おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

永観堂(禅林寺)の紅葉: 見頃と見どころ、ライトアップ2019

スポンサーリンク

永観堂の紅葉の見頃予想

永観堂

例年、おおよそ11月20日前後がピークで、前後約一週間くらい楽しめます。実質的には15日から25日くらいが目安です。時間の経過とともに紅葉も変化していきますので、お時間が許すのであれば、この十日間の間に何回か足と運んでいただければ、様々な様相を楽しめるかと思います。具体的には次項から説明いたします。

他の場所

京都の紅葉の見ごろを考える場合、永観堂を中心にお考えになるとよろしいでしょう。

まず、高雄・貴船・大原など山間部が見ごろを迎えてから約5日から一週間後くらいに永観堂など、市内中心部が見ごろを迎えます。

市内中心部では永観堂を基準にした場合、東福寺・東寺など南部、及び、龍安寺・大徳寺などが若干遅れ気味になります。その他の地域は概ね似たような時期に見頃を迎えます。この中で嵐山と清水寺は標高が少し高いので若干早めになります。

紅葉の時期は標高が大きな要素になりますが、それのみによって決せらるるものではありません。例えば、東福寺と興臨院(大徳寺の塔頭寺院)は約50メートルくらい標高差がありますが、似たような時期に見頃になります。

スポンサーリンク

永観堂の紅葉のみどころ

Overview

永観堂の紅葉2016

永観堂の紅葉で特筆すべき点は、後ほどご紹介しますように、多様な色彩が楽しめることです。特に、淡い色と明確な発色を同時に楽しめる点は他の追随を許しません。正に「秋は紅葉の永観堂」と評すべきです。一番の特徴は色がしっとりしていることです。他の場所ですと、ぱさぱさした色合いが多いのですが、永観堂の紅葉は瑞々しい印象があります。

また、これら多様な色が一度に視界に入ってくる点も特筆すべきです。加えて、それらを建物のから見たり、水鏡に写したりと様々な方法で楽しめます。こうしたみどころ満載の紅葉の色の変化を約10日かけて楽しむことが出来るのも特徴です。

加えてライトアップもあり、昼間とは全く異なる趣を楽しめます。永観堂に着きましては以下のリンクをご覧ください。

【禅林寺】紅葉の名所永観堂の七不思議とみどころ、アクセス方法など【京都観光】
本投稿では、京都にある紅葉の名所、永観堂(禅林寺)の七不思議やみどころ、アクセス方法などについて解説しています。

他の場所に関しましては、以下のリンクをご参照下さい。

京都紅葉2019;名所、穴場、おすすめスポット、ライトアップの有無など74か所を網羅
2019年の京都の紅葉対策として、名所、穴場、おすすめスポット、ライトアップの有無など、最新情報に基づき、洛東、嵐山、東山、金閣寺周辺、洛南、洛北、大原、洛外から網羅的に延べ74か所をご紹介します。

それでは、以下、具体的に見ていきましょう。

紅葉の種類

永観堂の岩垣紅葉

まだ紅葉しはじめの頃ですが、緑から黄色に変化していく様子が実は殊に綺麗です。どうしても綺麗に紅葉したピーク時に目が行きがちですが、この時期も見逃さない方がよろしいかと思います。

ヒヒヒ
ヒヒヒ

オレはこの時期がすごく好きだぜ

淡色

永観堂の紅葉2017

11月の15日くらいですと、まだまだ、緑色が目立ちます。全体的に淡い色合が多くなります。一番の盛りではありませんが、おすすめの一つです。尚、ピークに入っても、淡い色合の木は沢山あります。

永観堂の紅葉

紅葉と申しますと、真っ赤なもみじを想起しますが、以外にも、写真のようなはっきりした赤はなかなか目にすることが出来ませんが永観堂ではご覧のような真っ赤なもみじが多々見受けられます。

オレンジ

これが京都で一番多くみられる色です。然しながら、すべての場所で綺麗に発色しているわけではありません。永観堂ではこのオレンジも見事です。

黄色

永観堂の紅葉

黄色のもみじもありますが、おすすめは次のイチョウです。

永観堂の紅葉

永観堂では、赤やオレンジの背景として楽しむのが良いでしょう。写真の場所は一番のみどころですので、後ほど詳しくご紹介します

赤紫色

永観堂の紅葉2016

これがすごく綺麗です。シソの葉のような色合いです。

水鏡

永観堂の紅葉

昼間でもはっきりとした水鏡をみることが出来ます。

永観堂のライトアップ2016

ライトアップ時は言わずもがなです。

苔の上

永観堂の紅葉2016

散った葉が苔の対比を楽しめます。このためには苔が綺麗である必要がありますが、この点でも永観堂は問題ありません。散ったばかりの瑞々しい葉がおすすめです。

スポンサーリンク

おすすめ鑑賞スポット

Overview

さて、これまでご覧いただいたように、永観堂では様々な色が楽しめますが、ここからはどこでそれらが見えるか、地図上で確認してみましょう。タコマークが入口です。オレンジの線で囲んだ範囲が大まかな拝観可能エリアです。ただし、ライトアップ時は建物の中に入ることはできません。(今年はどうなるかわかりませんが、例年入れません)阿弥陀堂と画仙堂のみ公開されます。詳細はビデオをご覧ください。

永観堂紅葉・ライトアップ2018/Autumn leaves in Eikando

赤い宇宙人

永観堂の紅葉2016

ここが最大の見どころです。これはイチョウが散り切った直後の写真です。イチョウが散り切った瞬間と赤、オレンジの紅葉が散り始まった頃が合致すると、このようになります。この状態ですと、地面に散ったイチョウ、もみじ、並びに苔が瑞々しく、世界最高峰の紅葉となります。ヤギ撮影隊は毎年パトロールを実施し、ベストのタイミングで突入しているので、ご覧のような時期にみることができますが、この状態の時に訪れることが出来るかは運しだいです。また、このイチョウが散りきった時に紅葉が散り始まるかはどうかはその年により異なります。昨年は紅葉が間に合わず、先にイチョウが散ってしまいました。

永観堂の紅葉

ただし、タイミングが合わなくても、紅葉自体は綺麗ですので、あまりご心配なさらなくてもよろしいかと思います。この写真はイチョウが先に散ってしまったので、すこしぱさぱさしています。

いちきしま ひめ
いちきしま ひめ

かならず見に来てくださいね~



この記事が気に入ったら
いいね!してね。
Follow me, BAAH!
Don't miss the latest article from Kyoto.
紅葉京都観光 岡崎エリアおすすめ記事
スポンサーリンク
フォローしてね/ Follow me, BAAH!
ヤギの京都観光案内/KYOTO GOAT BLOG
トップへ戻る