おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

京都の紅葉2019/令和元年:おすすめモデルコース清水寺→金閣寺→永観堂→南禅寺→天授庵→清水寺ライトアップ

スポンサーリンク

概説

本投稿では、清水寺・金閣寺・永観堂・南禅寺(時間が許せば天授庵)など、有名で人気がある紅葉スポットを一日で周り、最後に清水寺のライトアップを楽しむコースをご紹介します。

人気スポットを一日で周るため、最初に訪れる清水寺は早朝6時からの参拝を予定しています。都合がつかない場合は、金閣寺からスタートし、永観堂の後で清水寺に向かうなどしてください。ただし、その場合はかなり時間が切迫しますので、ご注意ください。本来、紅葉シーズンには、清水寺と金閣寺は同日に訪れるべきではありませんが、一日で周りたいとの需要に対処すべく、本コースが設定されていることをご理解ください。

ご紹介するコースは時間に十分な余裕をもって設定しています。時間が余れば、南禅寺とすぐ近くの天授庵、南禅院に行かれることをお勧めします。

時期は11月第3週位を想定しています。

見頃に関しては以下のリンクを御参照ください。

京都の紅葉の見頃予想2019/令和元年
過去のデータに基づき、令和元年/2019年の京都の紅葉の見頃を予想します。地域ごとの差異や特徴を加味しながら、昨年までの様子を概観し、本年の様子も順次ご紹介してまいります。

 

 いちきしま ひめ
 いちきしま ひめ

尚、本投稿の紅葉の時期は厳密なものではありません。あくまでも目安としてお考え下さい。また、本投稿内の寺社仏閣の公開時間、拝観料などは変更されることがありますので、ご注意ください。右、並びに本サイトから起因する一切の不利益に対し、本サイトはいかなる責任も負いません。かならずご自身でご確認ください。

スポンサーリンク

京都駅発 5時31分

モデルケースとして、京都駅からスタートすることにします。

京都駅前バス停D2乗り場発5時31分の206系統、祇園・北大路バスターミナル行きに乗ります。平日・土休日とも同じです。

尚、206系統は循環系統です。祇園方面行きのほかに、A3乗り場発の大徳寺・北大路バスターミナル行きもありますので、間違えないように気をつけてください。

京都駅前バス停D1のりば

写真は京都駅前バス停のDのりばです。右側に京都タワーが見えます。屋根の看板にD1と書いてあるのがお分かりかと思います。D2のりばはこの奥にあります。

スポンサーリンク

清水道バス停 5時43分着


当サイトでは清水道バス停に利用は推奨していませんが、早朝はこの限りではありません。ここから徒歩で清水寺に向かいます。所要時間は約15分程度。清水寺の開門時間は6時からです。清水寺には約1時間滞在します。

工事中の清水寺清水寺の紅葉

清水寺は来年の春まで工事中です。11月現在ですと、このような塩梅です。(写真は昨年の11月に撮影)現在の様子は以下のリンクをご参照ください。本堂並びに、舞台の上にいくことは可能です。

清水寺の改修工事はいつまでか?2020年8月現在の舞台の様子【床が工事中・屋根は終了】
清水寺は2020年2月に「平成の大改修」の佳境、本堂の檜皮葺屋根の葺き替え工事が終了し、7月現在、舞台の床の張替え工事中ですが、本堂と舞台、その他の場所へ入り、拝観することは可能です。檜皮葺の工法、舞台の様子など、宇宙一詳細かつ簡潔にご紹介します。

工事前の清水寺

ちなみに工事前はこんな感じでした。

遅くとも7時10分くらいに、祇園バス停に向け出発します。祇園バス停までは徒歩約20分位です。なお、この本コースは時間には十分余裕を見て設定してあります。祇園バス停に早くつけるのであれば、なるべく早めのバスに乗り金閣寺に向かってください。

清水寺の紅葉は以下のリンクをご参照ください。

清水寺の紅葉とライトアップ2020:工事の様子と撮影スポット
清水寺の紅葉とライトアップ2018年につき解説します。現在工事中ですが、工事前の様子を踏まえつつ、撮影スポットや混雑回避のためのアクセス、成就院の特別拝観や隋求堂の胎内めぐりなども併せて世界一詳細かつ簡潔にご紹介します。
スポンサーリンク

祇園バス停 7時40分頃


概ね7時40分位までに祇園バス停についてください。

祇園バス停は全部で4つありますが、漢字ミュージアムの前にあるバス停から、7時50分発12系統、二条城、金閣寺・立命館大学ゆきに乗ってください。8時29分に金閣寺バス停につきますので、下車してください。土休日は祇園発7時49分です。

スポンサーリンク

金閣寺着 8時半頃

概説

金閣寺の入り口(青い宇宙人)はバス停からすぐですが、券売り場(赤い宇宙人)はさらに奥にあります。場合によっては、赤い宇宙人のところまで列ができているかもしれません。金閣寺の開門時間は9時ですが、はやめの到着を予定しています。滞在時間は約1時間程度ですが、混雑を考慮して、2時間半とします。11時半頃に金閣寺を出発します。

金閣寺のおそろしさ

金閣寺は国内外を問わず、一番有名な観光スポットです。紅葉シーズンはもちろん、平生から京都観光最大の修羅場です。

そして、人が多い上に、難点がいくつかあります。まず、境内が広いので、いったん入ると出てくるのに時間がかかります。入り口(赤いタコ)から入って、再びタコマークまで戻ってくるには、平生でも約1時間程度かかります。

また、青いタコマークのところで拝観券を入手しますが、まずお札を渡されます。次にこのお札を少し先の本当の入り口で係の人に提示し、パンフレットをもらいます。この過程で時間がかかります。

金閣寺の紅葉2016

次に入るとすぐ赤い宇宙人のところに行きます。ここからですと正面に金閣寺(正式には舎利殿)を望みます。

金閣寺の紅葉

モザイクがかかっているあたりが赤い宇宙人の場所です。ご覧のように狭いので更に時間がかかります。しかも、ここで満足してきた道を引き返すことはできず、地図上の青い線に沿って一周しないと出てこれません。

本コースでは9時に金閣寺に入ることを予想していますが、出てくる時間は11時半位を目安に設定しています。ヤギ撮影隊の経験によりますと、どんなに混んでいても1時間くらい待てば大抵は入れます。

金閣寺の紅葉につきましては、以下のリンクをご参照ください。

金閣寺の紅葉2019:みどころと見頃、ライトアップ、そして修羅場
2018年の金閣寺の紅葉のみどころ見頃やライトアップの有無、混雑の修羅場を回避策、鑑賞スポット、アクセスなどを詳らかに解説いたします。
スポンサーリンク

金閣寺発 11時半

金閣寺バス停(赤いバスマーク)から12、101、102、204、205系統に乗り北大路バスターミナルで下車します。所要時間は約11分です。ここから地下鉄北大路駅にゆき、地下鉄烏丸線に乗り、烏丸御池で東西六地蔵方面に乗り換え、京都市役所前駅で下車し、周辺でランチタイムとなります。



この記事が気に入ったら
いいね!してね。
Follow me, BAAH!
Don't miss the latest article from Kyoto.
紅葉
スポンサーリンク
フォローしてね/ Follow me, BAAH!
ヤギの京都観光案内/KYOTO GOAT BLOG
トップへ戻る