おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

光明院の枯山水庭園、紅葉、御朱印につき知りたい人お待ちしてます。

スポンサーリンク

光明院とは?

光明院の桜

 光明院とは、臨済宗のお寺で、東福寺の塔頭寺院です。あまり有名ではないかもしれませんが、知る人ぞ知る穴場です。特に桜と紅葉の時期がおすすめです。

スポンサーリンク

光明院の歴史と重森三玲

  清水寺のように平安京遷都以前からある寺院に比べると、光明院は比較的新しいお寺ということが出来ます。開山は1391年、金山明しょう(永と日をくっつけた漢字。変換できませんでした。)により、東福寺の境外塔頭として創建されました。現在の庭園(波心の庭)は1939年に重森三玲という作庭家により設計されました。重森三玲とは、昭和を代表する作庭家で、東福寺の方丈庭園や瑞宝院の庭園の作庭で有名です。もともとは庭園があったようですが、市内の多くの寺院がそうであったように、恐らく、1934年の台風によって被害をうけたと考えられます。この年は日本庭園と三玲にとって重要な転機になります。お寺には設計図がありますが、庭園には設計図が残されていることがすくなく、各寺院は庭園の再建に苦労します。他方、三玲は1936年から全国約500の庭園を三年かけて実測調査し、伝統的な作庭法が失われつつあることを知ります。三玲はこれを契機に庭園研究、作庭に力を注ぐこととなります。

 三玲の庭園は苔と石の使い方に特徴があり、庭園としてみたとき、躍動観があり、かつ、前衛的な印象があります。

スポンサーリンク

波心の庭:光明院の枯山水庭園

波心の庭の意味

光明院の紅葉2016 波心の庭光明院波心庭

 上の写真が光明院の枯山水庭園、波心の庭です。名前は禅問答に由来します。二枚目の写真の掛け軸をご覧ください。

 “無雲生嶺上 有月落波心 (くものれいじょうにしょうずることなくんば  つきのはしんにおつるあり)” と読みます。

 これは「仏法とはなにか」との問いの「雲がなければ波間に月が綺麗にうつる」という答えです。答えは後ほど解説しますので、ここはひとまずご自身で考えてみて下さい。

京都で”瞑想”に一番いい庭?

 禅寺の庭園はなにをするところでしょうか。英語版では”meditate”する場所ではないとご紹介しました。ここでは禅の一番大事な概念について述べます。

 禅では “即今、当処、自己 (そっこん、とうしょ、じこ).”という概念が一番重要です。

即今とは、今という意味です。

当処とはこの場所という意味です。

自己とは自分自身という意味です。

 この三つが一番大事です。過去は戻りません。未来はわかりません。なにかあったらその時考えればええということです。現在の場所で自分を生きて下さい。

 これを念頭に置いてひとまずビデオで庭に行ってみて下さい。

光明院のみどころ

波心の庭

光明院の波心の庭光明院波心庭飛沫

 光明院は別名虹の苔寺とも呼ばれます。ご覧のように苔が美しい庭です。この苔は州浜(入江が沢山ある海岸)を表わしています。苔で州浜を表現したのは、波心の庭が最初と言われています。写真の矢印の下に、小さな石がありますが、これは波の飛沫を表わしています。

光明院波心の庭光明院波心の庭

 石庭には全部で75個の石があります。これらは写真の数字で表した、三個一組の塊三つとその他の石に分かれます。三個の石はそれぞれ、三尊という仏像の置き方を表わしています。中心に主、左右に従たる仏像を安置します。波心の庭では、釈迦三尊(釈迦如来像、文殊菩薩像、普賢菩薩像など)、阿弥陀三尊(阿弥陀如来像、観音菩薩像、勢至菩薩像)、薬師三尊(薬師如来像、日光菩薩、月光菩薩[がっこうぼさつ])が1、2、3の内のいずれがで表現されています。さらに、この三つで釈迦三尊を表わしています。

無雲生嶺上有月落波心の意味

心に迷いがなければ、水面に映る月のように、仏心が写るという意味です。

アプローチ部分

光明院入口光明院入口光明院入口

アプローチ部分は本堂や庭園などにはいる前に心を整えたり、期待をくすぐるように設けられていますが、光明院では、このようになっています。特に紅葉の時期はここだけでも第一級です。

観庭楼

光明院観庭楼光明院観庭楼

 境内で一番大きい建物で、入口はここにあります。お茶席が設けてあることがあります。(常にあるわけではありません。)

光明院志納金

 拝観料(志納金)は竹の筒にいれます。

光明院入口光明院入口

 玄関の先には、季節の花が活けてあります。

光明院の縁側光明院観庭楼

 あまり取り上げられることはありませんが、廊下がみどころの一つです。一枚板でできています。畳縦4枚分、約8メートルの長さがあります。こんな長い一枚板はみたことがありません。

方丈 

光明院方丈光明院方丈

光明院方丈光明院方丈

 玄関をはいるとまずここに行きたくなる筈です。釈迦如来像が安置されています。庭の前にまずは手を合わせましょう。ヤギ撮影隊は必ずお詣りを先にします。撮影はその後です。

書院

光明院吉野窓

光明院吉野窓

光明院書院光明院書院

 吉野窓が特徴的な書院です。窓を枠に見立てて景色を楽しむのがおすすめです。角度によって景色が異なります。窓の手前には石が置かれています。たまらんブヒね。

光明院書院光明院書院

 この窓ガラスは手漉きになっています。表面が均等ではないので、見る角度によって景色が違って見えます。

羅月庵

羅月庵という茶室があり、窓、壁、障子を含め、建物すべてが月を表わしているそうですが、どこにあるのかわかりません。「波心の庭からこの建物をみると、東の空に昇る月を楽しめる」とパンフレット(紅葉の時期にもらえます)にあるので、東側(上の写真)にあるはずなのですが、それらしい建物は見当たりません。朱色のたてものは向こう側にある民家が見えないようにするためにあるそうです。今一つはっきりしません。何かの別名なのでしょうか。

光明院羅月庵光明院羅月庵内部

 本日確認に行ってまいりましたが、恐らく矢印が差しているところ、紅葉の向こうに垣間見える建物が羅月庵と思われます。写真は恐らくその内部かと思われます。

両行庵

光明院両行庵光明院両行庵

光明院両行庵光明院両行庵

写真の矢印の位置にある茶室です。中に入れる場合があります。紅葉の時期は必ず入れたような記憶があります。(保証の限りではありません。)

スポンサーリンク

入口の文言

光明院入山心得

 日本語は言外の意味を汲み取る高度の必要がある言語です。もちろん、使われる場面などの多様な要素に左右されます。これははっきり言わないのということではではなく、明確に記述しなくてもわかる、若しくは相手をおもんぱかるという我々の文化の特質に起因します。村社会云々というのはプレスがinventした事実ですので呉々もお間違えなきよう(社会的規範を支える要素の一つには違いありませんが。)

 

スポンサーリンク

日本と自然

光明院の紅葉2017光明院のつつじ

 日本の家屋は壁ではなく、障子で内と外を区切ってあります。これは自然と我々の連続性を維持するためと考えられます。英語版ではnatureと自然の違いについてご紹介していますが、ここでも少し触れてみます。natureと異なり、我々にとっては自然は元来的に、object(対象物?)ではなく、そこにあるとかその中にいるものです。We conquer Mt. Fuji.と英語ではいえますが、日本人にとってはとても違和感がある表現です。山でも海でもconquerするものではないからです。よく、京都は都会なのに自然がすぐそばにあって云々をいう話を耳にしますが、これは日本人の自然に対するattitude(多分、「態度」と訳されることが多いかと思いますが、ここでは「当該個人若しくはその集合体が事物に対峙するときの人格の発露」のような意味です。うまく訳せず申し訳ございません。)に鑑みれば、取り立てて騒ぐほどのことではありません。ただし、他の場所では「自然がすぐそこにある」という感覚は希薄になることもあるかと思います。自然のすぐそばにいるために、京都にお越しになるのも一興かと思います。

スポンサーリンク

光明院の四季

光明院の桜光明院の桜

光明院のツツジ光明院のツツジ

光明院波心の庭光明院波心の庭

光明院の紅葉2016 波心の庭光明院の紅葉2016 波心の庭

光明院の紅葉2016 波心の庭光明院の紅葉2016

【2017】京都の雪景色 光明院【2017】京都の雪景色 光明院

【2017】京都の雪景色 光明院【2017】京都の雪景色 光明院

スポンサーリンク

光明院の御朱印

 残念ながら、御朱印はありません(確認済)。

スポンサーリンク

光明院基本情報

名称 慧日山光明院 えにちざんこうみょういん

住所 〒605-0981 京都市東山区本町605-0981

電話 075-561-7317

公式ホームページ: なし

拝観時間: 8:00am – twilight

拝観料(志納金):300yen

スポンサーリンク

光明院へのアクセス

JRまたは京阪東福寺駅から徒歩約10分。

トップへ戻る