おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

祇園祭後祭宵山2021はコロナで中止かは未定:見所を説明

スポンサーリンク

あばれ観音 7月23日 23:00ころ~ 大暴れ開始 於 南観音山会所付近

あばれ観音2018 祇園祭/ Abare Kannon in Gion matsuri

南観音山の御神体、楊柳観音を蓮台に括り付け、力一杯ふりながら町内を担いで回ります。発祥は謎に包まれています。何年か前、観音様が落下しましたが、現在でも続けられています。

楊柳観音

大暴れしはった直後の楊柳観音。合掌。

スポンサーリンク

祇園囃子

【2017京都祇園祭】鷹山のお囃子

ビデオは今年193年ぶりに巡行に復帰する鷹山のお囃子です。撮影は2017年。

スポンサーリンク

鉾にのせてもらう

船鉾に乗るところ

宵山期間中は鉾に乗せてもらえます。拝観券と購入すると、粽やその他の授与品をいただける鉾もあります。近年は女性が登れる鉾も増えてきました。

スポンサーリンク

授与品

船鉾

宵山(前述のように一部の山鉾では鉾建ての日から)では、各山鉾では粽、手ぬぐいなどの授与品を入手することができます。おおよそ1000円〜です。

スポンサーリンク

御朱印

山伏山の御朱印四条傘鉾の御朱印函谷鉾の御朱印

宵山では期間限定の御朱印が授与されます。原則的にスタンプですが、布袋山の御朱印(最初のもの)は手書きしたもらえます。(毎年かどうかはわかりません)。四条傘鉾のもの(二枚目)はいろいと張り付けてもらえます。函谷鉾のもの(三枚目)がスタンダードなスタンプのみのものです。

祇園祭御朱印帳

専用の御朱印帖もあります。各山鉾や市内の書店で購入できます。宵山が始まる夕刻からは混雑しますので、なるべく昼間の内に集めておくことが肝要かと思います。ちなみに、私は宵山が前後に分かれる前に一日ですべての御朱印を集めました。現在は二回に分かれていますので、余裕をもって集められると思います。御朱印帳は2018年のものですが、今年も同様です。

長刀鉾の御朱印

社員をご覧いただければお分かりかと思いますが、各ページの右上に山鉾の名前が記載されています。このように各山鉾のページが決まっているので、もらい逃すことはありません。

 いちきしま ひめ
 いちきしま ひめ

以下、注意事項で~す。

函谷鉾御朱印東

あ

ご自身で捺印される場合、祇園祭専用の御朱印帳をお持ちの方は、押す場所を間違えないようにしましょう。

菊水鉾御朱印

うん
うん

捺印するときは、しっかりと押さえましょう。

スポンサーリンク

人がいなくなった後の山鉾

祇園祭2016 後祭

これは一番のおすすめです。9時半~10時過ぎくらいになると人が一気に減ります。(おそらく電車の都合)この時間帯、駒形提灯が消灯されるまで(おおよそ10時くらい)~消灯後の駒形提灯をみるのがおすすめです。

特にお勧めなのが、北・南観音山のある、新町通りです。ここは街灯の色が綺麗なので、山が綺麗に映えるのでおすすめです。

七里ヶ浜親方
七里ヶ浜親方

かならず行ってくれよ。

スポンサーリンク

お買い物

西陣織西陣織

新町通には和装小物のお店がありますが、祇園祭中はセールを実施しています。写真は帯の端切れです。テーブルセンターなどに利用しています。値札は3,980円ですが、確か半額以下で購入した記憶があります。

後祭宵山セール

撮影隊は本日いち早く干支の張子人形を入手。入れ子構造の御三方に座布団がついて金三百圓也。

スポンサーリンク

エコ屋台村

冒頭で申し上げましたエコ屋台村が京都芸術センターのグラウンドで開催されます。2019年は7月22日と23日に開催されます。リユース食器が用いられます。

ここでは廃棄された乾電池からとった金が山鉾の金具に使われているようすがパネルで展示してありました。今年は未確認です。

スポンサーリンク

参考文献

以下、本投稿を作成するにあたり参考にした文献等、主要なものを列挙しますので、ご興味に応じて参照していただければ幸いです。

真弓常忠(2000)『祇園信仰』朱鷺書房

真弓常忠/編 (2002)『祇園信仰事典』戎光祥出版

川嶋 將生 (2010)『祇園祭 祝祭の都』 吉川弘文館

下間正隆 (2014)『イラスト祇園祭』京都新聞出版センター

脇田晴子 (2016)『中世京都と祇園祭ー疫神と都市の生活』吉川弘文館

公益財団法人祇園祭山鉾連合会 (2018)『放鷹ー祇園祭 鷹山 復興のための基本設計』公益財団法人鷹山保存会



この記事が気に入ったら
いいね!してね。
Follow me, BAAH!
Don't miss the latest article from Kyoto.
おすすめ記事祇園祭
スポンサーリンク
フォローしてね/ Follow me, BAAH!
ヤギの京都観光案内/KYOTO GOAT BLOG
トップへ戻る