おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

表紙

喫茶去/Welcome

いちきしま ひめ
いちきしま ひめ

 当サイトにお越しいただき、幸甚に存じます。謹んで御礼申し上げます。

 僭越乍、蒙昧な憧憬を充足せしめんと欲すれば、即ち他のコピペサイト様等を御参照下さい。

然にあらずんば、暫し正鵠との邂逅をお楽しみ下さい。

たけちよ
たけちよ

Congratulations! Welcome to Kyoto Goat blog!

Now you have the privilege to understand real Kyoto and Japanese cultural inheritance.

No naive images, no invented stories, and nothing superficial are available.

Enjoy my site, BAAAH!!!

謹賀新年

八坂神社白朮祭2023

たけちよ
たけちよ

謹んで新年をお慶び申し上げます。皆様のご健康とご多幸を祈念申し上げます。昨年中は皆様の御閲覧の栄に浴しましたこと、厚く御礼申し上げます。本年も宜しくお願い申し上げます。合掌

八坂神社コロナ対策/Yasaka shrine against COVID-19

京都八坂神社虹

Troubles and epidemics melt like lemon drops, BAAAAH!!!

牛頭天王と八坂神社と祇園祭2022:疫病退散とコロナのご利益
牛頭天王とは、祇園社、即ち現在の八坂神社の御祭神である素戔嗚尊と習合していた神様です。疫病退散のご利益があると伝えられ、明治元年に神仏分離令が発せられるまでは我が国で遍く信仰されていました。本稿ではこの牛頭天王と疫病やコロナに対するご利益につきご紹介します。
Gozu Tenno and Yasaka shrine: The Deity is still alive in the fear of COVID-19 牛頭天王英語で説明
Gozu Tenno is a Deity enshrined in Gion sha, the former Yasaka shrine. Gion matsuri is started oh his story and its still alive in the fear of COVID-19.

祇園祭2022/Gion Matsuri Festival 2022

祇園祭2023/令和五年総合ガイド:神輿渡御・山鉾巡行・宵山開催、くじ取り式結果一覧、屋台、日程・粽・鉾立などを網羅
2023年/令和五年祇園祭の総合ガイドです。昨年は神輿渡御、山鉾巡行、宵山の開催されました。2023年もこれに準ずるものと予想されます。くじ取り式の結果一覧、歴史や由来、前祭・後祭・山鉾巡行・神輿渡御などの行事の日程、生稚児や久世駒形稚児、各山鉾や御朱印などのみどころ、屋台や歩行者天国や交通規制などのおすすめ情報です。
Gion matsuri festival in Kyoto 2022: Let us enjoy Mikoshis, Yamahoko floats, and Yoiyamas!!! 祇園祭2022英語で説明
The guide on Gion matsuri festival in Kyoto; its schedule, Mikoshis, Yamahoko floats, Yoiyamas, history, the reason why it is celebrated, souvenirs, and other must-sees. Anything is available.

初詣/ Hatsumode

八坂神社詣2023/令和5年:屋台、参拝時間、ご利益につき詳細解説
2023年/令和五年の八坂神社の初詣とご利益につきご紹介します。屋台の有無、大晦日から三が日のおすすめの参拝時間や参拝者数、主要なご祭神のご利益、お守りやおみくじ、限定御朱印、大晦日のおけら火元日の白朮祭の違いなど八坂さんの初詣のすべてを詳細に解説申し上げます。合掌
Hatsumode in Kyoto 2023: Yasaka shrine provides you with extreme blessings!
Yasaka shrine Hatsumode 2023 guide: Let us make Hatsumode (初詣) to Yasaka shrine (八坂神社) which which gives you an extraordinary blessings to you.
岡崎神社初詣2023:うさぎさんと子授け・安産と恋愛成就のご利益
本稿では、令和五年/2023年の干支にちなみ、うさぎさんと安産と恋愛成就のご利益に与ることのできる隠れた名所、岡崎神社の初詣とご利益につき解説申し上げます。合掌

1月/January

白馬奏覧神事於2023於上賀茂神社、並びに七草粥の由来
上賀茂神社で一月七日に行われる白馬奏覧神事の由来、みどころと七草粥の由来につき解説申し上げます。
Aouma/Hakuba Soran Shinji 2023 at Kamigomo shrine/ 上賀茂神社白馬奏覧神事英語で説明
Hakuba Soran Shinji is a Shinto ritual held at Kamigamo Jinja shrine in Kyoto on January 7th. In the ritual, we see Shinme horse and eat Nanakusagayu. In this article, you see the best way to enjoy them!
後七日御修法後拝み2023 於東寺
2022年は開催予定です。毎年1月8日~14日に東寺内の灌頂院で行われる、後七日御修法の意義と歴史、そして灌頂院の内部で何をするのかを解説した後、14日の「後拝み」での灌頂院参拝方法などをご紹介します。合掌。
Goshichinichi Mishiho 2023 at Toji temple: The ritual held in ancient Imperial court 後七日御修法英語で説明
Mishiho is a supreme ritual held in Toji temple in Kyoto. From 8th to 14th January, high-ranked monks visit Kanjoin temple three times a day to pray for the prosperity of our country, world peace, and good harvest of the year. Not sure whether Goshichinichi Mishio is canceled or not, due to COVID-19.
八坂神社の祇園えべっさん2023, a.k.a.十日戎のみどころ
2023年、八坂神社で行われる予定の「祇園えべっさん」と蛭子船巡行のみどころにつき解説します。御朱印は一日500部限定です。尚、新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、「えびす船巡行」は中止となりました。
Gion Ebessan/Ebisu Fesitival 2023 at Yasaka shrine in Kyoto: 祇園えべっさん英語で説明
In 2023, Gion Ebessan/Ebisu festival is to be held at Yasaka shrine. With lots of photos and video, you can learn about the festival like Ebessan boat and Seven Deities/Gods of fortune, etc.
三十三間堂の通し矢2023:タイムスケジュールとルール、アクセスを解説
三十三間堂で行われる「通し矢」、2023年は1月15日(日)に開催されます。鑑賞スポット、タイムスケジュール、ルールや歴史、そして三十三間堂の概要、アクセス方法などをご紹介します。
Toshiya, the traditional Japanese archery at Sanjusangendo 2023: 三十三間堂の通し矢を英語で解説
The archery competition of Sanjusangendo is called "Toshiya." In 2022, the competition takes place but is not open to public. Enjoy the archers in beautiful Kimono and its 600 years of history!

2月/February

平安神宮の節分2023/令和五年:大難の儀・鬼の舞・大火焚神事のみどころ
大難の儀とは、平安神宮で行われる節分の行事の内の一つです。平安時代に実際に宮中で行われていた「追難式」を京都大学の教授の時代考証を仰ぎ、忠実に再現したものです。
Setsubun 2023: Dinanogi at Heian Jigu shrine 大難の儀と節分英語で説明
Dainanogi is a Setsubun ritual presented at Heian Jingu shrine in the same form as it was took place in Heian period. In that period, people believed the ending of each season caused evil spirit which brought them illness and misfortune.
橿原神宮紀元祭2023/令和五年と神武天皇と日本のはじまり:皇紀2683年
紀元祭とは、毎年2月11日に全国の神社で斎行される我が国の建国を祝う祭典です。紀元前660年の同日の神武天皇が橿原宮での即位をもって我が国の誕生し、本年は皇紀2,683年です。本投稿では神武天皇の即位までの経緯、橿原神宮と紀元祭の様子をご紹介します。
Kigen Sai 2023: Kashihara Jingu celebrates the birth of Japan 橿原神宮の紀元祭英語で説明
Kigensai festival (紀元祭) is a ritual to celebrate the birth of Japan. According to Nihon Shoki,『日本書記』Emperor Jinmu (神武天皇) became the 1st emperor of Japan in 660 B.C. at a place known as Kashihara Jingu shrine today. In this article, you can learn about how Japan started and Kigensai.
上賀茂神社の紀元祭2023/令和五年
紀元祭とは上賀茂神社で行われる、初代天皇、神武天皇が即位日たる紀元節を奉祝する行事です。当日は神事、蹴鞠や空手などの奉納が行われます。本投稿ではそれら内容や上賀茂神社の歴史やアクセスなどを御紹介します。
Kigensai festival 2023 at Kamigamo Jijna shrine 上賀茂神社の紀元祭英語で説明
"Kigensai" is a ritual to cerebrate the foundation of Japan. On January 1, 2023 D.C., Japan has 2,683 years of history. In the Japanese Imperial year, this year is "Koki 2682."
即位礼正殿の儀とは?即位礼の全貌につき詳細かつ簡潔に解説
令和元年5月1日、徳仁皇太子殿下が第126代天皇陛下として即位なされました。令和元年10月22日、即位礼の一環として、即位礼正殿の儀に於いて御自らの即位を我が国の国民、並びに諸外国に対し宣言なされます。本投稿は右につき、詳細かつ簡潔にご紹介します。
Emperor naruhito's enthronement ceremony: Sokui Seiden no Gi in 2019
On 1st March 2019, Emperor Naruhito acceded to the Chrysanthemum Throne and became the 126th Emperor of Japan. On 22th October 2019. Emperor Naruhito is to declare his accession in Sokuirei Seiden no Gi at Imperial Palace. In this article, we learn about what is it.
The meaning of Reiwa, the new Japanese Imperial period
Reiwa (令和), what does the new Imperial period/era mean? Why are Japanese people delighted because it was quoted the Manyosyu?

北野天満宮梅苑

北野天満宮の梅苑2023の日程とライトアップ: 1月21日現在開花
京都北野天満宮の梅苑ライトアップ、おもいのままなど梅の種類、御土居などの見どころにつき隈なくご紹介します。令和五年/2023年は梅苑公開が2023年2月1日(水)~3月下旬、ライトアップは2月24日(金)~3月19日(日)の金、土、日に開催される予定です。
Plum blossoms Ume Japan 2023: At Kitano Tenmangu shrine Baien garden
In japan, we admire Plum blossoms or Ume before cherry blossoms bloom. Let us enjoy them at Kitano Tenmangu shrine, the most famous Ume place in Kyoto. Night illumination is available.

河津桜

京都の河津桜2023:開花情報と見頃の状況1月25日現在、つぼみふくらむ【一条戻橋・東寺ライトアップ・三条大橋・雲龍院】
河津桜は京都で最も早く咲く桜です。一条戻橋や東寺で2月半ばに咲き3月半ばで満開になります。2023年1月25日現在、つぼみが膨らみ始めています。このまま行けばほぼ例年通りの開花が予想されます。東寺でライトアップと重なるかは未定です。今後の開花を予想しつつ、開花状況を更新していきます。河津桜を堪能するおすすめコースも併せてご紹介します。
Breaking report on Kawazu Zakura, the earliest bloom Sakura in Kyoto 2023: 河津桜開花状況英語で説明
The report of 2022 on Kawazu Zakura, the earliest bloom Sakura in Kyoto. We can find some of them in Ichijo Modori bashi bridge, Toji, Unryuin, and Philosopher's path.They go into full bloom around mid-March.

葵祭/ Aoi Matsuri festival

葵祭2023/令和五年開催予定:斎王代と行列、日程、有料観覧席を徹底解説
2023年/令和五年の葵祭も社頭の儀、路頭の儀、斎王代御禊の儀は開催です。葵祭の歴史、斎王代、行列などの日程、行列のコース、有料観覧席、移動手段、アクセスなどをご紹介します。
Aoi Matsuri festival in Kyoto 2023: 葵祭英語で説明
In this article, with many photos and videos, you can see the way to enjoy Aoi matsuri festival. Its history, the rituals going with it, the famous parade.
斎王代御禊の儀2023は開催予定:上賀茂神社と下鴨神社で隔年開催
令和五年/2023年の斎王代御禊の儀は開催予定です。葵祭に奉仕する斎王代が潔斎する斎王代御禊の儀の内容を概観しつつ、斎王の歴史的意義、経緯などを宇宙一詳細に解説いたします。御禊の儀は隔年で上賀茂神社と下鴨神社でおこなわれます。
Saiohdai Gyokei no Gi 2023: The most famous ritual prior to Aoi matsuri festival in Kyoto
Saiohdai Gyokei no Gi is one of the most important rituals held prior to Aoi matsuri festival. In this article, we learn about Gyokei no Gi in historical point of view and who is Saioh/Saiohdai.
御蔭祭2023/令和五年:みどころ、コース、日程を特別に教えるよ!
御蔭祭(みかげまつり)は葵祭に先立ち、5月12日に下鴨神社で行われる神事で、葵祭の前提をなす重要な神事です。2023/令和五年は開催予定です。本稿ではみどころや日程などをご紹介します。
Mikage matsuri 2023: The most important ritual prior to Aoi matsuri festival
Mikage matsuri is a ritual held prior to Aoi Matsuri The most important ritual is Miare shinji held on the 12th May at Mikage shrine. On the very day, the Deity of Shimogamo shrine is born there.

京都混雑状況2023年1月

たけちよ
たけちよ

2023年/令和五年は賀茂競馬、同足汰式共に斎行予定です。葵祭斎王代御禊の儀の、並びに御蔭祭も斎行されるものと推認されます

年間の行事

京都観光:年間の混雑状況、梅、桜、青もみじ、紅葉の見頃、並びに月ごとのイベント
この記事の構成 このページ 概説、混雑状況、梅・桜・青紅葉・紅葉の見頃 2ページ目 月ごとのイベント:1~6月 3ページ目 月ごとのイベント:7~12月 このページのもくじはこの下にあります。 ...

縁結び
こっちのもんだべ

清水寺の工事/The renovation of Kiyomizudera temple

清水寺の改修工事はいつまでか?2020年12月3日に終了。現在の舞台の様子
清水寺は2020年12月3日現在、舞台の床の張替え工事中が終了しました。本堂と舞台、その他のすべての場所へ入り、拝観することは可能ですので、ビデオでご覧ください。本堂の檜皮葺屋根の葺き替え工事は今年2月に終了し、「平成の大改修」は12月3日の舞台の開放を以て終了となりました。檜皮葺の工法、舞台の様子など、宇宙一詳細かつ簡潔にご紹介します。
Kiyomizu-dera renovation finished in 2020
Kiyomizudera consists of about 15 buildings and some of them were renovated in the name of "Heisei no Daikaisyu 2008-2020(Reconstruction in Heisei period). "

清水寺アクセス修羅場回避

清水寺へのアクセス・混雑回避の秘訣
本稿ではJR京都駅から清水寺へのアクセスとして、基本ルートと混雑回避ルート、並びにその他各観光地からのアクセスを網羅します。
Kyoto station to Kiyomizudera by bus: To avoid busy route
Kiyomizudera temple is the most popular destination for tourist in Kyoto. From Kyoto station, the route 206 bus is always crowded. In this post, I'll show you the other ways to avoid that busy route. 

桜2023/Sakura 2023

  • Late Jan.~: Kawazu Zakura blooms. Migoro, the best time to admire, is early Mar.
  • Fist week of Mar. ~: In Konoetei-ato in Kyoto Imperial Palace, In Ryozan Kannnon, Yamazakura, Shidare Zakura and other kinds of Sakura bloom. Migoro is around 20th Mar.
  • Mid Mar.~:Somei Yoshino, so-called Sakura and other kinds of Sakura bloom. Migoro is late Mar. to early Apr.
  • 1st week of Apr. ~Omuro Zakura in Ninnaji blooms. Migoro is around 10th. Migoro of Haradanien is couples of days later than Migoro of Ninnaji.
  • Around 7th~ Kitano Zakura blooms. Migoro is mid-Apr.
トップへ戻る