おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

【京都の紅葉2019】人が少ないおすすめモデルコース:実相院→蓮華寺→三千院→実光院→宝泉院

スポンサーリンク

外観

  • 本投稿では、令和元年/2019年の京都の紅葉を楽しむためのコースをご紹介します。
  • 実相院→蓮華寺→三千院→実光院→宝泉院と合計5か所を回ります。いずれも穴場ばかりで相対的空いています。
  • 実相院→蓮華寺→三千院まではバスの本数が少ないので、本文で示したバスの出発時刻を厳守してください。
  • 三千院と実光院では桜をみることができます。
  • 時期はおおむね11月後半くらいです。
 いちきしま ひめ
 いちきしま ひめ

尚、本投稿の紅葉の時期は厳密なものではありません。あくまでも目安としてお考え下さい。また、本投稿内の寺社仏閣の公開時間、拝観料などは変更されることがありますので、ご注意ください。右、並びに本サイトから起因する一切の不利益に対し、本サイトはいかなる責任も負いません。かならずご自身でご確認ください。

スポンサーリンク

実相院門跡に向け出発

四条河原町バス停 8:30頃着

四条河原町に8:30頃に到着してください。H&Mの前にあるバス停から、京都バス21/23系統岩倉実相院ゆきに乗って下さい。一旦南に向かってすすみますが気にしないでください。(実相院は四条河原町からみて北の方角にあります。)

七里ヶ浜親方
七里ヶ浜親方

京都バスだからな。市バスじゃねーぞ。気を付けてくれ。

時刻表は以下のとおり。

  • 平日 8:41 四条河原町バス停発→9:20 岩倉実相院バス停着
  • 土曜 8:54 四条河原町バス停発→9:34 岩倉実相院バス停着
  • 日曜 8:51 四条河原町バス停発→9:30 岩倉実相院バス停着
スポンサーリンク

実相院門跡

概要

混雑度・・・★☆☆☆☆

今回の滞在時間・・・1時間

通常の滞在時間・・・1時間

拝観料(大人)・・・500円

実相院門跡のみどころ

袞冕十二章(こんべんじゅうにしょう)

実相院は、もともとは上京区の実相院町にありましたが、応仁の乱の災禍を避けるべく、岩倉の地に移り、徳川家光の援助により復興しました。本堂は東山天皇の中宮、承秋門院の女院御所から移築されたものです。この本堂、書院、客殿を挟むように枯山水庭園と池泉回遊式庭園があります。所謂穴場の一つで紅葉のみならず、桜も見事です。尚、室内の写真撮影はできませんが、床紅葉を楽しむこともできます。

実相院の床もみじ

七里ヶ浜親方
七里ヶ浜親方

こんな塩梅だ。これは絵葉書の写真だからな。

紅葉のみどころ

三門

実相院の紅葉2017

ここが入口です。紅葉した楓を望み、期待が高まります。後ろには桜が植えてあり、同じ効果を生ぜしめます。

枯山水庭園「こころのお庭」

実相院の紅葉2017実相院の紅葉2017

もともとは蹴鞠の庭と呼ばれていたようですが、現在では「こころのお庭」と呼ばれる枯山水庭園になっています。2013~14年にかけて、市民が作ったという珍しい庭園です。比叡山を借景とした広がりのある庭園です。

池泉回遊式庭園

実相院の紅葉2017実相院の紅葉2017

書院と客殿に面したところにあります。こちらは苔を背景に繊細な紅葉を楽しむことができます。ここは所謂青紅葉も綺麗なところです。

実相院門跡基本情報

  • 正式名称 実相院門跡
  • 住所 〒606-0017  京都府京都市左京区岩倉上蔵町121
  • 電話 075-781-5464
  • ウェブサイト 実相院公式
  • 参拝時間 9:00~17:00
  • 拝観料 500円

実相院門跡へのアクセス

京都バス岩倉実相院前バス停すぐ。

スポンサーリンク

蓮華寺に向けて出発

実相院門跡発 10:30頃

概ね10:30頃に実相院門跡を出発します。バス停の場所は降りたときと反対側にあります。

京都バス24系統・国際会館ゆきに乗ってください。バスの時刻は曜日の如何を問わず以下のとおり。

平日・土曜・休日 10:39岩倉実相院バス停発→10:48 上高野バス停着

上高野バス停着 10:48

上高野バス停で降りた後、10:56分発の京都バス19系統・大原ゆきに乗ります。

平日・土曜・休日 10:56上高野停発→10:59 上橋(かんばし)バス停着

11時すぎ蓮華寺着

バス停からバスが来たのと逆の方向に数メートルすすむと蓮華寺の門が見えます。

スポンサーリンク

蓮華寺

概要

混雑度・・・★☆☆☆☆

今回の滞在時間・・・50分

通常の滞在時間・・・帰りたくありません

拝観料(大人)・・・400円

蓮華寺のみどころ

蓮華寺はもともと、現在のJR京都駅の近くにありましたが、応仁の乱で荒廃した後、江戸時代に現在の地に移ってきました。須弥山を表した庭園内の本堂にはご本尊の釈迦如来像を始め、比叡山焼き討ちを逃れた阿弥陀如来像をはじめとした幾多のみどころがあります。近年は紅葉の時期には参拝する方を多くみるようになりましたが、他の季節は人影もまばらなところです。

七里ヶ浜親方
七里ヶ浜親方

オレのお気に入りの場所だ。詳細は以下のリンクを参照してくれ。

京都洛北蓮華寺の紅葉や庭園のみどころ、アクセス方法
蓮華寺は紅葉のみならず、あらゆる観点から穴場中の穴場と目すべき寺院です。紅葉、雪、庭園の意味、蓮華寺形灯篭、市電敷設工事の際に発掘された石仏群などのみどころ、アクセスなど、余すところなくご紹介します。

庭園の紅葉

蓮華寺の庭園蓮華寺の庭園

庭園は書院から愛でることができます。梁と柱を額に満ててる、所謂額縁庭園になっています。一枚目の写真の場所から眺めるようになっています。写真はこの書院からしか撮影することはできません。理由は長くなりますので、お手数ですが、先ほどのリンク先を御参照ください。また、庭園に出ることもでき、庭園内の本堂を参拝することもできます。ただし、本堂内も撮影禁止です。

三門そば

蓮華寺の紅葉2017

山門を入ってすぐのところに、銀杏の木が植えられています。この木の葉が散った時が大変きれいです。ご覧のように、一面が銀杏の葉で覆われます。これを背景に楓を愛でるのがお勧めです。なかなかタイミングが合わせるのが難しいかもしれませんが、奇跡のような美しさです。

蓮華寺基本情報

  • 正式名称 帰命山蓮華寺(きみょうざんれんげじ)
  • De facto 名称 洛北蓮華寺
  • 住所 〒606-0065  京都府京都市左京区上高野八幡町1
  • 電話 075-781-3494
  • ウェブサイト なし
  • 参拝時間 9:00~17:00
  • 拝観料 400円 中学生以下は無料

蓮華寺へのアクセス

叡電三宅八幡駅から徒歩5分。

京都バス上橋バス停から徒歩1分。大原方面へのアクセスが容易です。

瑠璃光院から徒歩で約15分。

トップへ戻る