おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

東山花灯路2018 狐の嫁入りなどの見どころ、デートコース、おすすめ情報教えます。

スポンサーリンク
  1. 2018 東山花灯路
  2. 東山花灯路とは?
  3. 2018年 東山花灯路 基本情報
  4. 東山花灯路の混雑状況
  5. 2018年 東山花灯路 アクセス方法
    1. バス
    2. 地下鉄
    3. 阪急
    4. 京阪
    5. 自動車
  6. 2018年 東山花灯路のみどころ 
    1. ロームが灯す「灯りと花の路」
    2. 「いけばなプロムナード」
    3. 「現代いけばな展」
    4. 「舞妓による奉納舞踊」
    5. あおくすの庭
      1. サクハナ行灯
    6. 竹灯り・幽玄の川
    7. 火の用心・お囃子組
    8. お絵かき行灯
    9. 東山花灯路 de 「花咲想(はなさかそう)」
    10. 「粟田大燈呂」
    11. 2017年「粟田大燈呂」
      1. スサノオノミコトとクシナダヒメ
      2. 因幡の白兎
      3. 出世えびす
      4. 愛染明王
    12. 2018年
  7. 東山花灯路 寺社仏閣のライトアップ・特別拝観
    1. 清水寺
      1. 2017年の清水寺
      2. 2018年の清水寺
      3. 2018年 夜間特別拝観
    2. 法観寺(八坂の塔)
      1. 2017年 ライトアップの様子
    3. 高台寺
      1. 高台寺の竹林
      2. 2017年のプロジェクションマッピング
      3. 2017年の妖怪プロジェクションマッピング
    4. 圓徳院
      1. 2017年の圓徳院
    5. 大谷祖廟
    6. 2017年の大谷祖廟
    7. 大雲院(祇園閣)
    8. 八坂神社
    9. 知恩院
      1. 2017年の知恩院
    10. 青蓮院
      1. 2017年の青蓮院
  8. 東山花灯路 2018 狐の嫁入り巡行
    1. 19:00/20:00 知恩院三門前出発
    2. 19:20/20:20頃 円山公園音楽堂付近
    3. 19:30/20:00頃 春光院前
    4. 19:40/20:40頃 高台寺到着
    5. 19:40/20:40~ 湖月茶屋
  9. 東山花燈路 2018 おすすめデートコース1
    1. 午後4時30~午後5時30分 清水寺
    2. 午後5時30分~午後5時45分頃 清水寺から二寧坂へ
    3. 午後5時45分~午後6時 二寧坂付近
    4. 午後6時~午後7時 自由行動 高台寺へ
    5. 午後7時 円山公園音楽堂付近 解散
  10. 東山花燈路 2018 おすすめデートコース2
    1. 北野天満宮の梅苑
    2. 東寺の河津桜
    3. 一条戻橋・晴明神社
  11. 東山の街並

2018 東山花灯路

東山花灯路2017東山花灯路2017

 今回は毎年3月初旬に清水寺や高台寺周辺で開催される、東山花灯路につき、狐の嫁入りなどのみどころや、周辺寺社のライトアップ、おすすめデートコースについて解説します。

いちきしまひめ
花灯路ってなあに?
やぎももさん
東山のライトアップなどのイベントどすえ。
ヒヒヒ
狐の嫁入りもあるよ。
いちきしまひめ
コースと時間は?
やぎももさん
7時と8時に知恩院スタートどすえ。
いちきしまひめ
他になにがおすすめ?
やぎももさん
清水寺などのライトアップや街頭のいけばなどすえ。
ヒヒヒ
トイレの場所や高台寺の裏技も確認しておこうね。
Kyoto Goat
行くでしかし

スポンサーリンク

東山花灯路とは?

東山花灯路

 東山花灯路とは、京都の夜の新たな風物詩として、「灯り」をテーマに平成15年から開催された観光資源の創出事業です。(京都・花灯路公式ホームページを参照)

 簡単に申しますと、お正月を過ぎると、紅葉のような大々的なイベントがないので、なにか新しいものを、ということで始まった行事です。毎年3月上旬に約10日間ほどの間に行われます。東山周辺(清水寺や八坂神社があるあたり)の路地のライトアップやいけばななどの各種展示が主な行事になります。

嵐山花灯路

平成17年からは12月に嵐山花灯路が始まりました。

まずはビデオをご覧ください。

スポンサーリンク

2018年 東山花灯路 基本情報

 

2018年の日程    3/9(金)から3/18(日)まで

点灯時間  午後6時から午後9時30分まで

2017東山花灯路パンフレット

 案内所でパンフレットがもらえます。中には地図だけでなく、各イベントの情報などが載っていいます。

スポンサーリンク

東山花灯路の混雑状況

 例年ですと、週末以外は比較的空いています。東山は紅葉の時期が一番混みますが、紅葉の時期と比較すれば、5分の1程度でしょうか。
 週末が人出が増えますが、それでも人がいっぱいで前に進めないといったことはありません。

スポンサーリンク

2018年 東山花灯路 アクセス方法

バス

JR京都駅からは市バス100、110、206系統で、五条坂・清水道・祇園バス停のいずれかで下車するのが王道ですが、これらの系統は混雑します。花灯路の時期は相対的に空いているので、このルートをご紹介していましたが、本年より、以下のルートを推奨します。

京都駅前バスターミナルA2乗り場から市バス4もしくは17系統に乗車。

四条河原町バス停(緑のバスマークの上に17、下に4系統が止まります)で下車。徒歩で四条通を八坂神社に向かって直進。八坂神社まで約10分。

尚、期間中、東山花灯路号がD2のりばから出発します。

地下鉄

市営地下鉄東西線東山駅下車し、徒歩約15分で知恩院へ。

阪急

河原町駅から徒歩で八坂神社まで約10分。

京阪

祇園四条駅から徒歩で八坂神社まで約10分。

自動車

 高台寺に駐車場がありますが、混雑します。

 その他、付近には清水坂観光駐車場、円山公園駐車場がありますが、ここも混みます。

 すこし離れた場所に岡崎公園駐車場があります。徒歩で青蓮院まで15分くらいです。岡崎ループという系統で平安神宮から青蓮院前まで行けますが、18:12発が最終です。歩いても構わないのであればここが良いでしょう。

 おすすめは京都市御池地下駐車場です。京都市役所前駅から地下鉄東西線に乗り、東山駅で降りるとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

2018年 東山花灯路のみどころ 

写真・内容は昨年のものです。最新の情報が入り次第更新します。主要なものをご紹介します。詳細は会場で配布されるパンフレットや公式サイトをご覧ください。

ロームが灯す「灯りと花の路」

東山花灯路東山花灯路東山花灯路2017東山花灯路2017

 期間中、東山花灯路開催地の路地が提灯で照らされます。約2500個のLEDが使われています。普段は暗くて寂しい感じがするところですが、期間中は提灯で照らされます。上の横長の写真は、15年前の第一回の花灯路の様子を再現したものです。二寧坂から清水寺の方へ少し登って行ったところです。 

 期間中は人通りも多く、沿道のお店も開店しています。普段の様子はこの投稿の最後で触れます。

「いけばなプロムナード」

 東山花灯路いけばなプロムナード東山花灯路

 京都いけばな協会により、「灯りと花の路」沿いに生け花がいけられます。夜の屋外でいけばなを見る機会はなかなかないので、新鮮です。ご覧の通り、かなり大型のものです。高さが約1メートルくらいあります。

「現代いけばな展」

東山花灯路2017

東山花灯路2017東山花灯路2017

「舞妓による奉納舞踊」

舞妓さん東山花灯路 舞妓さんの奉納舞踊

 八坂神社の境内の舞殿で五花街の舞妓による奉納舞踊が行われます。

2018年は3月10日、11日、16日、17日、18日の五日間、時間は18:30、19:00、19:30から。

あおくすの庭

東山花灯路2017あおくすの庭東山花灯路2017あおくすの庭

東山花灯路2017あおくすの庭東山花灯路2017あおくすの庭

 ここは、青蓮院からすこし上がったところにあります。総合案内所になっています。いろんな種類の灯籠がならんでいます。人が少ないので、ゆっくりしたい人向けです。最後にここで締めるのも良いかもしれません。

サクハナ行灯

サクハナ行灯サクハナ行灯

 こちらは行灯にメッセージを書いた花を貼り付けることができます。円山公園のしだれ桜のところにありました。2018年はあおくすの庭にあります。

竹灯り・幽玄の川

竹灯り・幽玄の川2017竹灯り・幽玄の川2017

 円山公園の中で開催されています。すぐそばで「現代いけばな展」が開催されています。静かでおすすめです。何年か前の京の七夕を思い出します。2018年はありません。

火の用心・お囃子組

 地元の小学生のみなさんが火の用心の拍子木をうちながら「灯りと花の路」を練り歩きます。18時頃青蓮院前を出発し、20:15頃に清水寺前到着予定。

お絵かき行灯

おえかき行灯

 専用の紙に好きな絵を描いて行灯にすることができます。昨年は高台寺公園で受け付けていました。今年も同様です。

東山花灯路 de 「花咲想(はなさかそう)」

数量限定でタキイ種苗さんよりなんとひまわりのたねのプレゼント, BAAAH!!

「粟田大燈呂」

粟田大燈路粟田大燈呂

粟田大燈呂粟田大燈呂

 すぐ近くにある粟田神社の粟田祭でつかわれる粟田大燈呂が円山公園で展示されます。青森のねぷたの原点とも言われています。赤い牛は神仏習合で素戔嗚尊(粟田神社の御祭神)と同視された牛頭天王です。粟田祭の大燈呂はご覧の通り、かわいいのが特徴です。

三条宗近像

狐さんが刀を鍛えていますが、これは粟田神社境内に鍛冶神社があり、三条小鍛冶宗近などが祀られているためです。三条小鍛冶宗近とは10世紀頃の刀工で、祇園祭の長刀鉾の長刀を鍛えたとされています。

2017年「粟田大燈呂」

スサノオノミコトとクシナダヒメ

粟田大燈呂

スサノオノミコトは粟田神社の御祭神です。これはヤマタノオロチを退治した後のようすでしょうか。

因幡の白兎

粟田大燈呂

こちらも粟田神社の御祭神、オオナムチノミコトです。白兎を抱きかかえた優しい表情がみどころ。後ろのサメもかわいい感じです。

出世えびす

御祭神

粟田神社の摂社に祀られるえびす様です。一般のえびす様はぽっちゃりしていますが、粟田神社のえびす様はほっそりしていて、口をあけて大笑いしているのが特徴です。ポスターでご覧になられたことがあるかたも多いかと思います。

愛染明王

御祭神

恋愛・縁結び・家庭円満の神様です。

御祭神

昨年の干支です。

侍犬政宗

 今年はこんな塩梅ですかね、、、(昼間、円山公園であえます。)

2018年

2018東山花灯路2018東山花灯路

取り急ぎ画像まで。

スポンサーリンク

東山花灯路 寺社仏閣のライトアップ・特別拝観

昨年のライトアップ・特別拝観の日程です。ことしのものが確認出来次第更新します。拝観期間、時間、拝観料などは変更される可能性があります。必ずご自身でご確認下さい。

清水寺

清水寺のライトアップ

清水寺についてはこちらからどうぞ。

改修前の様子はこちらから。

桜はここブヒ。

夜間特別拝観・ライトアップ 

夜間特別拝観 18時〜21時(受付終了)

拝観料 大人400円 小中生200円

電話番号 075-551-1234

清水寺公式ホームページ

2017年の清水寺

 2017年3月9日現在の様子です。

東山花灯路2017東山花灯路2017・清水寺

 仁王門前には梅が咲いています。ほぼ満開です。

東山花灯路2017・清水寺東山花灯路2017・清水寺

 清水の舞台は現在このように足場が組まれています。舞台上は一部を除き、立ち入り禁止になっています。本来の姿が見られないのは残念ですが、この状態が見られるのも珍しいことなので、前向きに鑑賞なさってください。

 まだ、桜が咲いていないので寂しい感じがしますが、3月25日から4月9日までの夜間特別概観では桜が咲いているので大分華やかになっていることと思います。

2018年の清水寺

清水寺の紅葉工事中の清水寺

 写真は昨年12月に撮影したものです。完全に足場で覆われていますが、ご覧のようになかなかきれいです。この状態も今しかみることはできません。特にしたから見た所が大迫力でおすすめです。

2018年 夜間特別拝観

受付開始 18:00 受付終了 21:00

法観寺(八坂の塔)

夕暮れの八坂の塔

通常拝観 10:00~16:00 

拝観料 大人400円

ライトアップがあります。

電話番号 075-551-2417

2017年 ライトアップの様子

東山花灯路2017・八坂の塔東山花灯路2017・八坂の塔

 肉眼で見るとこれくらいの明るさです。ここはいつ来てもきれいです。普段は静かなところなので、花灯路が終わった後に行ってみてもよいでしょう。

高台寺

高台寺夜間拝観

高台寺についてはここからどうぞ。

さくらはここ、BAAH!

2018年夜間特別拝観・ライトアップがあります。

3月9日(金)から5月6日(日)までの期間で

拝観時間 10時〜21時30分(受付終了)22時まで

拝観料 大人600円 小中高生250円

高台寺・高台寺掌美術館・圓徳院 共通拝観券 900円

ヒヒヒ
裏技だよ。

昼間のうちに共通拝観券を買っておくと楽に入れます。

電話番号 075-561-9966

高台寺公式ホームページ

高台寺の竹林

高台寺の竹林

 高台寺には竹林もあります。派手さはありませんが、嵐山のように混雑していないので、ゆっくり風情を味わえます。

2017年のプロジェクションマッピング

東山花灯路2017・高台寺東山花灯路2017・高台寺

東山花灯路2017・高台寺東山花灯路2017・高台寺

一回の上映は約3分程度です。人が大勢いますが、たいての人は一回見たら帰るので、何回か上映しているうちに最前列に行けます。昨年は万華鏡をイメージしています。

ちなみにこれは昨年の秋の様子です。これは白砂に水を張って水鏡にしています。大当たりだったのでご覧ください。

2018最新版をご覧ください。今年もあたりです。テーマは「平和」です。

2017年の妖怪プロジェクションマッピング

妖怪プロジェクションマッピング妖怪プロジェクションマッピング

 高台寺の入口を背にして、真っ直ぐ進んでいくと、駐車場の先に高台寺御茶所というカフェがあります。ここから妖怪プロジェクションマッピングが行われていました。高台寺と言えば妖怪、という方はぜひいってみて下さい。2018年はありません。

八坂の塔

 踵を返せば、ライトアップされた八坂の塔が見えます。

圓徳院

圓徳院についてはここズラ。禅寺体験ことはじめがあるブヒよ。

2018年夜間特別拝観・ライトアップがあります。

3月9日(金)から5月6日(日)までの期間で

拝観時間 10時〜21時30分(受付終了)22時まで

拝観料 大人500円 小中高生200円

高台寺・高台寺掌美術館・圓徳院 共通拝観券 900円

ヒヒヒ
裏技だよ。

昼間のうちに共通拝観券を買っておくと楽に入れます。

電話番号 075-525-0101

圓徳院公式ホームページ

2017年の圓徳院

東山花灯路2017・圓徳院

花灯路の頃は梅が咲いています。写経、座禅の体験ができます。(無料)

大谷祖廟

現時点で公式な確認はとれていません。確認でき次第追記します。

ライトアップがあります。

東山花灯路東山花灯路

2017年の大谷祖廟

東山花灯路2017・大谷祖廟

東山花灯路2017・大谷祖廟東山花灯路2017・大谷祖廟

 

大雲院(祇園閣)

大雲閣

現時点で公式な確認はとれていません。確認でき次第追記します。

ライトアップがあります。

 祇園閣は普段から非公開です。以前、京の夏の旅で公開された時、登ってきましたが、大阪城がみえました。撮影は禁止でした(たしか)。境内には石川五右衛門のお墓があります。金閣・銀閣と並び銅閣と称されます。

八坂神社

Yasaka shrine at night夜の八坂神社

夜の八坂神社/Yasaka shrine at night

 普段から24時間参拝可能です。ライトアップではありませんが、いつも灯りがついています。

 期間中、境内に灯篭が灯されます。昼間は重要文化財の本殿の特別拝観があります。

 上のビデオは祇園祭の時期に撮影したものですが、夜の八坂神社の雰囲気を掴みたい方はご覧になってみてください。

 尚、恋愛運に強い神社なのでデートコースの中に組み込んでおくといいでしょう。詳細についてはこちらからどうぞ。

八坂神社一般については、こちらをどうぞ。

電話番号 075-561-6155

八坂神社公式ホームページ

知恩院

知恩院のライトアップ

2018年夜間特別拝観・ライトアップがあります。

夜間特別拝観 18時〜21時(受付終了)21時半まで。

拝観料 友禅苑他 大人500円、小中生300円

電話番号 075-541-5142

知恩院公式ホームページ

2017年の知恩院

東山花灯路・知恩院

 ここは友禅苑という庭園です。宮崎友禅斎という友禅の祖の生誕300年を記念して作られた池泉回遊式庭園です。

東山花灯路・知恩院

 これは友禅苑内にある高村光雲作の聖観音菩薩立像です。

聖観音菩薩立像

 これは宝佛殿です。中には阿弥陀如来像と四天王像が安置されています。内部の写真撮影はできません。ここでお坊さんのお話が聞けます。

青蓮院

2018年夜間特別拝観・ライトアップがあります。

夜間特別拝観 18時〜21時30分(受付終了)22時まで。

拝観料 大人800円 小中高生400円

電話番号 075-561-2345

公式ホームページ

お茶席があったら是非一服頂くことをお勧めします。お菓子とてもおいしうござゐます。

2017年の青蓮院

東山花灯路・青蓮院東山花灯路・青蓮院

 青蓮院のライトアップで一番のみどころである宸殿前の庭園です。宸殿とは門跡寺院で主要な法要を行う建物のことです。門跡寺院とは皇族や公家が住職を務める寺院のことです。宇多天皇が出家した仁和寺が始まりです。

 青蓮院のライトアップは明るさが変化するのが特徴です。暗くなったり、明るくなったりします。

東山花灯路・青蓮院

ここは龍心池といいます。お茶席から眺めるのがおすすめです。お一人様500円。美味しいお菓子が付きます。

東山花灯路・青蓮院東山花灯路・青蓮院

現在梅が咲いています。

東山花灯路・青蓮院東山花灯路・青蓮院

青蓮院のライトアップに来たら、外せないのが竹林です。この竹林は規模は大きくありませんが、物凄く綺麗です。

スポンサーリンク

東山花灯路 2018 狐の嫁入り巡行

狐の嫁入り狐の嫁入り・2017

 狐の嫁入りとは、怪火(かいか)が連なっている状態を指します。昔は嫁入り時には花嫁が提灯行列で迎えられたところ、怪火の不思議さが相まって、狐が嫁入りしていると考えられたことからこう呼ばれます。

 例年、東山花灯路では人力車に乗った狐の花嫁が知恩院三門前を出発し→円山公園→春光院→高台寺と進みます。下に記載した地図の紫の線に沿って進んでいきます。2018年もおそらくこのルートになるかと思います。この人力車は実際に結婚式で使われるもので、幌の色や細かいパーツが一般の人力車とは異なります。

 東山花灯路のなかでも、人気のイベントですので、かなり混雑します。後述しますおすすめコースでご紹介しますが、円山公園音楽堂の付近がすいている上、幻想的な雰囲気です。

 実際のルートを確認してみましょう。以下の時間はおおよその目安です。ルートは昨年のものを参考にしています。いずれも変更される可能性がありますので、必ず公式サイトで確認してください。

19:00/20:00 知恩院三門前出発

狐の嫁入り・2017

 赤い足あとマークが知恩院三門前です。赤い宇宙人マークはおすすめ観覧スポットの意味です。狐の嫁入り巡行はここから出発します。出発時の様子をご覧になりたい方はこちらでどうぞ。ただし混雑しています。この後、狐の嫁入り巡行は円山公園に入りますが、通路が狭い上に人が沢山いるので混んでいます。

19:20/20:20頃 円山公園音楽堂付近

狐の嫁入り・2017狐の嫁入り・2017

 青い足あとマーク、ここが一番のおすすめです。人も少なく、薄明かりの幻想的な雰囲気の中で狐の嫁入り巡行を鑑賞できます。青い宇宙人マークの角の辺りが街灯の明かりがあり、写真が撮りやすいと思います。ここを過ぎると、周辺に高台寺、圓徳院があることから再び混み始めます。

19:30/20:00頃 春光院前

狐の嫁入り・2017

 オレンジの足跡マークのところのお寺の門の前で、狐の嫁入り巡行はいったん停止します。オレンジの宇宙人マークのところは丁度トイレがある場所で、高台になっています。ここからは道が混んでいてもよく見えます。紫の宇宙人マークの場所も高台(公園)になっていて見下ろすことが出来ます。

19:40/20:40頃 高台寺到着

狐の嫁入り・2017

 緑の足跡・宇宙人マークの場所です。ピンク色の線の通りにすすんで先回りするとよいでしょう。

取り急ぎ、ビデオを作りましたので、ご覧ください。後日、ロングバージョンを作成します。

狐の嫁入り・2017狐の嫁入り・2017高台寺天満宮

この後、狐の花嫁は高台寺天満宮にお詣りし、高台寺の中へと消えてゆきます。

狐の嫁入り・2017

19:40/20:40~ 湖月茶屋

 ここまで着て頂いたら外せないのが、あおいやかんマーク、湖月茶屋さんです。特におすすめなのが甘酒です。お酒ではありません。米麹から作った飲み物です。疲労回復に良いと昨今人気ですね。ヤギ調査部によると、京都市内でも3本の指に入るそうです。

スポンサーリンク

東山花燈路 2018 おすすめデートコース1

以下は昨年の日程に基づき作成されています。今年変更があった場合は追記します。

 今回は綺麗な夕暮れと狐の嫁入り巡行を見ながら、効率よく回れるように、おすすめコースを設定してみます。

午後4時30~午後5時30分 清水寺

 上の地図をご覧いただきますと、花灯路は南北に亘って開催されます。南下するか、北上するかが一般的なルートです。

 まず、今一度、花灯路の開催時間を確認してみましょう。開催時間は午後6時から午後9時30分までです。

 本おすすめルートは清水寺から北上し青蓮院を目指します。

夕暮れの清水寺清水寺の工事の様子
 まず、夕暮れの清水寺から出発します。

工事前の様子はこちらからどうぞ。雪景色、桜、紅葉、ライトアップなど、四季の様子を撮影してあります。

夕暮れの清水寺清水寺の夕暮れ
 そこで、まずは夕暮れの清水寺を拝観して頂きます。時間を計算してみましょう。花灯路開催時の日没時間は午後6時頃です。日没少し前、午後5時40分あたりから日没まで二寧坂から八坂の塔を眺めると綺麗ですので、これを目標に逆算します。清水寺三門から二寧坂までは約10~15分程度です。とすれば、清水寺を出発するのは午後5時30分頃です。清水寺は入ってから出るまでの所要時間は約1時間ですので、遅くとも、午後4時30分には入場しておきましょう。

午後5時30分~午後5時45分頃 清水寺から二寧坂へ

 混雑を考慮して、所要時間は15分見ておきます。時間帯の如何に関わらず、この界隈は清水寺方面から坂を降りていく方が断然きれいです。ここまでは地図上の青い線に沿って進んでください。

午後5時45分~午後6時 二寧坂付近

夕暮れの八坂の塔

 日没間近の八坂の塔を鑑賞します。カメラを持った人がいっぱいいることと思います。ヤギ撮影隊はこの付近をよく徘徊していますが、日没頃が一番綺麗です。

午後6時~午後7時 自由行動 高台寺へ

 この後、いったん自由行動とします。午後7時に円山公園音楽堂付近に集合してください。狐の嫁入り巡行を迎え撃ちます。二寧坂~円山公園音楽堂付近の名所の所要時間を示します。混雑具合を考慮してください。午後7時の狐の嫁入り巡行を逃すと、次の巡行は1時間後になります。(注 狐の嫁入り巡行時間は昨年のものを参考にしています。

圓徳院 1時間程度

高台寺 1時間程度

石塀小路 約30分程度 

午後7時 円山公園音楽堂付近 解散

 狐の嫁入り巡行は午後7時に知恩院三門前を出発します。円山公園音楽堂付近は街灯が少なく、幻想的な雰囲気のなか、巡行を見ることが出来ます。この後、巡行は7時40分頃に高台寺に到着します。ご覧になりたい方は、このまま後をついていき、先回りして高台寺で待っていると良いでしょう。
 本おすすめルートはここまで。狐の嫁入り巡行を見た後はご自由に行動なさって下さい。八坂神社でお参りして恋愛運をアップさせてから、知恩院の三門を見て、青蓮院に行くのがおすすめです。

スポンサーリンク

東山花燈路 2018 おすすめデートコース2

 東山花灯路は夕方からですので、ここでは、昼間行くのにおすすめな場所をご紹介します。現在、京都市内は梅の季節を迎えていますので、おすすめの場所を何か所かご紹介します。尚、詳細な時間設定はいたしません。

北野天満宮の梅苑

北野天満宮の梅北野天満宮の梅北野天満宮の梅 思いのまま

 梅といえば真っ先に思い浮かぶのが天神さんの梅かと思います。3月4日現在、開花が例年より遅れています。東山花灯路が開始される3月9日頃、梅苑が恐らく満開で見頃に入ると予想されます。花灯路が終わる18日頃には御土居の梅が満開になっていることと思います。うまく行けば、三枚目の写真の梅が見られるかもしれません。北野天満宮の梅についてはこちらからどうぞ。

北野天満宮梅苑北野天満宮おもいのまま

3月11日現在、梅苑はほぼ満開です。おもいのままはまだ6分咲程度です。

 花灯路に行くには、北野天満宮前バス停から203系統に乗り、祇園バス停で下車するとよいでしょう。

東寺の河津桜

東寺の河津桜東寺御影堂の河津桜

 市内で一番早く咲く桜です。

2018京都河津桜2018京都河津桜

今年は開花が遅れ気味で、3月4日現在、一条戻橋で二輪だけ咲いていたのが確認できました。例年、東寺のものとほぼ一緒に咲きますので、花灯路期間中にみることが出来るかと思います。花灯路に行くには、JR京都駅からいくのと同じルートを利用してください。

一条戻橋・晴明神社

晴明神社の狛犬

 先ほど申し上げました、一条戻橋は清明神社の近くですので、参拝しつつ、河津桜を楽しみながら、花灯路に合流するのもよいでしょう。

河津桜2017・一条戻橋

 一条戻橋の河津桜はご覧のようにとてもきれいですが、普通の橋の袂に咲いているので、周囲には何もありません。花灯路へ行くには、12系統に乗り祇園バス停で下車してください。

スポンサーリンク

東山の街並

二年坂三年坂

 東山(ここでは清水寺や高台寺の周辺の意味)は昔の街並みが残っているところです。そこで、今回は東山の街並について考えてみたいと思います。

 東山に限らず、京都というところはご存じの通り、町家などから成る古い町並が沢山残っています。

 殊に東山には、昔からある民家、寺社などの建造物が残っています。また、お気付きの方も多いと思いますが、この周辺は電柱もなく、いつもの見慣れた景色とは違った感覚を覚えます。

清水坂

 この界隈を歩いていると、どこからともなく、お出汁の香りが漂ってきます。最近ではそんなお店や家も少なくなったのからかもしれません、長い間忘れていた場所に戻ったような感触を覚えます。そこはかとなく、「なつかしい」感じがするんですね。

八坂の塔

 花灯路が開催されるのは3月初旬。時間は日没前、まだ冬の寒さが残りますが、夕雲は微かに暖かみを帯び、過行く季節の記憶と新たな季節の期待が交錯します。いままでとは違う何かが始まる、そんな予感を覚えます。同時に、過去に想像した未来と現在は同じなのか、そんな考えが頭の中をよぎります。同じかもしれないし、違うかもしれません。わかっているのは、今、帰る場所があるということです。

東山花灯路

 誰かの元へ帰りたくなる、平生の東山にはそんな夕暮れがあります。花灯路の開催前に普段の東山を訪れた上で花灯路にお越しいただければ、また違った楽しみが待っているかもしれません。

 

 

 

トップへ戻る