おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

伏見稲荷 お山めぐり

スポンサーリンク

伏見稲荷 お山めぐりレポート 

 こんにちは。皆さん、伏見稲荷のお山めぐりをご存じでしょうか?始めて聞いたという方、ご存じでも山登りということで躊躇されたり、お時間の都合、その他諸般の事情で断念された方、ご安心ください。ヤギ撮影隊と一緒に見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

お山めぐりとは?

 お山めぐりとは簡単に申しますと、伏見稲荷の裏手にある稲荷山に登りながら、道中にある祠、お社などをお参りするというものです。お山のぼり英語版の方がより詳しく書かれていますので、よろしけらばご覧ください。本記事も加筆する予定ですので、今しばらくお待ちください。

距離、時間

 全行程約4キロ、坂道が続きます。歩く時間は2~3時間といったところでしょうか。私は毎月登っていますが、だいたい3時間くらいを目安にしたらよいと思います。休みなしでただ歩くだけなら2時間でも回れると思います。検証の結果、ヤギ撮影隊は1時間10分程度で一回りできましたが、急ぎ足で回るのでおすすめできません。

ここがポイント

 一周2時間程度とよく言われますが、道中はほとんど坂道です。途中、休憩や写真を撮ったりするのであれば、少なくとも3時間は見ておきましょう。私は歩くのは一般の人に比べ、かなりは良い方ですが、写真を撮る、お参りする、休憩する等で大体4時間くらいかけてます。

ルート

 道はほとんど坂道ですが、階段になっています。後述いたしますが四つ辻というところから時計回りに進んでいくのが正規ルートとなります。

ここがポイント

 坂道は傾斜がきついところが多々あります。また、朝露などで濡れていて、足元が滑りやすいところが多いです。ストックを持ちながら歩いている方や杖を突いて歩いている方も多々見受けられます。足元には十分ご注意ください。私はこの記事のために、ビデオ撮影をしながら歩いています。私は毎月登っていて道を知っているのでこんなことが出来ますが、滑落、転倒などの危険を伴います。撮影はご遠慮なさった方がよいかと思います。

 また、四つ辻から正規ルートとは反対の方向に登りますと、確かに登りは楽なのですが、頂上を過ぎてから、急傾斜の階段を降りていくことになります。(正規ルートだとこの急傾斜の階段を登ることになります。)傾斜のきつい坂は登るときよりも、降りるときの方が危険です。また、この坂は山の北側で、日当たりが悪く、湿っていることが多い場所で、大変滑りやすいところです。ですから、正規ルートからの登頂をお勧めいたします。

服装

 各季節とも、体温調節のしやすい服装でいらしてください。春と秋でしたら、半そでになれるような服装でおいでください。冬なら、ダウンジャケットを着た状態で登り始めて、頂上では中に来ているシャツやパーカーを脱ぐ、といった感じです。夏でしたら、何か羽織るものを持ってきたください。また、靴は歩きやすい、はき慣れたものをご用意ください。スニーカーなどがよいと思います。サンダル類は大変危険なので、おやめください。

ここがポイント

 各季節とも、上り始めとその後の体感温度の差が大きいことが多いです。必ず、着脱のしやすい服装でいらしてください。また、登っていくうちにのどが渇きますので、水分補給を行ってください。道中、茶屋や自動販売機があります。

スポンサーリンク

さあ、知らない世界へレッツラゴー

 お待たせしました。それでは早速登っていきましょう。

 まずはビデオをご覧ください。尚、本投稿はビデオの内容に順じ、加筆修正される予定です。

大鳥居前

 まだ早朝なので、暗いですね。ここが楼門前です。左手に手水舎があります。楼門の向こうに本殿があります。

 本殿でお参りを済ませたら、上に登っていきます。道が二手に分かれるので、奥宮をめざし、右側へ登っていきます。

yamameguri (17)_GF 

 

 そうしますと、ここにたどり着くので、くぐって進んでいきます。

yamameguri (18)_GF

 

 これが千本鳥居の入口です。右側通行ですので、間違えないよう、お気お付けください。

yamameguri (20)_GF

 

 早朝はこんな感じです。未知の世界への誘い(いざない)といった風情ですね。フフフ、、、、、

yamameguri (21)_GF

 

奥社参拝所

 千本鳥居を潜り抜けると、ここにつきます。

DSC_0024 - コピー (2)_GF_GF

 

 奥社にはこんな絵馬がたくさん奉納されています。この奥社から左手に見える鳥居がお山めぐりの入口です。

ema_GF

 

入口

yamameguri (22)_GF_1

 ここから先はビデオで見てみましょう。

 

 このまま進んでいきますと道に突き当ります。右へ進んでください。

araki_GF

DSC_0031_GF

 

 猫がいました。

 

トイレ 

tire

 

 道中、トイレは少ないので、早めに済ませておきましょう。左に見える鳥居を進んでいきます。

yamameguri (25)_GF

 

 しばらくするとここに出ます。ここを登り切って右へ行くと新池、右へ行くと熊鷹社になります。階段が湿りがちなので、十分ご注意ください。

yamameguri (27)_GF

 

新池

 左手に見えるのが熊鷹社です。熊鷹社でお願いごとをした後、ここにきて手を打って、こだまが帰ってきた方向に解決のヒントがあるそうです。

yamameguri (28)_GF 

 

熊鷹社

kuma

 

 左手に向かい進んで行きます。

yamameguri (29)_GF

 

四つ辻

 そのまま進んでいきますと、こんな景色が広がります。この先の坂を登り切ると、四つ辻です。

landscape_GF

 

四つ辻

4tuji

 

 ここはとても見晴らしがいいところです。ベンチもおいてあり、休憩スポットになっています。

yamameguri (34)_GF

 

 ここにあるにしむら停さんというお店があります。お食事用の席からの眺めは絶景です。他にもソフトクリームやサイダーがおいしいですよ。私のおすすめは夏場のかき氷です。疲れが一気に吹き飛びます。今日は早朝なのでまだ開いてませんね。

yamameguri (35)_GF

 

 真ん中の道を進んでゆきます。帰りは写真の右側から戻ってくる感じになります。

yamameguri (33)_GF

 

 眼力社~御膳谷

g-go_GF

 

 ここからはまた、ビデオをご覧ください。最初に通過するのが、眼力社、次が御膳谷参拝所です。

 

眼力社

 眼病平癒、また、目が効く→先見の明→商いに目が効く、ということで商売繁盛のご利益で知る人ぞ知るお社です。この狐は稲荷山から駆け下りてきたところを現しているそうです。

yamameguri (36)_GF

 

 皆さんもご利益に与ってください。

 

御膳谷参拝所

 御朱印はここでいただけます。右の階段を登ったところで、毎年一月に行われる大山祭の山上の儀が執り行われます。写真左手に見える10と書かれた看板の手前を左に曲がるとトイレの入口になります。ここを逃したら、あとは先ほどのトイレまで行くか、ここに戻るかしかありませんので、ご注意ください。

yamameguri (1)_GF

yamameguri (2)_GF

 

 御膳谷にはこんな狛犬がいます。子供が足にしがみついていてかわいいですね。

yamameguri (38)_GF

 

薬力社

yaku_GF

 

 右に曲がって「薬力の滝」へ行っていますが、左へ曲がると頂上へのルートです。

 

 はす向かいのお店(薬力停さん)で、健康ゆで卵が一個80円でいただけます。番茶付きです。私は毎回いただいてます。今回は早朝なので、最初に通った時は開店前でしたので、もう一回戻ってきていただきました。おいしいですよ。オリジナルの絵葉書が売っていてこれもおすすめです。

yamameguri (3)_GF

 

御劔社

mitsurugisya_GF

 

 ここはどうしても本殿と劔石(という磐座)が写ってしまうので、看板の写真でお許しください。

DSC_0089_GF

 

 この御剣社の前にこんな狛犬がいます。赤ちゃんが抱きついています。子供の成長を願って奉納されたそうです。

yamameguri (40)_GF

 

 先ほどのビデオの中の滝と反対方向に行くと急な坂が続き、頂上に着きます。頂上が一ノ峰です。ご覧のとおり急傾斜なので、十分ご注意ください。この先を登り切ると、一ノ峰です。

 

一ノ峰

1no

yamameguri (43)_GF

yamameguri (42)_GF

 ここまで登り始めてから一度も休まず登り続ければ一時間強くらいでしょうか。私は普段一時間半くらいかけていると思います。

 

一の峰~三の峰~四つ辻

3-4_GF

yamameguri (44)_GF

 

 ここからはまたビデオでご覧ください。

 

四辻~本殿

 これで四つ辻にもどってきました。これで元来た道を戻ればお山めぐりは終了です。

おすすめコース

 このまま来た道をもどってもよいのですが、ここはひとつ、私と一緒におすすめコースへと進んでいきましょう。まず、ここに戻ります。

araki_GF

 

 この看板を左へ降りていきます。

DSC_0031_GF

 

  道なりに10分くらい進んでいくと荒木神社に出ます。ここの境内に口入稲荷体神が祭れているお社があります。写真の右手にあります。ここは縁結びのご利益がある、知る人ぞ知る穴場スポットです。恋愛、仕事、あらゆるご縁を取り持っていただけます。

yamameguri (9)_GF

 

 まず、下の写真の「口入人形」を社務所でいただき(三体で5000円)、火打石で清めていただいた後、口入稲荷大神のご神前にお供えし、祈願します。その後、この人形を家に持ち帰り、願い事が叶ったら、お返しします。三体の人形は夫婦(めおと)と伴(とも)といい、三柱とも口入稲荷大神の眷属です。お役目を終えて帰ってきはったんですね。

yamameguri (8)_GF

yamameguri (7)_GF

 

 荒木神社はお土産も充実しています。伏見稲荷にお越しの際には是非、足を延ばしていただきたいと思います。

yamameguri (12)_GF

yamameguri (11)_GF

 

 帰り道は少しわかりにくいので、解説します。まず、荒木神社を出たら、左に向かって降りて行ってください。途中住宅街に入り、不安になりますが、道なりに進んでいってください。するとここに着きます。

yamameguri (13)_GF

 

 さらに道なりに進んでいくとここに出ます。矢印の看板の方向に進むと伏見稲荷の本殿に戻ることが出来ます。

yamameguri (14)_GF

yamameguri (15)_GF

 

赤い吹き出しが荒木神社(口入稲荷)、青い吹き出しが、矢印の看板のあるお店です。時間がなければここだけいってみるのもおすすめですよ。

おすすめ その2

 最近私はトイカメラに凝っているいるのですが、稲荷山は緑の中に朱色が映えてとてもきれいな場所です。これをトイカメラのビビッドモードで撮影するとなかなかきれいです。お持ちの方は是非撮影してみてください。お持ちでない方は、画像編集ソフトで色を強調する加工をすると似たような感じになります。

ViviLnk

ViviLnk

ViviLnk

 

スポンサーリンク

おわりに

 いかがでしたでしょうか?急ぎ足ですが、なるべく皆様に追体験していただけるよう、シンプルに、写真とビデオで解説してみました。今後も、このような企画を考えています。ご意見ご要望などございましたら、ご遠慮なく連絡フォームからご連絡いただければ幸いに存じます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!してね。
Follow me, BAAH!
Don't miss the latest article from Kyoto.
スポンサーリンク
京都観光 伏見稲荷・東福寺エリア
スポンサーリンク
フォローしてね/ Follow me, BAAH!
ヤギの京都観光案内/KYOTO GOAT BLOG
トップへ戻る