おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

【京都紅葉2018】おすすめモデルコース2 東福寺→光明院→興臨院→東寺

 本投稿では2018年京都の紅葉鑑賞おすすめモデルコースとして、定番と穴場スポットを織り交ぜ、東福寺→光明院→興臨院→東寺とまわるコースを解説します。いずれも京都市内でも遅く紅葉が始まる地域を中心にコースを設定してあります。11月第3〜4週くらいが目安ですが、近年遅れる傾向にあります。12月はじめくらいが見ごろになる場合もありますので、ご留意ください。尚、寺院などの拝観時間、拝観料などは変更される可能性があります。また、以下にご紹介する場所がすべて同時に見頃になる保証はありませんのでこの点もご留意ください。

京都の紅葉ベスト20/Top 20 sites of Autumn leaves in Kyoto
京都紅葉2018;おすすめ57か所の見頃を予想!
2018年京都の紅葉に向け、57か所の紅葉スポットをご紹介します。総合、名所、穴場の三か所に分け、それぞれ10位までをランキング形式でご紹介し、その他おすすめスポット、穴場などをご紹介しつつ、見頃を予想します。

その他の場所は上記リンクをご参照ください。

スポンサーリンク

東福寺駅からスタート

JR/京阪東福寺駅 8:10着

 ここから徒歩で、南禅寺に向かいます。所要時間は混雑を考慮して約20分。地図に示したルートですすんでください。赤い吹き出しのところが臥雲橋です。ここで人がつまるので時間には余裕を持ってください。

スポンサーリンク

1. 東福寺の紅葉

混雑度・・・★★★★★

今回の滞在時間・・・2時間

通常の滞在時間・・・1時間

拝観時間 

11月~12月初旬まで 8:30~16:00

12月初旬~3月末まで 9:00~15:30

拝観料 

通天橋・開山堂 大人400円 小・中学生 300円

本坊庭園 大人400円 小・中学生 300円

1時間~

ウェブサイト 東福寺公式ホームページ

東福寺のみどころ

東福寺の特徴奈良の東大寺と興福寺から一字ずつとって命名された、臨済宗東福寺派の大本山です。三門は現存する最古のもので国宝になっています。室町時代に境内の桜をすべて伐採し、楓を植えたと伝えられます。市内屈指の名所ですので、大変混雑します。

東福寺の紅葉 みどころ1 通天橋付近

東福寺の紅葉2016東福寺の紅葉2016

東福寺の紅葉2016東福寺の紅葉2016

東福寺の紅葉2016東福寺の紅葉2016東福寺の紅葉2016

東福寺の紅葉は永観堂と同様、色彩が視界に飛び込んでくるような印象を強く受けます。永観堂との違いは、東福寺の方が繊細さが前面にでているところです。東福寺と申しますと、臥龍橋からみた景色が有名です。(昨年は撮影禁止でした。今年もおそらく禁止かと思います。)雑誌などでみると、東福寺の紅葉は色彩が有無を言わさず迫ってくるような印象を受けますが、実際は繊細さが際立っています。

東福寺の紅葉 みどころ2 本坊庭園

東福寺の紅葉2016東福寺の紅葉2016

東福寺の紅葉2016東福寺の紅葉2016

本坊庭園は北側がおすすめです。グラデーションが楽しめます。苔の上に散った紅葉もみどころのひとつです。

東福寺 八相の庭

八相の庭からも少しだけ紅葉を望めます。

東福寺の紅葉2016

東福寺の紅葉2016東福寺の紅葉2016

多くの人が通天閣付近の紅葉で満足されてしまいますが、おすすめは本坊から見る紅葉です。写真に写っているのが通天橋です。この橋の上からの撮影は禁止されていました。この橋のさらに西側に臥雲橋という橋があります(東福寺の境内ではなく、外にかかっている橋)。この臥雲橋から通天橋をみるとちょうど上の写真のような感じに見えます。通天橋下の谷を洗玉澗(せんぎょくかん)といいます。ここからの紅葉の眺めが有名です。写真撮影は禁止になるとおもいますので、ご自身の目でご確認ください。

東福寺基本情報

名称 慧日山東福寺

住所 〒605-0981 京都府京都市東山区本町15−778

電話 075-561-0087

FAX    075-533-0621

ウェブサイト 東福寺公式ホームページ

東福寺でのタイムスケジュール

東福寺着 8:30

庭園鑑賞 8:30~9:45

本坊庭園鑑賞 9:45~10:30

混雑が予想されるため、時間は余裕を持って計算しています。拝観後は徒歩で、光明院に向かいます。所要時間は5分程度です。

スポンサーリンク

2. 光明院の紅葉

混雑度・・・★☆☆☆☆

今回の滞在時間・・・1時間

通常の滞在時間・・・1時間

拝観時間 明確には定まっていないようです

拝観料 志納金(ただし、昨年の紅葉期間中は300円でした。)

所要時間 15分~

光明院のみどころ

光明院入山心得

 光明院は東福寺の境外塔頭で、東福寺のすぐ近くにあります。2000年の「そうだ、京都行こう」はここでした。昭和の雪丹と呼ばれた重森三玲作庭の波心庭(はしんてい)という枯山水庭園があります。この庭園は京都市内でも随一の庭園で、季節の如何を問わず、魅力的な所です。苔が美しいことから、虹の苔寺とも呼ばれています。尚、静謐の中で紅葉を愛でたい方のみ入山してください。私も僭越乍、皆様を信じて居ります。

光明院(京都)の紅葉と波心庭
京都の隠れた名所、かつ穴場の光明院をご紹介。重森三玲作の波心庭の桜や紅葉、茶室、書院の吉野窓からみる枯山水庭園などのみどころ、御朱印の有無、重森三玲などにつき世界一詳細に解説します。

光明院の紅葉のみどころ

波心庭

光明院の紅葉2016 波心の庭光明院の紅葉2016 波心の庭

ひみつ光明院の紅葉2016

 光明院の紅葉は波心庭をあらゆる角度から堪能するということにつきます。本坊や書院などが解放されていますので、時間を忘れてください。

アプローチ付近

光明院 雲嶺の庭の紅葉光明院 雲嶺の庭の紅葉

光明院 雲嶺の庭の紅葉光明院 雲嶺の庭の紅葉

 順番としてはこちらが先に目に入ってきます。アプローチ部分もさりげなく完璧です。紅葉、白砂、松、敷石、石の調和が見事です。

光明院基本情報

名称:光明院

住所:〒605-0981 京都府京都市東山区本町15−809

電話:075-561-7317

FAX:075-561-7328

公式ホームページ なし

拝観時間 明確には定まっていないようです

拝観料 志納金(ただし、昨年の紅葉期間中は300円でした。)

所要時間 15分~

光明院でのタイムスケジュール

光明院着 10:35

庭園拝観 10:35~11:35

拝観後は徒歩でJR東福寺駅に向かい、奈良線に乗車、JR京都駅に向かいます。

スポンサーリンク

3. JR京都駅

ヤギの昼ご飯

 12:00頃を目安に到着。お昼タイムとなります。13:00を目安に、京都市営地下鉄京都駅に向かいます。

スポンサーリンク

4. 地下鉄京都駅

 市営地下鉄の京都駅から烏丸線国際会館方面ゆきに乗車し、北大路駅で下車します。北大路駅到着は13:30くらいです。ここから市バスの北大路バスターミナルに向かいます。

 北大路バスターミナルに着きましたら、青のりばFGのりばに向かいます。

Fのりば;北8、M1、101、102、205系統

Gのりば;204、206系統

のバスが発着しますが、いずれも目的地の大徳寺前バス停に停車しますので、早くついたものに乗ってください。乗りましたら、大徳寺前バス停で下車下ください。所用時間は約5分です。一番本数が多いのは206系統です。

 バス停からは徒歩約5分程度です。13:40興臨院到着です。

スポンサーリンク

5. 興臨院の紅葉

混雑度・・・★☆☆☆☆

今回の滞在時間・・・1時間

通常の滞在時間・・・1時間

秋の特別公開期間 2017年10月3日~12月17日

拝観時間 10:00~16:00

拝観料 大人 600円 中高校生 400円 小学生 300円

ウェブサイト なし 詳細は京都春秋ホームページ

所要時間 1時間~

興臨院のみどころ

興臨院は大徳寺の境内塔頭で、前田利家公の菩提寺です。普段は非公開ですが、ちょうど紅葉の時期は特別公開されています。簡素な中に、市内でも随一の発色を楽しめます。特に雨の日がおすすめです。

301 Moved Permanently

興臨院の紅葉のみどころ

興臨院の紅葉は各色の発色に心を奪われます。しかしながら、紅葉ベスト15ご紹介しました永観堂のものとは異なり、色彩の只中にあるというより、静寂の中に色彩が映えます。是非、両者に参拝し、違いをご堪能頂ければと思います。実質的にはこの二者が京都の紅葉の双璧をなします。

興臨院の紅葉2016興臨院の紅葉2016

興臨院の紅葉2016興臨院の紅葉2016

興臨院の紅葉2016興臨院の紅葉2016

天授庵の紅葉はどちらかと申しますと、赤、紫が中心になります。この紫(に見える)が最大の特徴です。

興臨院の基本情報

名称 興臨院

住所 〒603-8231 京都府京都市北区紫野大徳寺町80

電話 075-491-7636

拝観期間 通常非公開

興臨院でのタイムスケジュール

興臨院着 13:40 

興臨院発 14:40

バス停は来た時と同じところです。ここから市バス12系統に乗ります。乗りましたら、金閣寺前バス停で下車し、そのままそこで待ち、59系統に乗ります。所用時間は乗り換えこみで20〜30分程度です。

 59系統に乗り換えましたら、龍安寺前バス停で下車してください15:10に龍安寺着の予定です。

スポンサーリンク

6. 龍安寺の紅葉

混雑度・・・★★★★★

今回の滞在時間・・・1時間

通常の滞在時間・・・1時間

公式ホームページ 龍安寺ホームページ

拝観時間

3月~11月 8:00~17:00

12月~2月  8:00~16:30

拝観料 大人 500 円 15歳以下 300 円

所用時間 1時間〜

龍安寺のみどころ

 我が国を代表する枯山水庭園があり、世界遺産に登録されています。度重なる火災で資料が焼失していて、いろいろと謎が多いところです。エリザベス女王が絶賛して以来、石庭が有名になりましたが、それ以前は回遊式庭園が有名でした。

龍安寺の紅葉のみどころ

石庭

龍安寺の紅葉龍安寺の紅葉2016

 まずは石庭から見てみましょう。枯山水庭園は季節を問わず鑑賞できるように、花などは植物は植えないのが原則ですが(ただし、多くの庭園ではサツキなどが植えてあります。)、龍安寺石庭はこの原則に則り、庭園内には苔と石しか配置されていません。紅葉はすべて庭園の外にあります。さて、本題の紅葉ですが、庭園の周辺はわずかに点在するのみです。やはり、庭園との調和が重んじられているのでしょうか。最初期の庭には木が全くなく、ここから岩清水八幡宮が遥拝できたとのことです。

方丈庭園

龍安寺の紅葉2016龍安寺紅葉

鏡容池

龍安寺の紅葉龍安寺の紅葉

 鏡容池周辺は石庭とは異なり、鮮やかな紅葉を楽しめます。

龍安寺基本情報

名称:大雲山 龍安寺

住所:〒616-8001 京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13

電話:075-463-2216

FAX:075-463-2218

公式ホームページ 龍安寺ホームページ

拝観時間

3月~11月 8:00~17:00

12月~2月  8:00~16:30

拝観料 大人 500 円 15歳以下 300 円

所要時間 1時間~(石庭のほか、鏡容池周辺を含む)

龍安寺でのタイムスケジュール

龍安寺着 15:10

龍安寺発 16:10

 帰りも龍安寺前バス停を利用しますが、来た時とは全く別の方向にあるのでお気をつけください。乗りましたら、烏丸今出川バス停で下車します。所用時間は約30分程度です。降りましたら、地下鉄今出川駅から市営地下鉄烏丸線の京都駅方面にのり、京都駅で下車します。17:00に京都駅に到着予定です。

スポンサーリンク

7. 京都駅

ヤギの昼ご飯

再び京都駅に舞い戻り、晩ご飯タイムとなります。18:00くらいまでに済ませてください。

京都駅八条口(京都タワーがある出口の反対側)から徒歩で東寺にむかいます。徒歩約10分です。

8. 東寺の紅葉

混雑度・・・★★★★★ 「そうだ、京都行こう」効果を考慮しています。

今回の滞在時間・・・1時間

通常の滞在時間・・・1時間

公式ホームページ 東寺公式ホームページ

拝観時間・拝観料 詳細は公式ホームページをご覧ください。

所用時間 1時間〜

東寺のみどころ

 平安京の二大官寺(東寺と西寺)のうちのひとつです。現在でも平安京造設時の場所にあります。9世紀に弘法大師に下賜され、真言密教の根本道場になりました。立体曼荼羅がみどころです。有名な五重塔は徳川家光の建立です。

東寺ライトアップ2019:桜と紅葉
京都東寺の春の桜と秋の紅葉ライトアップの見どころと撮影スポット、日程や拝観時間、夜間特別拝観などにつき宇宙一詳細かつ簡潔に解説いたします。

東寺の紅葉 みどころ ライトアップ

東寺の紅葉2016東寺の紅葉2016

東寺の紅葉2016東寺の紅葉2016

東寺の紅葉のみどころはなんといってもライトアップにつきます。特に水鏡が秀逸です。水鏡はいたるところで目にすることができますが、東寺のものが最高峰です。

東寺の紅葉2016東寺の紅葉2016

五重塔の金と紅葉の赤の対比に心を奪われます。東寺は比較的空いているのでおすすめです。

東寺基本情報

山号 八幡山

正式名称 教王護国寺

住所 〒601-8473 京都府京都市南区九条町1

電話 075-691-3325

FAX    075-662-0250

ウェブサイト 東寺公式ホームページ

 

JR京都駅から徒歩約15分。または、市バス205系統東寺道バス停207系統東寺東門前バス停で下車。近鉄東寺駅から徒歩約5分。

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね。
Follow me, BAAH!
Don't miss the latest article from Kyoto.
スポンサーリンク
紅葉
スポンサーリンク
フォローしてね/ Follow me, BAAH!
ヤギの京都観光案内/KYOTO GOAT BLOG
トップへ戻る