おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

金閣寺のアクセス:バスと電車と最寄り駅とバス停【宇宙一詳細】

スポンサーリンク

Overveiw

  • 金閣寺の最寄りバス停は「金閣寺道/金閣寺前」バス停である。最寄り駅はない。京都駅からは地下鉄で今出川で降りて市バス59系統を利用するか、もしくは北大路まで行き101、102、204、205系統の利用を推奨する。京都駅から、205系統・二条城金閣寺エクスプレスで行くこともできるが、渋滞の可能性を考慮し利用は推奨しない。いずれも金閣寺道バス停で下車。
  • 京阪利用の場合は出町柳駅で下車し、出町柳駅前バス停より203系統に乗車。金閣寺道バス停で下車。
  • 阪急を利用の場合は西院駅で下車し、西大路四条駅より205系統に乗車。金閣寺道バス停で下車。
  • いずれの場合も混雑回避のためには朝一(午前9時に開門)に金閣寺を参拝すること。
  • その他の観光地から金閣寺へのアクセスは後程述べる。
スポンサーリンク

金閣寺へのアクセス 京都市バス

利用できるバス停

金閣寺バス停

地図上のバス停マーク。こちらがメインのバス停。問題点がいくつかある。ハイシーズンにはバス停が移動。

金閣寺バス停

地図上の星マーク。59系統を利用し、龍安寺、仁和寺方面へのアクセスする時、並びに12系統(祇園方面から二条城経由で金閣寺へ向かう路線)利用時に利用。ハイシーズンにはバス停が移動。

利用できる系統

二条城・金閣寺行

JR京都駅から二条城と金閣寺へ直通する路線。9、10、12、13、14時台に一時間につきやく3本程度しかない。空いていれば利用しても構わない。JR京都駅からの利用は推奨しない。後述するように、地下鉄で今出川駅まで行き、そこからバスで行く方が早い。

12系統

祇園方面から四条通り、二条城を経由して金閣寺にくるバス停。

市営地下鉄四条駅と三条京阪駅と東山駅、京阪三条駅と祇園四条駅、並びに阪急河原町駅と烏丸駅と連絡し、市内中心部からのアクセスが良い。本数は一時間に4本程度。混雑する金閣寺道バス停ではなく、相対的に空いている金閣寺前バス停を利用する。利便性が高い。

59系統

金閣寺ー龍安寺・仁和寺間の移動に必須の路線。本サイトでは地下鉄今出川駅を介し、JR京都駅ー金閣寺、龍安寺、仁和寺間の移動に推奨する。一時間に4~5本程度。

101、102系統

101はJR京都駅から金閣寺、102は銀閣寺から金閣寺へ行くことが出来る。100番系統は観光用の路線で、それぞれ乗り継げば、市内の主な場所を一周できるようになっている。空いていれば利用しても構わない。ただし、これらの系統が来るのをを待つのは得策ではない。101は一時間に4本程度、102は二本程度。

204系統

銀閣寺方面からのアクセスに便利。金閣寺ー銀閣寺間のアクセスは章を改めて詳述する。に4本程度。200番台は循環系統なので、乗る方向を間違えても必ず目的地に着く。

205系統

市街地の外周を一周している。JR円町駅、阪急西院駅、嵐電西院駅・北野白梅町駅、四条河原町、下鴨神社などに行ける。迂遠なため、JR京都駅から金閣寺に行くときは絶対に利用しないこと。特に週末・ハイシーズンに朝一で利用すると、一日の予定が崩れる可能性がある。金閣寺からJR京都駅に時間を気にせずに戻る場合は利用しても構わない。一時間に7~9本程度と本数は多い。

その他市バス利用上の注意点

京都の観光地を市バスや鉄道で利用する際の詳細な解説は以下のリンクを参照されたい。

京都市バス・鉄道の渋滞・混雑予想と回避策【永久保存版】
京都市バス・鉄道の混雑・渋滞回避の方法・ルート等の攻略法完全版をご紹介しています。

金閣寺ガイド

金閣寺につきましては、以下のリンクよりご確認下さい。

京都金閣寺の歴史、見所、内部を画像付きで世界一詳細かつ簡単に説明
京都にある世界遺産金閣寺の歴史、内部の様子、紅葉、雪、金箔などの見所を世界一詳細かつ簡潔に説明します。全て実際に行って確認しています。
スポンサーリンク

金閣寺へのアクセスの問題点

逃げ道がない

金閣寺へのアクセスは清水寺とならび、京都観光最大の修羅場である。清水寺の場合、最寄りバス停を回避する方法があるが、金閣寺の場合はない。また、金閣寺は市内でも最大の観光スポットであり、修学旅行生、内外国の観光客にとって絶対に外せない場所である。このため、金閣寺道・前バス停は平日でも混雑していることが多い。休日・ハイシーズンはバス停に列ができる。これを回避するには、朝一で金閣寺に行き、それから、どこかに移動するのが良い。具体的には、朝一(金閣寺の参拝は午前9時からである)に参拝し、その後、龍安寺、仁和寺方面に行き、嵐電御室仁和寺駅から嵐山方面に向かうと、時間が有効に使える。また、清水寺は午前6時から参拝可能なので、清水寺に朝一でいき、その後金閣寺へ、というプランも考えうる。ただし、早朝は清水寺でお守りや御朱印が頂けないので留意されたい。

バス停が移動

ハイシーズンや連休などの場合、バス停の位置やバスのルートが変更になる場合がある。これはその時により異なるので現地で確認するしかない。ただし、この場合、市バスの職員さんがバス停付近にいるのが通例なので、それほど大変なわけではない。

金閣寺は広い

金閣寺は各バス停から入口までかなり距離がある。正門のようなところまでは3分くらいであるが、入口はさらに奥にあり、いったん中に入ると、一周しないと外に出てくることが出来ない。バスを降りてから、当該バス停にもどってくるまで、約1時間くらいかかるので時間には余裕を見ておく必要がある。

トップへ戻る