが込められています。

スポンサーリンク

下鴨神社のみどころ

本殿 (国宝)

久我神社

 本殿は流造(簡単に申しますと、屋根の前側がびよ〜んと伸びている造り)の典型として国宝に指定されています。(写真は久我神社です。下鴨神社の本殿は撮影できません。)

下鴨神社本殿

 下鴨神社も上賀茂神社同様に本殿が二つあります(写真の中門をくぐってさらに奥にあります。撮影はできません。)上賀茂神社の場合、本殿と権殿(ごんでん。なにかあった時のための仮の本殿)があり、御祭神は一柱ですが、下鴨神社の場合、西殿に賀茂建角身命、東殿に玉依姫命、それぞれ二柱が祀られています。

下鴨神社えと詣

 先ほどの門をくぐった先の位置関係はこのようになっています。門の先には十二支が祀られている小さなお社があります。写真で「ご本社」と書いてある所は正式には幣殿(へいでん)といい、重要文化財に指定されています。幣殿の先に本殿が二つあります。

 

楼門 (重要文化財)

下鴨神社楼門

 鳥居の先、正面にあります。

下鴨神社の剣の間

 楼門をくぐって左を向くと、巨大なわんこがいます(2018年5月現在)。ここは「剣の間」といい、葵祭の時、勅使はここで剣を解きます。毎年新年に干支の絵馬が新調されますが、ありがたいお言葉が書かれています。今年は「ならぬ堪忍するが堪忍」。

大炊殿

下鴨神社大炊殿

 大炊殿とは神饌(かみさまの食事)を用意する場所、すなわち台所です。入口は鳥居を模しています。

下鴨神社大炊殿下鴨神社大炊殿

 中は昔の台所です。

下鴨神社大炊殿

 神饌の模型も展示してあり、なかなか面白いところです。毎回、特別拝観の折に入ることが出来ます。

葵の庭 a.k.a. かりんの庭

下鴨神社葵の庭下鴨神社の双葉葵

 双葉葵が自生しています。かりんがはえていることから、かりんの庭とも呼ばれます。

水ごしらへ場

下鴨神社水ごしらへ場

 葵の庭の中にあります。水に関する神事が行われた場所で、パワースポットとして知られています。手をかざすと温かくなるとガイドの方に教わりました。

唐車

唐庇網代杏葉車

唐庇網代杏葉車(からびさしのあじろのぎょうようしゃ)と言います。上皇、摂関、勅使用の牛車です。大炊殿の左隣にあります。

相生社(あいおいのやしろ)と連理の賢木

下鴨神社相生社

 産霊神(むすびのかみ)という縁結びの神様が祀られています。元来、むすひといい「むす」は生まれる、「ひ」は神霊をそれぞれ表し、万物を生ぜしめる力を意味します。

下鴨神社連理の賢木

 鳥居向かって左側にあるのが御神木の「連理の賢木(れんりのさかき)」です。産霊神の神威により二つの木が一つの木としてむすばれたものと伝えられます。後ほどご紹介します、京の七不思議のひとつにもなっています。

相生社参拝方法。

 相生社には特別なお詣りの仕方があります。現地には上の写真の看板があり、詳しく説明されておりますので、ここでは概略をご紹介します。

 まず、下がったところにある社務所で絵馬を入手し、願いごとを書き込みます。その後、願い事がみえないように、紙片で隠します。

 絵馬を持ったまま、女性は反時計回りに、男性は時計周りに、相生社の周りを2周します。3周目で絵馬をかけ、他の神社と同様に、相生社にお詣りします。

 お参りの仕方は二礼二拍手一礼です。わからない方は、ビデオでご確認下さい。

 その後、連理の賢木に結ばれている、御生曳(みあれびき)という紐を2回引いて、連理の賢木にお詣りします。

井上社 a.k.a. 御手洗社

御手洗社2017斎王代禊の儀

 もともとは賀茂川と高野川の合流する辺りにあったお社で、賀茂齋院が参拝した所です。江戸時代に現在の場所に遷宮されました。井戸の上に祀られていて、御手洗川という小川になっています。現在でも斎王代御禊の儀はここで行われます。(ただし、上賀茂神社と隔年)土用に足付け神事、立秋の前後に矢取神事が行われます。土用の頃になると、水かさが増します。この時、地底から泡が湧くといわれ、これをかたどったものが、御手洗団子になったといわれます。

河合社

河合社

 正式には「鴨河合坐小社宅神社(かものかわあいにますおこそやけのじんじゃ」と言います。神武天皇の母神、玉依姫命が祀られていて、女性の守護神・美麗の神様として知られています。

河合社の鏡絵馬河合社の鏡絵馬

 どこかでご覧になったことがおありかと思いますが、河合社の絵馬は鏡絵馬といい、手鏡の形をしています。自分のメイク道具でメイクを施して奉納する珍しい絵馬です。

河合社絵馬化粧所

 境内に設けられた、絵馬化粧室というところで行います。中にはサインペンなども備えつけてありますので、メイク道具をお持ちでない方も安心です。

下鴨神社の方丈鴨長明の方丈

 河合社は鴨長明と所縁がある(賀茂社の禰宜の子で、河合社の禰宜になろうとしたが、反対にあい、その後、出家。)ので方丈(ポータブルお家)があります。

 雑太社(さわたしゃ)

雑太社雑太社

 球技の神様、神魂命(かんたまのみこと)が祀られています。確か2017年に建てられた記憶があります。日本ラグビー発祥の地です。

賀茂齋院・歴代斎王神霊社

賀茂齋院神霊社

 つい最近建てられました。歴代の賀茂齋院が祀られています。

スポンサーリンク

糺の森(ただすのもり)

下鴨神社糺の森下鴨神社糺の森

 糺の森とは、下鴨神社の参道の周囲にある森で、鎮守の森のことです。古神道(簡単に申しますと、今の神道の原型)では、森などの自然そのものが崇拝の対象になっていましたことに基づきます。多くの神社では失われてしまいましたが、下鴨神社には現存しています。広さは甲子園の三倍、約12万平方メートルあります。太古の原生林があり、よく調査が行われています。(最近も調査が行われていました。)国の史跡に指定されています。

糺の森の遺跡

 これを証明するかのように、糺の森の中には古代の祭祀の跡があります。写真は12世紀の祭祀跡の遺跡です。

 なぜ「糺の森」と呼ばれるかには諸説あります。賀茂川と高野川の合流地点を只州(ただす)と呼んだから、または、清廉な水が湧き出る直澄(ただす)、神様の前で偽りをただすに由来するなどと言われます。ちなみに、手水舎の前には二番めの説が説明されています。

下鴨神社の切芝

 参道を進んでいくと、へこんだところがあります。

 ここは切芝と呼ばれ、御蔭祭の際にはここで切芝神事という神事が行われます。お馬さんがいるところが切芝です。東遊という舞楽が舞われます。

さざれ石

 さらに進んでいくと、さざれ石があります。さざれ石は火山の噴火により、凝固した石の琴です。下鴨神社の他には、護王神社(蛤御門すこし下がったところ)にもあります。

スポンサーリンク

下鴨神社の七不思議de 京の七不思議

1 切芝

御蔭祭2016御蔭祭2016

 糺の森の中心地で、かつては祭祀が斎行されていた場所と言われます。先ほど申し上げましたように、ここで切芝神事が行われます。お馬さんは背中の上の小さな天蓋のようなものなかに、御蔭神社で生まれた神様をのせています。お馬さんに舞を見せるのは、お馬さんの目を通して神様が見るためです。

2 船ヶ島・奈良社旧跡

船ヶ島

 泉川と奈良の小川という川の合流地点にある船の形をした岩で、度々雨ごいが行われていました。奈良殿神池(ならどののかみのにわ)という場所の中にあります。ここは古代の磐座(古神道の信仰の対象たる磐)で、葵祭の際にはお祓いが行われていました。ならの小川という名前はここからきています。ちなみに、願い事をしてならの小川とかき混ぜて、小石が舞うと願い事が叶うと言われています。

3 赤椿

 冒頭で申し上げましたように、下鴨神社は朝廷からの崇敬も厚く、大変地位が高い神社です。故に、神職の地位も勅使よりも高かったそうです。おそらく、本殿まで行けたのは上賀茂神社同様、天皇・将軍クラスだったのかと思います。そこで、神職の衣装が目立たないように、さらに目立つ赤い椿が沢山うえられたと伝えられます。

4 連理の賢木

下鴨神社連理の賢木

 先ほどご紹介しました、相生社の連理の賢木です。産霊神の御神威で二つに結ばれています。枯れても、糺の森の中でか必ず同じように結ばれた木がみつかるそうです。写真の木は4代目だそうです。

5 御手洗川の泡

下鴨神社の流し雛

 こちらも先程ご紹介しました御手洗川です。土用の足付け神事(御手洗祭)の時分に水が増すとよくありますが、実際には、夏場になると水量が増します。(天然水なのでよくあることです。)

みたらし団子

 水が増すとき、泡がでて、これがみたらし団子のもとになったとご紹介しましたが、いきさつは次の通り。後醍醐天皇がみたらし川の水をすくったところ泡が湧いてきたのでこれをかたどったのがみたらし団子と伝えられています。

6 烏縄手と石

烏縄手

 縄手というのは細い道のことです。八丁畷などと一緒です。烏縄手とは八咫烏,

i.e. 賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)にお詣りする道という意味です。糺の森には沢山このような縄手があったそうですが、写真は復元されたものです。

紅葉橋の上

 現在の河合社に行くところに紅葉橋という橋があります。ここも烏縄手の一部だったようですが、ここにはかつて雨ごいを行う、こがらし社というお社があったそうです。雨ごいが叶い雨がふると、この橋(写真は橋の上から撮影)のしたの小石がはねたそうです。

7 なんでも柊

比良木社比良木社お茶の葉

 楼門をくぐって剣の間のさらに先に比良木社, a.k.a. 出雲井於神社(いずもいのへじんじゃ)という神社があります。御祭神は須佐之男命です。ここで、厄年の願い事をして、社の周辺に木を植えると、葉がギザギザになり、願い事が叶うと伝えられます。

スポンサーリンク

下鴨神社と神宮寺と鎮守社

 上賀茂神社の記事で詳しくご紹介していますが、神宮寺とは、神仏習合の時代に建てられた、神社を守るためのお寺のことです。

地主神社

 逆にお寺を守る神社を鎮守社といい、清水寺の境内にある地主神社などがその例です。

下鴨神社神護寺跡

 糺の森の中に、この神宮寺と近くにあった池の跡があります。元々は嵯峨天皇の勅願時として建立されたものです。

スポンサーリンク

下鴨神社の四季のみどころ

蹴鞠はじめ

下鴨神社蹴鞠はじめ下鴨神社蹴鞠はじめ

毎年1月4日に開催されます。中国から仏教とともに伝わりました。中臣鎌足と中大兄皇子が出会ったのは飛鳥寺で蹴鞠をしていた時です。

流し雛

下鴨神社の流し雛下鴨神社の流し雛

下鴨神社の流し雛下鴨神社の流し雛

 毎年、桃の節句にさんだわらと呼ばれるものに乗せたひな人形を御手洗川にながし、無病息災を祈願します。リアルおひなさまやたわわちゃんにあえます。

流鏑馬神事

2017流鏑馬神事 下鴨神社2017流鏑馬神事 下鴨神社

2017流鏑馬神事 下鴨神社2017流鏑馬神事 下鴨神社

 葵祭の前儀で、毎年、5月3日に行われます。下鴨神社では騎射と呼ばれます。古式が再現されています。

斎王代御禊の儀

2017斎王代禊の儀2017斎王代禊の儀

 隔年で上賀茂神社と下鴨神社で行われます。葵祭に先立ち、斎王代が御手洗川で禊を行います。

 御手洗川に手をつけ、身を清めたあと、人形を流します。詳細はビデオでご確認下さい(上賀茂神社で撮影したものです。)

歩射神事

2017歩射神事

 勅使が通る楼門越しに矢を放ち、参道を清める屋越式や弓を鳴らして四方の邪気を払う蟇目式などが行われます。

 ビデオは屋越式の様子です。

御蔭祭

御蔭祭2016御蔭祭2016

 葵祭に先立ち、八瀬山中の御蔭神社で新たに生まれた、賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)の荒魂を下鴨神社までお連れする神事です。詳細は御蔭祭の記事をご覧ください。

葵祭

 京都三大祭の一つです。上賀茂神社の御祭神、賀茂別雷大神が神山に降臨された際、御神託により、走馬を行ったことに始まり、その後、国家安泰を祈願する勅祭になりました。平安時代には祭と言えば葵祭(当時は賀茂祭)のことをさしていたというのは有名な話です。葵祭と呼ばれるようになったのは江戸時代からです。詳細は世界一詳しい葵祭2018をご覧ください。

御手洗祭 

 土用の丑の日に御手洗川に足をつけ、穢れを祓い、無病息災を祈願します。

夏越神事

 立秋の前夜、御手洗川に立てた斎矢という矢を氏子の裸の男性が奪い合う神事です。裸体が出てきますので写真・ビデオの掲載は控えます。

名月管絃祭

下鴨神社の名月管絃祭下鴨神社の名月管絃祭

中秋の名月の夜、境内で雅楽や舞楽などの奉納が行われます。

 

スポンサーリンク

下鴨神社基本情報

正式名称 賀茂御祖神社

De facto 名称 下鴨茂神社

住所 京都市左京区下鴨泉川町59

電話 075-781-0010

ウェブサイト 下鴨神社公式ホームページ

参拝時間 6:30~17:00

参拝料 無料(特別拝観を除く)

スポンサーリンク

下鴨神社へのアクセス

JR京都駅から

 京都市バス4号系統で、下鴨神社前バス停下車。徒歩3分。

京阪から

 京阪出町柳駅から徒歩5分。

阪急から

 阪急河原町駅で下車し、四条河原町バス停から京都市バス4号系統で、下鴨神社前バス停下車。徒歩3分。

 

si

この記事が気に入ったら
いいね!してね。
Follow me, BAAH!
Don't miss the latest article from Kyoto.
京都観光 洛北エリア
スポンサーリンク
フォローしてね/ Follow me, BAAH!
ヤギの京都観光案内/KYOTO GOAT BLOG
トップへ戻る