おすすめ/RECOMMENDED

三大祭、紅葉、名所などを厳選して記事とビデオでご紹介!
Recommended articles and videos, BAAH!

あ、ポチッとな/CLICK HERE!

祇園祭2022総合ガイド:山鉾巡行はコロナで中止、粽・宵山・鉾立・日程

スポンサーリンク

祇園祭の神輿(三基)

概説

1150年の歴史の中で、何度か中座しましたが、神輿渡御は祇園祭の本質をなします。以下のリンクをご参照ください。

祇園祭の意味と疫病:祭・御霊会の意義と平安時代から令和までの歴史
祇園祭の歴史につき概観します。原型たる祇園御霊会と祭の意義、並びに平安時代から令和までの八坂神社と祇園祭の主要な変遷を完全網羅。
祇園祭2021年:神輿と神輿渡御の解説
祇園祭の本質は神輿渡御にあります。本投稿では、祇園祭の本質と神輿渡御、三基の神輿の解説、神輿を見ることができる機会、御旅所など関連施設などを詳細にご紹介します。

中御座

祇園祭 2016 神輿渡御

素戔嗚尊の御霊をお乗せします。三若神輿会(さんわかしんよかい)が担ぎます。久世駒形稚児に先導され進みます。神泉苑まで巡行するのは中御座のみです。

東御座

東御座

櫛稲田姫命の御霊をお乗せします。四若神輿会(しわかしんよかい)が担ぎます。東若御座という子供神輿があります。

西御座

西御座

八柱御子神の御霊をお乗せします。錦神輿会(にしきしんよかい)が担ぎます。錦天満宮にも参拝します。

スポンサーリンク

山鉾紹介 授与品と御朱印

以下、各山鉾を簡単な解説と写真でご紹介しますとともに、合わせて授与品と御朱印をご紹介します。授与品の画像は2019年のものと差し替えましたが、御朱印の画像は2018年のものです。

やぎももさん
やぎももさん

昨年は綾傘鉾、山伏山、大船鉾で御朱印がかわりましたどすえ。

函谷鉾の粽

授与品の中でも一番の人気が粽(ちまき)です。粽といっても、端午の節句に頂く食べる粽ではなく、写真にある、厄除けのお守りです(ただし、黒主山では食べる粽も授与しています)。折角ですので、祇園祭とこの粽の関係についてご紹介しましょう。

疫神社夏越祭の茅輪

粽の原型はこれです。これは後述いたします、疫神社の夏越祭(これを以て一か月間続いた祇園祭が終わります。)で頂ける茅(ちがや)で作った輪(茅の輪)です。この茅の輪が粽の原型と言われています。

疫神社とは八坂神社の摂社で、西楼門をくぐった先にあります。ここに祀られているのが蘇民将来という神様です。かつて八坂神社の御祭神の素戔嗚尊が一夜の宿を求めた時、裕福な巨旦将来という人は断りましたが、弟の蘇民将来という人は貧しいながらも素戔嗚尊をもてなしました。素戔嗚尊はお礼に、蘇民将来の子孫を疫病から守るので、目印に茅の輪をつけるようにいいました。

函谷鉾の粽

今一度、粽を見てみましょう。「函谷鉾」の右側に、「蘇民将来之子孫也」と書いてありますね。

鯉山の茅の輪守り鯉山の茅の輪守り

茅の輪の形の授与品もあります。これは鯉山の茅の輪のお守りです。鯉の絵馬の裏側には「蘇民将来之子孫也」と書いてあります。

茅の輪はどこの山鉾でも人気です。昔は鉾の上からなげていましたが、現在では授与品としていただけたり(1,000円前後)、山鉾の拝観券とセットになっています。早いところでは鉾建てと同時に授与して頂けます。昨年は函谷鉾が一番はやかったと記憶しています。一番の人気は長刀鉾のものです。早めに入手しておかないとなくなります。他にも保昌山の縁結び粽もすぐなくなります。前・後祭とも、なるべく早い期日・時間にお求めになった方が良いでしょう。

ちまき

尚、これが端午の節句にいただくちまきです。他の地域では頂かないところもあるようですので、記載します。中身はおたんごです。すこし甘味があり、つつんでいる笹の葉の残り香りとともにいただきます。ちなみに写真のテーブルセンターは後祭の時に購入したものです。

追記:2018年は食べられる粽が月鉾と岩戸山などでも購入可能でした。

尚、前祭の授与品・御朱印等で効率的に各会所を回られたい場合、以下のリンクをご参照ください。

祇園祭前祭宵山:2021はコロナでも限定開催・交通規制・アクセス・みどころ・屋台対策など
2021年、祇園祭の前祭の宵山は限定開催されます。例年を踏まえ、交通規制の中、効率的に各山鉾を回る方法、宵山のみどころと楽しみ方、屋台対策などを網羅してご紹介します。来年以降にお役立てください。

長刀鉾のみどころと解説 授与品と御朱印

鉾先に長刀を付けているのでこう呼ばれます。古来より、「くじとらず」として、巡行の先陣を切ります。生稚児が乗るのは長刀鉾だけです。

「長刀鉾」の名前の由来

三条宗近像

「長刀鉾」名前は鉾頭という真木(しんぎ。屋根の上の木のこと)の上の部分についている大長刀に由来しています。この長刀は元来、三条宗近が娘の病気平癒のために鍛えた奉納したものがつけられていました。三条宗近は平安時代の刀工(上の写真です。この像は長刀鉾の後ろ側の軒下にあります。)で、三日月という刀は「天下五剣(簡単にもうしますと、日本の名刀五振)」の一つに数えられていいます。

長刀鉾の天王人形

長刀鉾の長刀の下にはこの和泉小次郎の像があります。この像は天王像とよばれます。遠すぎて、私のレンズでは撮影できませんが(いちおう撮ってあるので載せてみます。)、船を自在に操る人だったので、左肩に船を担ぎ、右手で長刀を持っています。

長刀鉾の長刀

さて、この宗近作の長刀ですが、大永2年(1522年)に三条長吉(さんじょうながよし)作のものと取り替え,さらに延宝3年(1675年)には上の写真の和泉守来金道(いずみらいきんみち)作のものに替えられ、さらに天保8年(1837年)には重くて危ないので、錫箔を張った竹製のものに交換されました。

この長刀ですが、御所と八坂神社に刃を向けないように、南側を向いています。

長刀鉾レプリカ

長刀のレプリカの授与品もありました。確か1500円。

たけちよ
たけちよ

2019はありませんでした。

長刀鉾は「くじとらず」

山鉾巡行の順番は一部の例外を除き、くじできめられます。長刀鉾はこの例外(長刀鉾を含め全部で9基)の一つで、「くじとらず」と呼ばれ、毎年山鉾巡行の先陣を切ります。

斎竹斎竹

山鉾巡行時には、四条通を挟んで麩屋町通に斎竹が立てられます。この斎竹に注連縄が張られ、結界が作られます。

長刀鉾の生稚児がこの注連縄を落とし、神域に進んでいきます。これは山鉾の巡行路を祓清めるために行われます。現在生稚児が乗っているのは長刀鉾だけです。両脇にいる顔を白く塗った子供さんは「禿(かむろ)」と呼ばれます。

その他、詳細は以下のリンクをご参照ください。

【祇園祭2021】山鉾解説 長刀鉾の由来やみどころ
最新情報 たけちよ 令和三年/2021年の祇園祭の開催は目下未定です。 長刀鉾(なぎなたぼこ)のみどころ 「長刀鉾」の名前の由来 「長刀鉾」名前は鉾頭という真木(しんぎ。屋根の上の木のこ...
長刀鉾の位置

長刀鉾の授与品と御朱印

長刀鉾授与品2019令和元年長刀鉾御朱印

ご利益は厄除け・疫病除けです。写真は2016年のものです。一番の人気は粽です。恐らく、市内の軒先で一番多く目にする粽です。他の授与品も含め、早々と売り切れていまいますので、入用の方はお早めに。



この記事が気に入ったら
いいね!してね。
Follow me, BAAH!
Don't miss the latest article from Kyoto.
おすすめ記事祇園祭
スポンサーリンク
フォローしてね/ Follow me, BAAH!
ヤギの京都観光案内/KYOTO GOAT BLOG
トップへ戻る