おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

京都金閣寺の見所、内部、歴史を画像付きで詳細かつ簡単に説明【2020年12月現在屋根の工事終了】

スポンサーリンク

その他の見所

kinkakuji map

上の写真の地図に番号が振ってありますので、以下、参照しながらお読みください。

舎利殿へのアプローチ

金閣寺の紅葉2016

金閣寺入り口から入ってすぐのところですが、ここは秋になると紅葉がとても綺麗です。ここも外れがない場所の一つです。ということは、晩春から夏にかけての青もみじもきれいということです。(地図上1)

総門

five commandments of Kinkakuji

臨済宗のお寺の正門のことです。我々もここから入ります。心して参拝しましょう。(地図上2)

舎利殿

kinkakuji金閣寺の紅葉

金閣を背後から見ることを「見返り金閣」と呼びます。金閣でも桜や紅葉を楽しむことができますが、正面からは桜や紅葉は視界に入ってきません。この位置ですと、衣笠山が背後に見え、特に紅葉の時期にはご覧のような景色を見ることができます。(地図上3)

鏡湖池

鏡湖池

金閣寺の前にある池です。北山殿時代の名残です。金閣寺はこの池を中心とした池泉回遊式庭園になっています。向かって右側には衣笠山が見え、借景になっています。ここでは水鏡を楽しむことができます。

東寺の紅葉2016

水鏡とは、文字通り池などを鏡面に見たてることです。

金閣寺の紅葉2016

金閣寺の前には「鏡湖池(きょうこち)」と呼ばれる池があります。水面が穏やかな日ですと、ご覧のように池に映る舎利殿を見ることができます。

方丈庭園

金閣寺方丈庭園

ここは見逃しがちなところですが、金閣寺も臨済宗の禅寺なので、方丈庭園があります。

変わった形の松は「陸舟の松(りくしゅうのまつ)」いい、義満の盆栽だった松を育てたものと言われます。後水尾天皇手植えの侘助椿もあります。(地図上4)

銀河水

金閣寺 銀河水

義満がお茶の水を汲んだと言われます。(写真5)

龍門の滝

龍門の滝

中国の黄河上流にある龍門という渓谷にある三段の滝を登りきった鯉は龍になるという、中国の故事に基づく滝です。これにちなみ、龍門爆とよばる庭園の滝の形式に属します。”Carp stone” と書いてるのは滝を登る鯉を表した「鯉魚石(りぎょせき)」と呼ばれる石です。(地図上6)

安民沢

安沢民

ここはもともとは西園寺家の邸宅があったところですが、現在では池の小島に白蛇(西園寺家の守護神)のパゴダがあり、池の辺りにはお地蔵さんがいます。(地図上7)

夕佳亭

金閣寺佳亭

「夕佳亭」とは夕方にいい景色がみられる家という意味です。

夕佳亭の床柱【2017】 京都の雪景色 詩仙堂

床柱には南天の木が使われています。このように太い南天は大変珍しい物です。数寄屋造(茶室風の簡素な住居のこと)で金森重近(野々村仁清を見出した、宗和流の祖)好みと言われます。(地図上8)

不動堂

不動堂

金閣寺に現存する一番ふるい建物です。弘法大師が作ったとされる石不動明王や不動明王立像などがあります。普段は非公開ですが、節分と送り火の日に公開されます。(地図上9)

げきすせん
げきすせん

次のページは金閣寺の四季です。

トップへ戻る