おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

2019年京都の紅葉名所ランキングベスト10

Contents

スポンサーリンク

2019年 京都の紅葉 名所ランキング

Overview

本投稿では、2019年の京都の紅葉対策として、延べ57か所の紅葉スポットの中から、所謂名所を選び、10位までをランキング形式でご紹介します。総合ランキングは最後にビデオと共にご紹介したいますので、そちらをご参照下さい。

尚、寺院などの拝観時間、拝観料などは変更される可能性があります。必ず公式サイト等でご確認下さい。

スポンサーリンク

1位 永観堂(禅林寺)

Overview

おそらく京都一の紅葉の名所です。平安時代には和歌にも詠まれました。境内には約3,000本の紅葉が植えられ、「紅葉の永観堂」と呼ばれます。振り向いた姿の「みかえり阿弥陀」像が有名です。詳細な紅葉対策は以下のリンクをご参照ください。

永観堂(禅林寺)の紅葉: 見頃と見どころ、ライトアップ2019
「もみじの永観堂」として有名な禅林寺の紅葉の見ごろを予想し、ライトアップや色彩などのみどころ、おすすめ鑑賞スポット、アクセスなどを網羅してご紹介します。
【禅林寺】紅葉の名所永観堂の七不思議とみどころ、アクセス方法など【京都観光】
本投稿では、京都にある紅葉の名所、永観堂(禅林寺)の七不思議やみどころ、アクセス方法などについて解説しています。
永観堂紅葉・ライトアップ2018/Autumn leaves in Eikando

永観堂の紅葉のみどころ

庭園

永観堂の紅葉のみどころ、特徴は、色彩の只中に放り込まれるような感覚です。赤、朱色、緑、黄色など様々な色が楽しめます。

永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016

永観堂の紅葉2016永観堂の紅葉2016

特筆すべきはグラデーションです。赤、黄、緑、桃色など、一気に押し寄せてきます。永観堂は「もみじの永観堂」とよばれますが、その意味がよくわかります。京都市内では最高峰です。おそらく国内でもここまでの場所はないかと思います。とにかく、永観堂の紅葉の美しさは常軌を逸していますので、写真を多めにご紹介します。

永観堂の紅葉2017

一番の見どころはここです。赤い宇宙人マークのところです。ここはイチョウともみじを同時に見ることができますが、イチョウが散るのともみじがの色づきのタイミングが年により異なります。昨年はご覧のように紅葉が色づく前にイチョウがちってしまいました。

永観堂の紅葉2016

上の四枚は一昨年の様子ですが、もみじがいちばん綺麗な時に、ちょうどイチョウが散り切りました。この状態ですと、イチョウがまだ水分を十分に含んでいて、発色が鮮やかです。このタイミングで見ることができるのがベストですが、うまく行くかはその年次第です。しかもちょうどこの時期に訪れることが出来るかは運次第です。ヤギ撮影隊は連日のパトロールの上、ベストのタイミングで突入しています。

永観堂の紅葉2016

次のおすすめは紫の宇宙人マークの所です。ここは赤が中心になります。

永観堂の紅葉

今ひとつのおすすめがオレンジの宇宙人マークのところです。この辺りはとても淡い色合です。

ライトアップ

ライトアップ時は入場時に列ができます。なるべく早めに行かれることを強くおすすめします。

永観堂のライトアップ2016

永観堂ではライトアップも実施されます。夜間も昼間とはまた違った色合いが楽しめます。おすすめはお地蔵さんの前です。

一番のおすすめは方生池周辺です。水鏡に赤が際立ちます。

昨年は11月7日から12月6日までの期間に行われました。確か時間は6時から

永観堂基本情報

名称 山号は聖衆来迎山(しゅうじゅうらいごうざん)

正式名称 無量寿院禅林寺 (むりょうじゅいんぜんりんじ)

住所  〒606-8445 京都府京都市左京区永観堂町48

電話 075-761-0007

FAX 075-771-4243

ウェブサイト 永観堂公式ホームページ

拝観時間 9:00~17:00(最終受付16:00)

拝観料 大人 600円 小中高校生 400円

所要時間 1時間~

永観堂へのアクセス

市バス5系統 南禅寺・永観堂道バス停より徒歩5分。

市バス32、93、100、102、203、204系統 東天王町バス停より徒歩10分。

注意 5、100、102系統は混雑するので避けた方が無難です。

スポンサーリンク

2位 東福寺

Overview

奈良の東大寺と興福寺から一字ずつとって命名された、臨済宗東福寺派の大本山です。三門は現存する最古のもので国宝になっています。室町時代に境内の桜をすべて伐採し、楓を植えたと伝えられます。

東福寺の紅葉2019:橋、みどころ、見頃を写真で宇宙一詳細に解説
通天橋、臥雲橋からみた東福寺の洗玉澗紅葉のみどころを開設しつつ、見頃を予想し、真っ赤な紅葉を見ることができるのか、撮影禁止の情報、本坊庭園の様子、拝観料、アクセス、おすすめコースなども併せてご紹介します。

東福寺の紅葉 みどころ1 通天橋付近

東福寺の紅葉2016東福寺の紅葉2016

東福寺の紅葉は永観堂と同様、色彩が視界に飛び込んでくるような印象を強く受けます。永観堂との違いは、東福寺の方が繊細さが前面にでているところです。東福寺と申しますと、臥龍橋からみた景色が有名です。(昨年は撮影禁止でした。今年もおそらく禁止かと思います。)雑誌などでみると、東福寺の紅葉は色彩が有無を言わさず迫ってくるような印象を受けますが、実際は繊細さが際立っています。

東福寺の紅葉東福寺の紅葉

これは数年前に撮影したものですが、一枚目が臥龍橋、二枚目が通天橋から撮影したものです。一面が紅葉になっています。

東福寺の紅葉東福寺の紅葉

橋からの紅葉でしたら、東福寺の塔頭の龍吟庵というお寺に行く途中の偃月橋(えんげつきょう)という橋がありますので、そこに行かれても良いでしょう。

東福寺の紅葉 みどころ2 本坊庭園

東福寺の紅葉2016

本坊庭園は北側がおすすめです。グラデーションが楽しめます。苔の上に散った紅葉もみどころのひとつです。

東福寺 八相の庭

八相の庭からも少しだけ紅葉を望めます。

東福寺の紅葉2016

多くの人が通天閣付近の紅葉で満足されてしまいますが、おすすめは本坊から見る紅葉です。写真に写っているのが通天橋です。この橋の上からの撮影は禁止されていました。この橋のさらに西側に臥雲橋という橋があります(東福寺の境内ではなく、外にかかっている橋)。この臥雲橋から通天橋をみるとちょうど上の写真のような感じに見えます。通天橋下の谷を洗玉澗(せんぎょくかん)といいます。ここからの紅葉の眺めが有名です。写真撮影は禁止になるとおもいますので、ご自身の目でご確認ください。

東福寺基本情報

名称 慧日山東福寺

住所 〒605-0981 京都府京都市東山区本町15−778

電話 075-561-0087

FAX 075-533-0621

ウェブサイト 東福寺公式ホームページ

拝観時間

4月~10月末まで 9:00~16:00

11月~12月初旬まで 8:30~16:00

12月初旬~3月末まで 9:00~15:30

拝観料

通天橋・開山堂 大人400円 小・中学生 300円

本坊庭園 大人400円 小・中学生 300円

1時間~

東福寺へのアクセス

JR/京阪東福寺駅から徒歩約10分。



この記事が気に入ったら
いいね!してね。
Follow me, BAAH!
Don't miss the latest article from Kyoto.
紅葉おすすめ記事
スポンサーリンク
フォローしてね/ Follow me, BAAH!
ヤギの京都観光案内/KYOTO GOAT BLOG
トップへ戻る